Image

ポケモンORAS攻略記事

【ポケモンORAS】真皇杯【第2回】関西地区予選1 三位<むくれねこ>構築

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアのシングルバトル頂点を決定する「ポケットモンスターシングルバトル 非公式全国大会 第2回真皇杯」の関西地区地域予選の3位入賞者の構築を掲載しています。

このページでは、非公式で行われるポケモンオメガルビー・ポケモンアルファサファイアのシングルバトル全国大会の本戦に勝ち進むことのできた方による、使用パーティの構築を紹介しています。
実際に勝ち上がることのことのできた方々による構築を寄稿して頂いています。

▼その他、地域代表のパーティ構築は記事末尾へ

画像

真皇杯【第2回】関西1予選3位構築の目次

はじめに

はじめまして、むくれねこです。真皇杯関西予選1に参加し、3位になりました。今までオフラインの大会で、ここまでの成績を残せたことがなかったのでとても嬉しいです。当日は運に助けられた所もありますが、パーティとしては納得のいくものを組むことができたと思います。それではパーティ紹介に移ります。

真皇杯 関西地区予選3位者の使用パーティ

6体のパーティポケモン
ガルーラ ガブリアス 化身ボルトロス
ギルガルド バシャーモ マリルリ

パーティのコンセプト・概要

シングルレートでS13のときの「剣舞対面構築」の使用感が良かったので、それをベースにしてより使いやすくすることを意識しました。

個々の対面性能の高さに加え、バシャーモの〔かそく〕「バトンタッチ」のギミックを取り入れ、流行の構築(ガルーラ・ガブリアス・化身ボルトロス・ゲンガー・バシャーモ・スイクンの対面構築や、ガルーラ・クレセリアが入った構築)に対してイージーウィンを狙っています。基本的に、ガルーラを中心にした対面選出と、バシャーモを中心にしたギミック選出のふたつを主な勝ちパターンとしています。

個別解説|使用ポケモンの性格・努力値

ガルーラ

性格:いじっぱり
持ち物:ガルーラナイト
努力値:185(36)-158(228)-131(244)-x-100-110
技構成:ふいうち グロウパンチ ひみつのちから ほのおのパンチ
役割/採用理由:
パーティ内で唯一のメガシンカポケモンで、エースとして採用しました。このガルーラに限りませんが、パーティのポケモン全員がバシャーモの「バトンタッチ」先になることを想定しています。

上位詳細

こうげきとぼうぎょに大きく努力値を割いているため、鉢巻ガブリアスなどに怯えることなく、初手に出しやすくなっています。対面性能を高めるために、ガブリアスを高い乱数で倒せる「ひみつのちから」+「ふいうち」、物理受けで止まらないように「グロウパンチ」、ナットレイやクチートへの打点として「ほのおのパンチ」を採用しました。

タイプ一致技に「ひみつのちから」を採用していることで、よく後投げされる「ゴツゴツメット」を持った物理受けに、接触ダメージで削られることを避けています。「グロウパンチ」を積むことで、自身で全抜きすることも、相手の物理受けを処理して後続のガブリアスやギルガルド、バシャーモを一貫させることもできるようになるので、隙があれば積極的に打っていきたいです。持ち物はメガシンカするための「ガルーラナイト」を持たせています。

ガブリアス

性格:ようき
持ち物:ヤチェのみ
努力値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
技構成:ステルスロック つるぎのまい げきりん じしん
役割/採用理由:
メガシンカ枠ではない物理エースとして採用しました。パーティ内で必要な、でんきタイプ無効枠でもあります。

上位詳細

メインウェポンとしてタイプ一致技の「げきりん」、「じしん」、耐久ポケモンを突破するための積み技として「つるぎのまい」、他のアタッカーを通すためのダメージソースとして、隙があれば打てるように「ステルスロック」を採用しました。エースとして動かすためにもこうげきとすばやさに振り切っています。

