ポケモンORAS攻略記事

【ポケモンORAS】真皇杯【第2回】東海予選優勝<ソルト>構築

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアのシングルバトル頂点を決定する「ポケットモンスターシングルバトル 非公式全国大会 第2回真皇杯」の東海地域予選の優勝者の構築を掲載しています。

このページでは、非公式で行われるポケモンオメガルビー・ポケモンアルファサファイアのシングルバトル全国大会の本戦に勝ち進むことのできた方による、使用パーティの構築を紹介しています。
実際に勝ち上がることのことのできた方々による構築を寄稿して頂いています。

▼その他、地域代表のパーティ構築は記事末尾へ

画像

真皇杯【第2回】東海予選優勝構築の目次

はじめに

先日開催された真皇杯東海予選でなんとか優勝することができたソルトです。
スタッフの皆さんにはこのような素晴らしい大会を主催していただいて感謝しています。スタッフの皆さん、並びに参加者の皆さん、ありがとうございました。
僕は、予選Dブロックで7-2、直接対決の結果により2位抜けでした。決勝トーナメントは、シードではなかったため、地下一回戦から開始し、最終的に全5試合を行いました。その試合の中には相手のプレミ(プレイミス)により勝った試合もあったため、優勝できたのはひとえに運がよかったからとしかいえないです。
では今回使用した構築の紹介をします。

真皇杯 東海予選優勝者の使用パーティ

6体のパーティポケモン
ガルーラ ガブリアス クレセリア
ヒードラン ヘラクロス 化身ボルトロス

スポンサードリンク

パーティのコンセプト・概要

~ガルモンガブモン~クレセドランを添えて~

今回使用した構築は、最強との呼び声も高いガルーラスタン。
もともとはクチートやヘラクロスを愛用していたのだがどうしても種族値が低く、高種族値のスタンパに押し負けやすいので、今回はこちらも高種族値で固めたガルーラスタンで行くことにした。今回のPTのコンセプトはガルーラで荒らし、ガブで全抜きをすることである。そのため、他もポケモンもガブで抜くことを意識して組んだ。

構築の流れとしてガルーラガブリアスはコンセプトなので確定、その2体では圧倒的に受けの要素が足りないため、HBクレセリアとHDファイアローを採用。今回のガルーラはピーキーな型であり、ナットレイがいるだけで止まってしまうので、選出できないときのことも考慮し2体目のメガ枠としてヘラクロスを採用。万能クッションとしての役割、ヘラクロスとの相性がよいといったわけでボルトロスを採用した。

最後にファイアローの枠は、相手のファイアローが重いこと、対ギルガルド、クチート性能に不安があることから、最終的はヒードランに変更した。採用順としてはガルーラ→ガブリアス→クレセリア→(ファイアロー)→ヘラクロス→ボルトロス→ヒードランとなっている。ファイアローをヒードランにした副産物としてクレセドラン、ヘラドランといったような強力な並びができ、選出の幅を増やすことができたので変更は当たっていたように思う。

個別解説|使用ポケモンの性格・努力値

ガルーラ

性格:いじっぱり
特性:きもったま→おやこあい
持ち物:ガルーラナイト
努力値:197(132)-192(236)-121(4)-x-122(12)-136(124) ※メガ後
技構成:ひみつのちから いわなだれ ふいうち みがわり
役割/採用理由:この構築の始まりの一体。単体性能を高めつつも、物理受けで止まらないようにした。麻痺+ひるみにより相手の物理受けを崩し、ガブリアスの一貫を作ることもできる。こいつの場合は物理受けが選出されても、されなくても仕事ができるのがすばらしかった。運は絡むがSが低いポケモンに対してかなりの確率で突破できるのが強かった。クレセリアと組んでぴょんぴょんするので猫捨身も候補にあがったが、相手のクレセリアが重くなるためこの技構成となっている。

