【ポケモンサンムーン】スタンパ(スタンダードパーティ)の基本構築とおすすめのパーティ構成

ポケモンサンムーンの対戦における「スタンパ(スタンダードパーティ)」の基本構築と考えに関する記事です。スタンパとは名前の通り、対戦に勝つための基本構築になります。ポケモン対戦でうまくパーティを組めない方は、参考にしてみてください。

ポケモンサンムーンの対戦における「スタンパ(スタンダードパーティ)」の基本構築と考えに関する記事です。スタンパとは名前の通り、対戦に勝つための基本構築になります。ポケモン対戦でうまくパーティを組めない方は、参考にしてみてください。

スタンパ(スタンダードパーティ)の基本構築を理解しよう!

スタンパの基本構築

スタンパ(スタンダードパーティ)とは、ポケモン対戦における基本のパーティの組み方です。この項目では、スタンパを自分で組みたいときの前提知識を記載します。

また、後述する内容はどんなパーティにおいても必要な内容なので、パーティに不備があると感じたときは、確認しに来てください。

この記事は、私がこの(シングルレート2000到達パーティの紹介と解説)に掲載しているパーティを作ったときの考えを例として掲載しています。

基本選出の3体「軸」を選ぼう!

カプ・テテフカプ・テテフ ギャラドスギャラドス マンムーマンムー

スタンパでは、メインの3体を基本選出として用意します。例えば、私の場合は、メインの3体としてよく使うポケモンが「カプ・テテフ」「ギャラドス」「マンムー」です。

テテフギャラマンムーの並びは、シングルレートにおける高使用率のポケモンに対して、突然不利対面になることがあまり無い並びです。

このように、基本選出になる3体を「軸」と呼びます。軸になる3体を選んだら、あとはこの軸がうまく回るようにサポートするサブの3体を選びましょう。

軸を作るときの注意

特定のタイプの技の一貫性を排除する

ポケモン対戦におけるパーティ構築の基本ですが、特定のタイプの一貫性を排除することが大切です。

例えば、「じめん」タイプの攻撃に対して相性の良い「ひこう」「くさ」「むし」タイプのポケモンがパーティにいない場合、こだわりハチマキ持ちのガブリアスによる「じしん」の連打でパーティが崩壊する場合が有ります。

このように、特定のタイプの攻撃によるパーティの崩壊を防ぐために、タイプの一貫性を排除することを忘れないようにしてください。

おすすめのパーティ軸

テテフ・マンムー・ギャラ

僕がよく使うパーティ軸です。マンムーとギャラドスの相性補完が非常によく、これらのポケモンが止まる物理受けに対してテテフが強気に出て、相手のパーティを崩壊させることができます。

コケコ・マンダ・ガルド

ボーマンダとギルガルドの相性補完が優れていて、ガルドを起点として舞うギャラドスに対してスカーフコケコで分からせる軸。

サザン・ガルド・マリルリ

第6世代で最も美しい相性補完。フェアリーの蔓延、カプコケコの流行により衰退したが、並びはとても美しい。

ポリ2・カグヤ・ガブ

受け主体の軸。テッカグヤの苦手な炎と電気をガブリアスで補完し、積んできそうなポケモンをポリ2で受けます。

軸を支える3体を選ぼう!

軸を支える3体を選ぶときの考え方として

  • 補完
  • 選出縛り
  • 害悪対策

上記の3つの概念を覚えておいてください。

補完

補完とは、パーティの「軸」が苦手とするポケモンに対して強いポケモンの事を指します。上記のパーティを例とした場合、テテフ・ギャラ・マンムーの全てが不利~微不利になる「カプ・ブルル」に対する補完として「ボーマンダ」を入れるイメージ。このように、具体的な仮想敵を意識したポケモンをピンポイントで差し込むのが補完です。

選出縛り

選出縛りとは、相手が「このポケモン出したく無いな...ッ」と思うような威圧をかけたり、「絶対こいつ出すべ〜」と思わせるようなポケモンをセットして相手の選出をコントロールする事を指します。

例えば上記のパーティに加えて「ボーマンダ」を入れておく事で、相手は絶対に「テッカグヤ」や「ポリゴン2」を選出します。そうすると、選出を読みきった私たちは、テッカグヤを起点にギャラドスで「みがわり→りゅうまい」をしたり、ポリゴン2を起点にカプテテフの高火力で相手に圧力をかけることもを前提とした立ち回りが可能です。

また、マンムーがパーティにいることで、相手はガブリアスやボーマンダのような氷4倍のドラゴンを選出することにビビります。

このように、相手をビビらせたり釣り上げたりすることで、選出をコントロールするのが選出縛りです。

害悪対策

害悪対策とは、オニゴーリのムラっけを利用して悪いことをしようとしたり、ピクシーが小さくなってきたり、いわゆる害悪と呼ばれるものに対する対策です。

害悪対策を切るか切ら無いかというのは個人の自由ですが、サンムーンではTODが無くなったので、シングルレート2000を超えたい場合は、できれば害悪対策は切ら無い方がいいと思います。

スタンパを組んでみよう!

以上がスタンパの組み方です。多分、6体で相性補完をしている方は多いと思いますが、基本的にはなるべくは軸の3体で高範囲のポケモンを抑えて、残りの3体で足り無い部分を補完するっていうイメージを掴むと、かなり戦いやすくなるんじゃないかなと思います。

あとは実際に組んで戦ってみてください!あれこれ考えるのも楽しいけど、実際に戦ってみるのが一番早いので!

それではまた。

トップへ戻る