ポケモンサンムーン攻略記事

【ポケモンサンムーン】オニゴーリ軸積みサイクルパーティの紹介と解説【シーズン1レート2000】

ポケモンサンムーンのシングルレートシーズン1で2000に到達したパーティです。オニゴーリを軸に考えた積みサイクルパーティとなります。この構築を使って140戦ほどでレート2000に載せることができました。

ポケモンサンムーンのシングルレートシーズン1で2000に到達したパーティです。オニゴーリを軸に考えた積みサイクルパーティとなります。この構築を使って140戦ほどでレート2000に載せることができました。

(注:この記事では努力値をHABCDSと表記します。→HABCDSとは

スポンサードリンク

シングルレート2000 パーティ紹介

シャルフの画像
ガブリアスガブリアス カプ・コケコカプ・コケコ オニゴーリオニゴーリ
スターミースターミー ギャラドスギャラドス ポリゴンZポリゴンZ

ガブリアス(電気玉)

ガブリアスの画像

ガブリアスの育成論まとめ!

性格 ようき
とくせい さめはだ
もちもの でんきだま
努力値 H44 D212 S252
実数値 189-150-115-*-132-169
じしん
がんせきふうじ
なげつける
すなかけ

解説

シングルレート2000到達パーティの1体目は、電気玉持ちガブリアスです。基本は先発に出して電気玉投げつけるや岩石封じで相手の素早さを下げて、オニゴーリやスターミーの起点作りをします。

起点作りがメインの役割なため、ガブリアスだけで倒せる相手も岩石封じや砂かけを連打して、相手がガブリアスを倒してくれるのを待ちます。

努力値は、C4振りフェローチェのれいとうビームを高乱数1発耐え(81.2%)、控えめカプ・テテフのムーンフォースを高乱数1発耐え(87.5%)が実現できるようにDに厚く努力値を振っています。

ガブリアスの役割対象

  • 電気玉投げつけるや岩石封じによる素早さ下げ
  • ドラゴンや氷タイプを呼んでオニゴーリを動かしやすくする
  • 選出時にカプ・コケコを多少牽制する

カプ・コケコ(光の粘土)

カプ・コケコの画像

カプ・コケコの育成論まとめ!

性格 おくびょう
とくせい エレキメイカー
もちもの ひかりのねんど
努力値 B4 C252 S252
実数値 145-*-106-147-95-200
マジカルシャイン
ちょうはつ
リフレクター
ひかりのかべ

解説

シングルレート2000到達パーティの2体目は、壁張りカプ・コケコです。リフレクターや光の壁を張って後続のポケモンが積み技を使いやすいようにサポートします。

攻撃技の枠は、対面したガブリアスやマンムーのタスキを潰せるようにマジカルシャインを採用しました。10まんボルトが欲しい場面がいくつかありましたが、マジカルシャインで拾えた試合がそれ以上にあったので、この判断は正解でした。

壁張り要因ということで、基本は壁張りからしますが、積み技持ちのポケモン相手には挑発を優先して使っていきます。

カプ・コケコの役割

  • 壁による後続サポート
  • エレキフィールドによるポリゴンZの火力アップ
  • タスキ潰し
  • 補助技封じ

オニゴーリ(食べ残し)

オニゴーリの画像

オニゴーリの育成論まとめ!

性格 おくびょう
とくせい ムラっけ
もちもの たべのこし
努力値 H172 B36 C4 D44 S252
実数値 177-*-105-101-106-145
フリーズドライ
ぜったいれいど
みがわり
まもる

解説

シングルレート2000到達パーティの3体目は、ムラっけオニゴーリです。この積みサイクル構築の主軸になるエースポケモンです。オニゴーリより素早さが遅いポケモンに対してみがまもでターンを稼ぎ、ムラっけによる能力上昇を狙います。

身代わりと守る以外の技は、フリーズドライと絶対零度を採用しています。基本型だと、絶対零度の枠は地震となりますが、ポリゴン2とテッカグヤの処理速度向上のため、絶対零度を採用しています。

ただ、地震が欲しい場面も何回かあったため、絶対零度の枠は地震との選択で良いと思います。

努力値は、H16n+1と特性ダウンロード対策で防御より特防を高くなるように調整しています。

オニゴーリの役割

  • ムラっけの能力上昇からの全抜きエース
  • 絶対零度による耐久型潰し
  • 選出誘導
  • 相手のポケモンのPP削り

オニゴーリが縛られるポケモン

ハッサム/メタグロス/ルカリオ/ガルーラ/パルシェン/アシレーヌ/滅びゲンガー

スターミー(光の粉)

スターミーの画像

スターミーの育成論まとめ!

性格 おくびょう
とくせい しぜんかいふく
もちもの ひかりのこな
努力値 H252 B4 S252
実数値 167-*-106-120-105-183
ねっとう
ちいさくなる
みがわり
じこさいせい

解説

シングルレート2000到達パーティの4体目は、小さくなるスターミーです。オニゴーリ対策で出てくるメガメタグロス、ルカリオ、アシレーヌを起点にしていきます。リフレクターがある状態ならハッサムも起点にできます。

攻撃技が熱湯しかなく、火力が足りない事が多いので、回復技持ちのポケモンに対しては回復技のPPを切らして突破を狙います。そのため、必ず全ての技のPPは最大値まで増やしましょう。

スターミーの役割

  • オニゴーリが苦手な鋼タイプやアシレーヌを起点に小さくなるを積んで全抜きを狙う
  • 熱湯で相手の物理型ポケモンを火傷状態にして機能停止を狙う

スターミーが縛られるポケモン

ガルーラ/パルシェン/滅びゲンガー

ギャラドス(メガ石)

ギャラドスの画像

ギャラドスの育成論まとめ!

