ポケモンORAS攻略記事

【ポケモンORAS】真皇杯【第2回】九州予選優勝<たぺ>構築

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアのシングルバトル頂点を決定する「ポケットモンスターシングルバトル 非公式全国大会 第2回真皇杯」の九州地域予選の優勝者の構築を掲載しています。

このページでは、非公式で行われるポケモンオメガルビー・ポケモンアルファサファイアのシングルバトル全国大会の本戦に勝ち進むことのできた方による、使用パーティの構築を紹介しています。
実際に勝ち上がることのことのできた方々による構築を寄稿して頂いています。

▼その他、地域代表のパーティ構築は記事末尾へ

画像

真皇杯【第2回】東海予選3位構築の目次

はじめに

初めまして。第二回真皇杯九州予選で優勝することができました、たぺと言います。私は長崎県に在住しているのですが、九州予選での代表となれてとても嬉しく思います。

久々の大規模の対戦オフで緊張しましたが、予選グループを5-1で通過。苦しい試合ばかりでしたが、決勝トーナメントも勝ち進むことができ、今までの自分では考えきれない順位となりました。

いつもは雑なPT紹介やオフレポばかり書いていたので、初めてちゃんとしたものを残してみたいと思います。九州予選の申請が始まって一か月ほどでの本番でしたが、自分なりに納得のいくPTができたと思います。拙い文章ではありますが、お目を通していただけると幸いです。

真皇杯 九州予選優勝者の使用パーティ

6体のパーティポケモン
ゲンガー マンムー スイクン
バシャーモ ボルトロス ギルガルド

スポンサードリンク

パーティのコンセプト・概要

まず僕はPTを作るのが苦手です。普段の対戦オフやレートでも使いたいポケモンをまず一匹決め、そこからメガ進化枠、相性補完枠を決めていくやり方をいつも行っていて「この並びが強い」は特に意識したことがないです。

今回の九州予選では、珠マンムーを使いたいという思いからすべてが始まりました。以前から珠マンムーは使用しており、常々その突破力に魅力を感じていました。もう一度このポケモンを使って勝ちたいと思い、PTを作ることにしました。

珠マンムーが軸というのは非常に脆い。そこで、マンムーが抜群取られてしまう先制技に強い図太いボルトロス、低速アタッカーのPP切れを狙うみがわりまもるスイクンまでがすんなり決定。無理やり1-1交換することも可能な、ゲンガーがPTに入ってきました。ここからしばらくレートでいろいろなポケモンを使い、使用感を確かめながら足りないものを補足していく形を取りました。

おにびで止まらない物理アタッカーが欲しいと思い、メガバシャーモが決まりました。そして最後に、竜とフェアリーに強めなギルガルドが最後の枠に入ってきました。

基本コンセプト

基本コンセプトは珠マンムーで詰ませるです。一貫を取るというわけではなく、珠マンムーで仕事をさせるイメージで僕は使っていました。PTで重いと思ったポケモンがいる場合はゲンガーで1-1交換を仕掛けていき、残りの2体で勝負してました。マンムーが選出できない場合は、だいたいメガ進化ポケモンのどちらかが刺さる試合が多かったので、非常にイメージがしやすかったです。

個別解説|使用ポケモンの性格・努力値

ゲンガー

性格:臆病
特性:ふゆう→かげふみ
持ち物:ゲンガナイト
能力値:135-x-100-222-116-200
努力値:0-0-0-252-4-252
技構成:シャドーボール ヘドロばくだん きあいだま みちづれ
役割/採用理由:
非常に便利な1-1交換ポケモン。1-1交換しない場合でも仕事ができるようにCS振り。メガ進化は偉大。

上記詳細

●技構成
シャドーボール:状態異常を積極的に狙うPTじゃないのでたたりめよりこちらを選択。
ヘドロばくだん:便利な毒打点。
きあいだま:サザンドラやヒードランにワンチャン狙うための技。
みちづれ:無理な相手を落とすための技 積極的には打たない。

●持ち物
メガストーンは忘れずに。

●努力値配分
ゲンガーの良さを生かすために最速。道連れをしないときに活躍できるようにC振り。努力値案を考えているときに、この型で耐えてまでやりたいことが見つからなかったのと、みちづれ選択したときに早く落ちやすさを考慮してぶっぱするのが安定だと思いました。

マンムー

性格:意地っ張り
特性:あついしぼう
持ち物:いのちのたま
能力値:185-200-101-x-80-132
努力値:0-252-4-0-0-252
技構成:じしん つららばり はたきおとす こおりのつぶて
役割/採用理由:
僕が好きなポケモンの一匹であり、マンムー一匹で相手のPTを崩すことも可能な強さを持っていると思い今回主役としました。

