【ファンキル】記憶の保存とは?

ファンキル(ファントム オブ キル)における、ユニット(キャラ)の記憶の保存について掲載しています。記憶の保存とはなにか?するための方法についてまとめていますので、育成の参考にしてください。

記憶の保存とは?

記憶の保存

記憶の保存とは現在のステータスを保存しておける機能です。記憶を保存しておくことで、育成した時にステータスの伸びが悪かったとしてもいつでも保存先のステータスに戻すことができます。

また、記憶の保存はLvMAXのユニットのみ使える機能で、5つまで保存可能です。

記憶の保存手順

1.育成からユニットを選択する

記憶の保存

ユニット育成からユニットの一覧が表示されたら、記憶の保存をしたいユニットのアイコンをタップして選択します。

ユニットをタップすると、画面上部に統合/進化/強化/転生のタブが表示されます。

2.「転生」を選択する

記憶の保存

ユニット育成メニューから進んで画面上部に統合/進化/強化/転生のタブが表示されたら、「転生」のタブを選択します。

姫転生を選択することで、転生か記憶の保存を選択できます。

3.「記憶の保存」を選択する

記憶の保存

記憶の保存ボタンを押すと保存する記憶のスロットが5つ出てきます。空いている場所に保存するか、いらなくなった記憶に上書きすることで現在のステータスを保存することができます。

記憶の保存によるメリット

妥協点を作れる

ある程度いいステータスになった時、もう少し伸びるのでは?と感じることがあります。そんな時にある程度いいステータスは保存しておき、もう少し転生してやり直して育成を続けることができます。それによりさらにいいステータスになったら記憶の保存は使わずに済みますし、悪くなれば記憶の保存で戻せばよいでしょう。

記憶の保存の注意点

進化すると消える

記憶に保存していたステータスは現在のレアリティのステータスなので、進化すると保存していたステータスは消えてしまいます。

クラスチェンジすると消える

記憶に保存していたステータスは現在のレアリティのステータスなので進化同様、クラスチェンジする時に保存していたステータスは消えてしまいます。

一回記憶へ転生すると消える

記憶に保存していたステータスに転生すると、保存していたステータスに戻ることができますが、記憶の保存からは消えてしまいます。そのため、記憶へ転生してまだ育成するかもしれないという場合はもう一度保存しておくとよいでしょう。

保存できる数が決まっている

記憶の保存は5つのスロットまでしか保存できません。この5つというのは全キル姫共通で使用する保存場所なので、空いているスロットが無ければ他のキル姫の記憶に上書きするしかないでしょう。

ファンキル関連記事

TOP (1).png▶︎ファンキル攻略WikiTOPページへ
りせ (4).png▶︎リセマラランキング さいきょ.png▶︎最強ランキング
ユニット (1).png▶︎ユニット一覧 イベント (1).png▶︎イベント速報!
お役立ち (2).png▶︎お役立ち情報一覧 掲示板3.png▶︎掲示板一覧

    攻略メニュー

    新着コメント

    • コラボレイドの報酬にある
      キズナアイコラボユニット型変更ってキズナアイ3種にしか使えないですよね??

    • 例えば合計で強化できる値が10、現在の力が76、力の上限が85としたら、力を81まで強化したい。85でも81でも進化引き継ぎ値は同じ。

    権利表記

    トップへ戻る