性格 ようき
とくせい いかく
もちもの ギャラドスナイト
努力値 H4 A252 S252
実数値 171-177-99-*-120-146
たきのぼり
じしん
こおりのキバ
りゅうのまい

解説

シングルレート2000到達パーティの5体目は、基本型の竜舞ギャラドスです。スターミーと同様で、オニゴーリが強烈に呼ぶバレットパンチ持ちのポケモンを起点にしてきます。サイクルを回して威嚇を撒いたり、相手に大きな負担をかけることができるので、使い勝手はかなり良かったです。

努力値は、基本壁下で使うことを想定しているため、耐久調整をせずにギャラドスミラーに強くなれるようにAS252振りにしています。

ただ、カプ・コケコとポリゴンZが強烈にギャラドスを牽制するため、ギャラドスを出されることがほとんどなく、耐久に少し努力値を回しても良いかと思います。

ギャラドスの役割

  • オニゴーリが苦手な鋼タイプを起点に竜の舞を積んで全抜きを狙う
  • いかく撒きによる後続サポート
  • 雨パに対する牽制

ギャラドスが縛られるポケモン

ポリゴン2/バルジーナ/ヤドラン/カプ・レヒレ/パルシェン/マッシブーン

ポリゴンZ(ノーマルZ)

ポリゴンZの画像

ポリゴンZの育成論まとめ!

性格 おくびょう
とくせい てきおうりょく
もちもの ノーマルZ
努力値 H4 C252 S252
実数値 161-*-90-187-95-156
10まんボルト
れいとうビーム
あくのはどう
テクスチャー

解説

シングルレート2000到達パーティの6体目は、ノーマルZ持ちポリゴンZです。Zテクスチャーによる全能力上昇と10まんボルトをタイプ一致にして、特性てきおうりょくによる威力アップも狙える点が強力です。

耐久はあまりないため、基本カプ・コケコの壁サポートから出していきます。エレキフィールド下の10まんボルトでHDメガハッサムを75%の高乱数で倒せる程の火力を出せるので、エレキフィールドの発動ターンを大事にして立ち回りましょう。

攻撃技で悪の波動の枠にシャドーボールを採用している人も多いですが、怯みのおかげで勝てた試合が何回かあったので、悪の波動の採用がおすすめです。

ポリゴンZの役割

  • Zテクスチャーで全能力を上げて全抜きを狙う
  • オニゴーリが誘うハッサムやカプ・コケコを倒す

ポリゴンZが縛られるポケモン

マンムー/ルカリオ/ハピナス

パーティの選出と解説

基本選出(ガブ+オニゴーリ+スターミー)

一番多い選出は、ガブ+オニゴーリ+スターミーです。先発でガブリアスを出して相手のポケモンの素早さを下げ、オニゴーリで全抜きを狙います。オニゴーリが倒されてしまっても、裏のスターミーで小さくなるを積んで全抜きを狙います。

ガブリアスで上手く起点作りができれば、よほど運が悪くなければまず負けません。そのため、ガブリアスの行動は慎重に選びましょう。

ハッサム+カプ・コケコ入りPTのとき(コケコ+ギャラ+ポリZ)

オニゴーリ+スターミーではつらいハッサム+カプ・コケコに対して強く立ち回れる選出です。先発でカプ・コケコを出し、壁張りや挑発で後続サポートをします。カプ・コケコが倒れたら先にポリゴンZを出して全抜きを狙います。

もし、タスキガブリアスやマンムーでポリゴンZが止められてしまったら、今度はギャラドスを出して竜の舞の起点にし、残りのポケモンを一掃していきます。

あとがき

以上がシングルレートのシーズン1で2000に到達したパーティです。シーズン1のレート環境ではオニゴーリが非常に刺さっており、勝率7割をキープしてレート1900まで上げることができました。

レート1900以降はPT全体で刺さっている滅びゲンガーをよく見かけるようになり、勝率は6割弱になってしまいました。ただ、立ち回りを磨けば滅びゲンガー入りパーティ相手にも勝てる構築なので、レート1900以降でも勝率7割は狙えると思います。

1戦が長くなりがちな構築ですが、読み合いをなるべく少なくしたいという方はぜひこの構築を参考にしてみてください。

構築記事募集のお知らせ

また、ゲームエイトではシングルレート2000/ダブルレート1800到達構築を募集しています。基本的に内容はそのままで、最後に著者のTwitterとブログへのリンクを貼らせていただきます。掲載希望の方は弊社Twitterアカウント(@pokemon_oras)までご連絡頂ければ幸いです。

レート2000到達のスタンパーティ一覧

スポンサードリンク

コメント

2 タカ@Game8約3ヶ月前

>>1 ご指摘ありがとうございました! 修正させていただきましたm(_ _)m

1 名無しさん約3ヶ月前

スターミーの持ち物間違ってますよー

書き込みする(2件)
    間違いの指摘・意見を編集部に送る
    間違いの指摘・意見を送る
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「オニゴーリ軸積みサイクルパーティの紹介と解説【シーズン1レート2000】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ゲームライター募集

    掲示板

    お役立ち

    新機能

    レアなポケモン

    厳選

    基本情報

    育成

    進化の方法

    便利な人の場所

    日替わりイベント

    対戦

    便利なアイテム

    攻略チャート

    メレメレ島

    アーカラ島

    ウラウラ島

    ポニ島

    ポケモンリーグ

    クリア後

    アローラ地方のマップ

    ポケモン図鑑

    QRコード

    ランキング

    サンムーンでの変更点

    超初心者向け対戦知識

    対戦(バトル)

    ランキング

    データベース

    権利表記

    ©2016 Pokemon.
    ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

    新着コメント

    トップへ戻る