上記詳細

●技構成
ひみつのちから
安定の非接触のメインウェポン。「いわなだれ」も含め非接触技であり、相手の後続を気にせずに打てるため強かった。ただバシャーモすら落とせないほど火力がないのが悩みどころ。今回のこのポケモンの役割ではこの技以外の選択肢はないと思う。
いわなだれ
あてれば51%の確率でひるませる最強の技。「ひみつのちから」と合わせて、後出しされた物理受けを突破するために必要となってくる。
ふいうち
削れた相手を落とす技であり、またこの構築の数少ない先制技の一つである。ここは最後まで「じしん」と「ふいうち」で迷っていた。「じしん」だとバンギラスやクチートにも役割が持てるが、この構築ではあまりにも先制技が不足しているため「ふいうち」の採用とした。実際Sにそこまで降っていないためこの技が役に立つ場面も多かった。
みがわり
最近のバシャーモは「バトンタッチ」や「おにび」をしてくるためクレセリアで受けたくなかったので、対面からバシャーモに勝つために採用した。「ひみつのちから」+「ふいうち」でメガバシャーモ以外は落とせる。メガバシャーモは落とせないが「ひみつのちから」を当てた時点で『ゴツゴツメット』や〔鮫肌〕で簡単に処理できるため問題はない。
●持ち物
『ガルーラナイト』一択。
●努力値配分
Hは「みがわり」がクレセリアの「サイコキネシス」を耐える、スイクンの「ねっとう」を最高乱数以外耐える
Aは「ひみつのちから」でスイクンが高乱数3発、「ひみつのちから」+「ふいうち」で無振りガブリアスが高乱数
B<Dでダウンロード対策
Sはメガ後に最速キノガッサ抜き。
テンプレのメガガルーラの調整そのままなのでもっと詳しい調整の意図も探せば出てくるだろう。

ガブリアス

性格:いじっぱり
特性:さめはだ
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)
技構成:げきりん じしん ストーンエッジ ねごと
役割/採用理由:ガルーラで荒らした後のエースとして採用。ほとんどのPTに対して選出し、最後のお掃除をしてもらった。こだわっているため相手の裏が見えていない場合はそれを読む必要はあるが、それさえ読めればどんなPTに対しても活躍できるスペックを持っている。このポケモンを中心に勝ち筋を探していくことが多かった。
選出率
予選8/9
決勝4/5

上記詳細

●技構成
げきりん
安定のメインウェポン。この技を一貫させることができればかなり勝ちを拾いやすくなる。
じしん
安定のメインウェポン2。「げきりん」とこの技は外せない。
ストーンエッジ
安定のサブウェポン。『こだわりスカーフ』だと「いわなだれ」の採用もなしではないが、抜群「いわなだれ」<等倍「げきりん」であること、化身ボルトロスへのダメージ量を考えてもこちらのほうが絶対にいい。
ねごと
申し訳程度の催眠対策。キノガッサが全然いなかったためいらなかった。普通に「ほのおのキバ」か「かえんほうしゃ」でよかった。
●持ち物
今回は安定感よりも抜き性能がほしかったため『気合のタスキ』ではなく『こだわりスカーフ』とした。
●努力値配分
ASぶっぱ。抜き性能を考えるとAもSも削れないため余計な調整はしなかった。陽気か意地っ張りかは迷ったが、陽気では火力不足であること、ガブリアスの持ち物で『気合のタスキ』が増加傾向にあると感じたため、意地っ張りで採用とした。実際に意地っ張りで困ったことはなかったので良かったと思う。

クレセリア

性格:ずぶとい
特性:ふゆう
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:227(252)-x-189(252)-94-151(4)-101 ※v-x-v-29-v-22or23
技構成:れいとうビーム つきのひかり でんじは みかづきのまい
役割/採用理由:自分がまったく信用していないポケモン。そのため厳選自体適当だったためこんな個体となっている。ただやはり数値受けは健在で、ある程度の物理特殊を両方受けられるのは強いと考え採用した。実際に選出したらある程度は活躍してくれたが、起点になりやすいのはなんともしがたいため選出は控えめであった。また最近のガルーラは「ひみつのちから」持ちが多いため、ガルーラの対処をこいつでなんとかしようと考えないようにも気を使った。
選出率
予選3/9
決勝3/5

上記詳細

●技構成
れいとうビーム
始めは「サイコキネシス」を採用していたが、ガルーラが氷技を持っていない事、この技がないとボーマンダ入りに対し、ボルトロスの選出を強制されてしまうことからこちらを採用した。
つきのひかり
最後まで採用には消極的だった技。起点回避能力を上げるために「トリックルーム」の採用を考えたがPPを増やしてしまったため消しにくかったのでこのまま採用した。実際にあまり役には立たなかったため要相談である。
でんじは
このポケモンを物理ポケに後出しした際に交感読み交換をしたくなかったため、安定択の一つとして採用した。
みかづきのまい
最強の起点回避技。また削れたポケモンの再生もできる。また再生前提でガルーラやヘラクロスを雑に扱っても平気なのが強い。
●持ち物
『ゴツゴツメット』。どっちが本体かわからない。物理にあと投げし、スリップダメージをかせぐ。
●努力値配分
HBぶっぱ。下手に調整しても何もかわらないのでぶっぱした。