上記詳細

●技構成
じしん:外す理由がないマンムーのメインウエポン。
つららばり:身代わりを破壊しながら殴れるため氷柱針を採用。
はたきおとす:積極的に交換読みをするときに打つ技。バシャーモが出せなかった時に、ポリ2をなんとかできそうになる。
こおりのつぶて:先制技。この技のおかげで、相手を詰ませていくことができました。

●持ち物
いのちのたまで火力を上げます。
もともと耐久面がそれほど優れているというわけでもなく、耐久に振らない分短命でも十分な仕事ができます。

●努力値配分
AS振り。

スイクン

性格:図太い
特性:プレッシャー
持ち物:たべのこし
能力値:204-x-167-103-135-124(非理想個体)
努力値:228-0-134-0-0-148
技構成:ねっとう めいそう みがわり まもる
役割/採用理由:
ゲンガーマンムーと相性のいい耐久水タイプ。それと同時に、受けループや高耐久ポケモンを見るための枠。突破の難しいと思う耐久ポケモンに対して、相手のPP切れを狙うこともできるので非常に頼りになるポケモンでした。低速特殊アタッカーならみがわりまもるでPPを減らしつつ、めいそうで後ろのポケモンも無理やり見ることができるようになるのが合っていたと思います。状態異常に弱いので、後投げしにくいのが難点でした。

上記詳細

●技構成
ねっとう:よく燃える水。
めいそう:相手の特殊技を起点にできるために採用。
みがわり:耐久ポケモンが打ってくる状態異常技を、すかしてめいそうで起点に。
まもる:たべのこしで回復したり、相手のPP切れを狙ったり壁ターン消費したりと便利な技でした。

●持ち物
寿命を延ばすたべのこしで確定させました。

●努力値配分
ラッキーなどのちきゅうなげで、みがわりが壊されないためにH228振り。意地っ張りキノガッサ抜き抜き残りBという感じです。

バシャーモ

性格:意地っ張り
特性:もうか→かそく
持ち物:バシャーモナイト
能力値:161-189-91-x-92-125
努力値:44-252-4-0-12-196
技構成:とびひざげり フレアドライブ まもる はたきおとす
役割/採用理由:
マンムースイクンが苦手な草タイプに強く、おにびが効かない物理アタッカーとして採用。相手のガルーラに対して、牽制もできるところも強かったです。

上記詳細

●技構成
とびひざげり:当たる膝は強い。
フレアドライブ:メインウエポン。
まもる:初速を補う技であったりターン稼ぎの技。 
はたきおとす:有利対面時で交換が読める場合に打つ技。メイン技のどちらも入らない相手に対してもたまに。

●持ち物
メガストーンは忘れずに。

●努力値配分
16n+1、ダウンロード対策にB<D、攻撃に振り切り、残りをSに回しています。有利対面で相手を突破した際に、S1段階上昇した状態になっているので素早さはあまり気になりませんでした。

ボルトロス

性格:図太い
特性:いたずらごころ
持ち物:ゴツゴツメット
能力値:181-x-133-146-101-135
努力値:224-0-248-4-4-28(非理想個体)
技構成:ボルトチェンジ めざめるパワー(氷) でんじは ちょうはつ
役割/採用理由:
PT単位で重いファイアローを見るための駒だったり、相手の展開を阻止するためのポケモン。バシャーモやマンムーからの引き先であり、飛んでくる飛行技、格闘技は接触技が多いため、ゴツゴツメットでダメージが稼げると思い採用しました。このPT唯一の状態異常を撒くポケモンでもあり、ゲンガーやバシャーモのメガ進化ターンの素早さを補うこともできたりと、仕事が非常に多かったです。

上記詳細

●技構成
ボルトチェンジ:後攻ボルトチェンジだったり、きあいのたすき潰しとして使えたりと便利な技。
めざめるパワー(氷):4倍弱点相手に打つ技。主にガブリアスやボーマンダ意識。
でんじは:麻痺は最強のバグ。
ちょうはつ:ボルトロスを起点にしてくる相手に対しての技。 

●持ち物
クッションであり、さらに負荷をかけられるゴツゴツメットを選択。格闘技や飛行技が厳しいPTなので、物理ポケモンに圧力となるようにしていたところ一番しっくりとマッチしました。