「ステルスロック」の代わりに「がんせきふうじ」が採用されていることが多く、実際に、「じしん」が当たらない相手に対して「げきりん」を打たなければならないというデメリットはありました。しかし、「ステルスロック」で相手が疲弊したところにガルーラやギルガルドを通して勝った試合も多かったので、採用した価値は十分にあったと思います。持ち物はボルトロスの「めざめるパワーこおり」やクレセリアの「れいとうビーム」に対しての保険として「ヤチェのみ」を持たせています。

化身ボルトロス

性格:おくびょう
持ち物:オボンのみ
努力値:172(140)-x-92(16)-158(100)-100-179(252)
技構成:10まんボルト ちょうはつ わるだくみ めざめるパワーこおり
役割/採用理由:
パーティで唯一の特殊アタッカーであり、タイプ上では唯一のじめんタイプ無効枠(後述のマリルリが『ふうせん』を持っているため)です。バシャーモ、ギルガルドがじめんタイプを弱点としているので、選出画面で一貫を作らないためにも必要なポケモンでした。

上位詳細

メインウェポンとしてタイプ一致技の「10まんボルト」、サブウェポンとしてでんきタイプの技を無効化するじめんタイプに通る「めざめるパワーこおり」、耐久ポケモンを突破するための積み技として「わるだくみ」、相手のステルスロックやトリックルームなどの展開を防ぎ、クレッフィなどの対策にもなる「ちょうはつ」を採用しています。

「ちょうはつ」の代わりに「でんじは」が採用されることも多いですが、パーティ内に先制技が多く、またバシャーモの〔かそく〕「バトンタッチ」もあるため、すばやさを無理に補う必要はないと考えて「ちょうはつ」を優先しています。

HPとぼうぎょに厚くする配分も検討しましたが、すばやさが高いことによって、他のポケモンで削った相手に対して先制して倒す動きができたので、最速でよかったと思っています。持ち物は場持ちをよくすることや、ファイアローやボーマンダへの後出しを考えて「オボンのみ」を持たせ、配分もある程度の耐久を確保したものになっています。

ギルガルド

性格:いじっぱり
持ち物:じゃくてんほけん
努力値:159(188)-110(236)-170-x-170-91(84)
技構成:キングシールド つるぎのまい かげうち アイアンヘッド
役割/採用理由:
はがね・ゴーストのタイプが優秀で、補完として使いやすかったので採用しました。全体的にフェアリータイプが重い構築なので、相手のフェアリータイプに強いポケモンとして重要な役割を果たしていたと思います。

上位詳細

崩し性能を持たせたかったので、積み技である「つるぎのまい」を主体にした物理型にすることを決め、メインウェポンとしてタイプ一致技の「アイアンヘッド」と先制技でもある「かげうち」、ブレードフォルムで相手の攻撃を受けることを避けるために「キングシールド」を採用しました。

一般的に「キングシールド」は物理型ではスペースの関係で採用されにくいことから、相手に想定されにくく、相手のこうげきを2段階下げる追加効果の発生機会も多く、とても便利な技でした。持ち物は、弱点を突かれても一撃では倒れにくい耐久の高さを活かせる「じゃくてんほけん」を持たせています。それに合わせて、配分もある程度のすばやさ(〔かそく〕2回でジャローダが抜ける)を確保して、残りをHPとこうげきに振っています。

バシャーモ

性格:いじっぱり
持ち物:ラムのみ
努力値:155-189(252)-90-x-91(4)-132(252)
技構成:はたきおとす まもる バトンタッチ とびひざげり
役割/採用理由:
どちらかというとサポート的な役割で採用しました。「はたきおとす」によって、相手の「ゴツゴツメット」をなくして、後続のガルーラなどの物理アタッカーを通しやすくしたり、〔かそく〕「バトンタッチ」ですばやさの上昇を引き継いだりするのが主な役割になっています。「まもる」は特性のかそくを発動させるために、「とびひさげり」はタイプ一致技でメインウェポンとして採用しています。