ヒードラン

性格:おだやか
特性:もらいび
持ち物:たべのこし
努力値:193(212)-x-127(4)-160(76)-151(92)-113(124) ※v-x-v-v-v-v
技構成:ふんえん だいちのちから どくどく まもる
役割/採用理由:急遽ファイアローから変更したため、厳選に時間をとられすぎてあまり調整できなかった。Sを準速ギルガルド抜きまで振り、あとはいろいろブログを見ながら適当に振り分けた。相手の物理受けの選出抑制、フェアリー受け、ガルドやクチートからの引き先としての役割を担ってもらっていた。こちらのガルーラがクチートに弱い型であるのでクチート入りにはほとんど選出をしていた。ただクチートクレッフィ以外のフェアリーにはガルーラの「いわなだれ」で十分であると思っているので選出率はそこまで高くない。特にニンフィアに対しては瞑想ねむカゴの起点になってしまうことや「めざめるパワー地面」を打たれることが多いのでこいつを対策枠として選出することはなかった。
選出率
予選5/9
決勝1/5

上記詳細

●技構成
ふんえん
参考にしたブログでは「マグマストーム」であった。ただ命中不安技であること、役割対象にはわざわざ「マグマストーム」を打つ必要がないポケモンが多いことを考慮し、命中安定の「ふんえん」を採用とした。
だいちのちから
相手のヒードラン入りのサイクルに対して強くするために採用。実際にはヒードランがいなかったため打つ場面はなかったが、あって損はない技であると思う。
どくどく
相手の耐久ポケモンを崩す技。ただ実際にはガルーラで耐久ポケモンを崩しにいったのでいらなかった。また「マグマストーム」を採用していないので毒ダメージの蓄積も難しく、あまり打つ機会はなかった。対クチート性能を向上させるための「おにび」のほうが優先度は高かったかもしれない。
まもる
相手の無償降臨や積み技を許してしまうのであまり好きではない。しかし回復技を持たないため、HP管理が重要であると考え採用した。むやみやたらと打つのではなく、しっかりと使う場面を見極めれば有用な技である。申し訳程度の「追い風」や「トリックルーム」の対策でもある。
●持ち物
『食べ残し』。このポケモンの唯一の回復ソースであり生命線。変更するならいっそ『こだわり眼鏡』か『突撃チョッキ』でフルアタにしたほうが刺さりそう。
●努力値配分
H16n+1
S準速ギルガルド抜き
残りCDに

ヘラクロス

性格:ようき
特性:じしんかじょう→スキルリンク
持ち物:ヘラクロスナイト
努力値:155-237(252)-135-x-126(4)-139(252)
技構成:インファイト ミサイルばり ロックブラスト みがわり
役割/採用理由:相棒枠かつ見せポケ枠。こいつがいるだけで相手はクレセリアの選出をためらう。以上。
型としては刺さる相手には一方的に刺さるように「みがわり」入りの技構成となっている。選出されるときはナットレイやハッサム等ガルーラがどうあがいても無理で、かつヒードランが出しにくいときにのみ選出をした。わんぱく個体と最後まで悩んだが対キノガッサ性能を優先し、陽気にした。また最速にすることで相手の腕白以外のメガヘラクロスに対して有利がとれるのも大きい。
ボルトロスやクレセドランとも相性がよく選出段階での縛り性能はなかなかのものであったと思う。
選出率
予選2/9
決勝1/5

上記詳細

●技構成
インファイト
安定のメインウェポン。「じしん」とは選択だが今回のPTではギルガルドはそこまで重くないので、対ハッサムナットレイ性能を重視してこちらを採用した。
ミサイルばり
〔スキルリンク〕と合わせHBスイクンですら高乱数2発にする。陽気でこの火力である。
ロックブラスト
必須のサブウェポン。対面カイリューや交感読みファイアローに対して打っていく。AぶっぱならH191カイリューも高乱数で落とせる。
みがわり
〔自信過剰〕と合わせて突破力を挙げることが可能である。ただし東海予選では一度も発動しなかった悲しい特性である。「タネマシンガン」と選択ではあるが、最速の場合はみがわりのほうがいい。バシャーモ対面の安定択となったりロトムの「おにび」をかわしたりと刺さりやすい。しかしこの技もまた打つ機会はなかった。ボルトロスで「でんじは」→「みがわり」連打で麻痺→A+1みがわりヘラクロスの誕生を理想としていたが成功はしなかった。
●持ち物
スキルリンク前提の技構成となっているので『ヘラクロスナイト』一択。
●努力値配分
特に調整する意味を感じなかったのでASぶっぱ。