●努力値配分
HB調整し、S調整させ残りCDに振っています。

ギルガルド

性格:意地っ張り
特性:バトルスイッチ
持ち物:ラムのみ
能力値:167-112-170-x-171-79
努力値:252-252-0-0-4-0
技構成:アイアンヘッド かげうち シャドークロー つるぎのまい
役割/採用理由:
ここまでで重いサーナイトやニンフィアに厚くするために、最後に入ってきた個体。積む機会を増やしたかったので、ラムのみを持たせて保険としています。無補正無振りギルガルド抜かれ調整。後攻でギルガルドに攻撃し、自分の受けるダメージをできるだけ低くして相手を突破。ギルガルドより足の遅いポケモンに、Sが負けないようにしていました。しかし、この調整が生きたことがないので、わざわざ下げなくてもいいと思います。

上記詳細

●技構成
アイアンヘッド:フェアリーなどへの打点。
かげうち:物理ギルガルドには必要な技。
シャドークロー:水タイプや電気タイプに対する遂行技。
つるぎのまい:ギルガルドの性能を上げるために採用。

●持ち物
キノガッサをはじめとする状態異常撒きや、ねっとうによる火傷など不慮の事故に対する保険としての持ち物。威張るに対しても、アドバンテージを取ることができる。

●努力値配分
HA振りで残りD。

選出・立ち回り

●基本選出
基本選出としてはマンムースイクン+メガ枠。初手からメガ進化ポケモンを選出することも多く、最後にマンムーで詰められるように意識して戦っていました。

選出する上でどうしても対処できないポケモンがいる場合は、メガゲンガーで無理やり1-1交換をしていき常に有利な状況になるように気を付けていました。

初手のゲンガーガルーラ対面などはふいうちで縛られていることや一撃でガルーラを落とすのが難しいので、みちづれにより2体2の状況を作るようにしていました。そのため、どの相手をみちづれで倒すかというのが重要になってきます。そこは、気合いでカバーしてください。

メガ進化ポケモンは、技の一貫があり厳しいポケモンがいる場合にはゲンガー、上から殴って負担をかけられそうな場合はバシャーモというように選択していました。
 
僕は基本選出と言ってますが、実際はマンムースイクン+メガ枠という選出は少なかったと思います。またファイアローが出てくることが考えられる場合や、接触物理技が多そうであればボルトロス、フェアリータイプが見られる場合は、ギルガルドを選出するように心がけていました。

おわりに

以上で、僕の真皇杯九州予選使用PTの紹介を終わらせていただきます。この大きな対戦オフでこのような結果が出せたのは、多くの人に相談に乗ってもらいアドバイスを受け、自分の納得のいくものになるまで何度も話を聞いてくれた友人がいてくれたからこそのものだと思います。3月20日には本戦があります。そこでも自分らしさを忘れずに、楽しいポケモンバトルができればいいなと思います。本戦でも応援よろしくお願いします!

寄稿者のTwitterリンク

対戦動画

入賞者のその他のパーティ構築

予選大会地域 順位
九州 優勝 準優勝
たぺ とよつ
3位 4位
カラメル KOH
中国・四国 優勝 準優勝
ひかる りょうた
3位 4位
セイ のらいぬ
関西1 優勝 準優勝
リンポケ ワジ
3位 4位
むくれねこ まかうす
関西2 優勝 準優勝
でんそん あきなし
3位 4位
おれんじぽけ 黛ぽけ
北海道 優勝 準優勝
Tom くまおつ
3位 4位
あなや なのすぴ
東海 優勝 準優勝
ソルト フィヨルド
3位 4位
キー汰 ジェット
東北 優勝 準優勝
サントス カトゥー
3位 4位
ヨードホルム ほろあまい
北陸 優勝 準優勝
天利優 シータ
3位 4位
レオ オレンジ
ラスチャレ 総合優勝 池上(第2)
@コ シノ
池上(第3) 足立(第1)
ぶえな トロロ
足立(第2) 足立(第3)
ろみんぐ かっちん
関東 優勝 準優勝
みあ バーナビー
3位 4位
とーあ めいとるん
真皇杯 本戦 優勝 準優勝
かみやん ゆきEX
3位 4位
とーあ とよつ

関連リンク

真皇杯紹介動画

スポンサードリンク
    間違いの指摘・意見を編集部に送る
    間違いの指摘・意見を送る
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「真皇杯【第2回】九州予選優勝<たぺ>構築」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ORASストーリー攻略チャート

    初〜中心者向けコラム

    はじめのポケモンは何にした?

    データベース

    よく見られている項目

    とくべつなポケモンの入手方法

    お役立ちトピック

    ポケモンの用語

    新メガシンカポケモン一覧

    ジムリーダー

    四天王

    権利表記

    ©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
    ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

    ランキング

    トップへ戻る