上位詳細

「まもる」は様子見に使えたり、安定行動として便利な技ですが、それに合わせて相手が「つるぎのまい」や「みがわり」などを使ってくるとかなり厳しくなるので、扱いに気をつけなければいけません。すばやさに性格補正をかけることで〔かそく〕1回でメガゲンガーを抜けるようになるので、そちらでの採用も検討しています。持ち物は相手のボルトロスなどの「でんじは」によって機能停止することを防ぐために「ラムのみ」を持たせています。

マリルリ

性格:いじっぱり
持ち物:ふうせん
努力値:175-112(252)-100-x-101(4)-102(252)
技構成:アクアジェット まもる はらだいこ じゃれつく
役割/採用理由:
相手のガブリアスが重かったので、起点にして全抜きを狙うエースとして採用しました。主にバシャーモとガブリアスが対面した時の「バトンタッチ」先になることを想定しています。メインウェポンとしてタイプ一致技の「じゃれつく」、先制技でもある「アクアジェット」、相手のガルーラの「ねこだまし」を防ぐことや、トリックルームのターン稼ぎなどに使える「まもる」、一度積めば全抜きが狙える「はらだいこ」を採用しました。

上位詳細

持ち物は前述したガブリアスを起点にする役割のために、じめんタイプの技を無効化する「ふうせん」を持たせています。バトン先としてだけでなく、対面選出に組み込んでじめんタイプの技の一貫を切る役割も持っていました。

「オボンのみ」を持つことが出来ないため、耐久調整が難しく、すばやさも微妙なため、割り切ってこうげきとすばやさに振り切ってあります。これによって〔かそく〕1回で準速メガガルーラ、〔かそく〕2回で最速ファイアローなどを抜けるようになっています。相手のマリルリにもほぼ確実に先制できるので、「はらだいこ」を積まれた後のストッパーにもなることが出来ます。

おわりに

ここまで読んでくださった方はありがとうございました。はじめに書いた通り、自分にとって出来過ぎた結果を残すことが出来ました。しかし、ここで満足することなく、真皇杯本戦ではより上を目指して頑張りたいと思います。このパーティの解説は自身のブログの記事にも書いているので、よければそちらの方にも目を通していただけると嬉しいです。

寄稿者のTwitterリンク

むさん

対戦動画

準備中

入賞者のその他のパーティ構築

予選大会地域 順位
九州 優勝 準優勝
たぺ とよつ
3位 4位
カラメル KOH
中国・四国 優勝 準優勝
ひかる りょうた
3位 4位
セイ のらいぬ
関西1 優勝 準優勝
リンポケ ワジ
3位 4位
むくれねこ まかうす
関西2 優勝 準優勝
でんそん あきなし
3位 4位
おれんじぽけ 黛ぽけ
北海道 優勝 準優勝
Tom くまおつ
3位 4位
あなや なのすぴ
東海 優勝 準優勝
ソルト フィヨルド
3位 4位
キー汰 ジェット
東北 優勝 準優勝
サントス カトゥー
3位 4位
ヨードホルム ほろあまい
北陸 優勝 準優勝
天利優 シータ
3位 4位
レオ オレンジ
ラスチャレ 総合優勝 池上(第2)
@コ シノ
池上(第3) 足立(第1)
ぶえな トロロ
足立(第2) 足立(第3)
ろみんぐ かっちん
関東 優勝 準優勝
みあ バーナビー
3位 4位
とーあ めいとるん
真皇杯 本戦 優勝 準優勝
かみやん ゆきEX
3位 4位
とーあ とよつ

関連リンク

真皇杯紹介動画

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    間違いの指摘・意見を編集部に送る
    間違いの指摘・意見を送る
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「真皇杯【第2回】関西地区予選1 三位<むくれねこ>構築」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ランキング

    トップへ戻る