化身ボルトロス

性格:ずぶとい
特性:いたずらごころ
持ち物:オボンのみ
努力値:183(232)-x-132(240)-146(4)-101(4)-135(28) ※30-x-30-v-v-v (めざめるパワー氷個体)
技構成:ボルトチェンジ めざめるパワー氷 ちょうはつ でんじは
役割/採用理由:この構築で不足しがちなコントロール要素をもったポケモン。「ボルトチェンジ」からのコントロール性能はやはり魅力的だった。対面操作や削りをし、ガブリアス圏内に押し込める役割を担ってもらっていた。技構成が悩みどころであり、「やきつくす」や「くさむすび」、「きあいだま」がほしい場面が多かったので、そちらの採用でもよかった。それらの技がないためマンダマンムーに対して選出できないのがつらかった。
選出率
予選5/9
決勝2/5

上記詳細

●技構成
ボルトチェンジ
この型の中心となる技。対面操作をするために積極的に打っていった。
めざめるパワー(氷)
安定のサブウェポン。打つ機会は少なかったがこの技がないと選出しにくくなるので個人的には必須だと思う。
ちょうはつ
対害悪を考え採用した。ただ東海予選は至って平和であったため不要であった。
でんじは
あくまで打つのは最後だけである。HPがあるうちは「ボルトチェンジ」で対面操作を優先していく。
●持ち物
『オボンのみ』。サイクルを回すうえでHPの補助として採用。安定した立ち回りがしやすくなる。
●努力値配分
HBをできるだけ高くした。H183なのは『ゴツゴツメット』を持っていた時のなごり。
Sは最速キノガッサ抜き。
【選出・立ち回り】
●基本選出
ガルーラガブリアス@1 @1の枠にはクレセリアかボルトロスが入ることが多い。この選出をしたときには対面構築風に立ち回る。最終的にガブリアスの一貫が作れれば勝ちである。予選では5/9が、決勝トーナメントは3/5がこの選出であった。初手はほとんどがガルーラから入ることが多い。
ガルガブ選出では鋼タイプ全般、カバルドン、スカーフガブリアス、ガルーラミラー、メガヘラクロス等が重くなりがちなので、それに合わせて@1を決めていく。それでも対処不可能を感じた時にヘラクロス軸の選出をする。ヘラクロス軸も基本はヘラクロスガブリアス@1の形で選出する。@1はボルトロスかヒードランのことが多い。
 基本的にこの2軸をメインに選出を固めていくが、個々のポケモンがそれなりに戦えるPTなので刺さっているポケモンを適当に選出していくだけでもそれなりには戦えるので、割と柔軟に選出を考えていた。
●特定の戦術に対する対処法
 受けループはガルーラクレセで「いわなだれ」の運ゲーでサイクルを崩して突破、「みかづきのまい」も含めれば無理というほどではないと信じている。ただ構築として受けループは重いので当たりたくなかった。
バトン構築やゲンガナンス、ピクシーに対してはボルトロスが「ちょうはつ」を覚えているためボルトロスを中心としてヘラクロスやガルーラで圧力をかけて何とかする予定だった。

寄稿者のTwitterリンク

対戦動画

準備中

入賞者のその他のパーティ構築

予選大会地域 順位
九州 優勝 準優勝
たぺ とよつ
3位 4位
カラメル KOH
中国・四国 優勝 準優勝
ひかる りょうた
3位 4位
セイ のらいぬ
関西1 優勝 準優勝
リンポケ ワジ
3位 4位
むくれねこ まかうす
関西2 優勝 準優勝
でんそん あきなし
3位 4位
おれんじぽけ 黛ぽけ
北海道 優勝 準優勝
Tom くまおつ
3位 4位
あなや なのすぴ
東海 優勝 準優勝
ソルト フィヨルド
3位 4位
キー汰 ジェット
東北 優勝 準優勝
サントス カトゥー
3位 4位
ヨードホルム ほろあまい
北陸 優勝 準優勝
天利優 シータ
3位 4位
レオ オレンジ
ラスチャレ 総合優勝 池上(第2)
@コ シノ
池上(第3) 足立(第1)
ぶえな トロロ
足立(第2) 足立(第3)
ろみんぐ かっちん
関東 優勝 準優勝
みあ バーナビー
3位 4位
とーあ めいとるん
真皇杯 本戦 優勝 準優勝
かみやん ゆきEX
3位 4位
とーあ とよつ

関連リンク

真皇杯紹介動画

スポンサードリンク
    間違いの指摘・意見を編集部に送る
    間違いの指摘・意見を送る
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「真皇杯【第2回】東海予選優勝<ソルト>構築」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ORASストーリー攻略チャート

    初〜中心者向けコラム

    はじめのポケモンは何にした?

    データベース

    よく見られている項目

    とくべつなポケモンの入手方法

    お役立ちトピック

    ポケモンの用語

    新メガシンカポケモン一覧

    ジムリーダー

    四天王

    権利表記

    ©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
    ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

    ランキング

    トップへ戻る