【覇道 任侠伝】椿&咲希(幽玄境地)の評価とステータス

覇道 任侠伝における、椿&咲希(幽玄境地)の評価とステータスをまとめています。椿&咲希(幽玄境地)の強い点や弱い点を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

同名侠客
椿&咲希の画像椿&咲希(幽玄境地) 椿&咲希の画像椿&咲希(美麗なる吸血鬼)
▼同名の侠客の詳細はこちら

椿&咲希(幽玄境地)の総合評価

椿&咲希椿&咲希 幽玄境地 総合評価点
8.5/10
ステータスUP -
アイコン 椿&咲希アイコン画像

▶︎最強侠客(キャラ)ランキングはこちら

総合評価

▼守りに特化したサポーター

椿&咲希(幽玄境地)は、ほとんどのスキルで体力回復と堅牢付与が可能です。パーティーに編成するだけで、味方の防御面を大幅に強化することができます。

▼敵にダメージを与えるのは不得意

椿&咲希(幽玄境地)は守備に関しては高い性能を誇りますが、対して敵にダメージを与えることは不得意な侠客です。攻撃系スキルは所持していますが、攻撃力があまり高くないため敵にダメージを与えて貢献することは難しいです。

適正評価

任侠街・イベント 修羅場・抗争 任侠喧嘩道場
8.5 9.5 9.0

椿&咲希(幽玄境地)は性能が全体的に守りに特化されています。敵にダメージを与えることは不得意ですが、味方全体の体力回復や堅牢付与、敵のスキルを封印して行動を制限するなど、身を守ることに関しては全侠客でもトップクラスです。

そのため椿&咲希(幽玄境地)は修羅場や抗争、喧嘩道場といった対人戦で守備の要として使用しましょう。

ライターの主観的な評価

ボルドーのアイコン弊社ライターO 【03/24追記】
ついに来ましたね〜神楽姉妹の双覇!並んで見るとやっぱり似て....いややっぱ似てないな。特にボディが。
咲希は椿の姪ということが判明。咲希がずっと椿姉さんて言ってるから姉妹だと思ってた...。嘘ついてすみません。

椿&咲希(幽玄境地)と同名の侠客

同名の侠客は別個体であるため、下記で紹介している侠客に変化や進化はしません。
関連侠客 詳細 評価点
椿&咲希の画像幽玄境地 最初に登場した椿&咲希です。リリース777日記念時に実装されました。 8.5
椿&咲希の画像美麗なる吸血鬼 2番目に登場した椿&咲希です。10月に実装されたハロウィン仕様の侠客となっています。 9.0

椿&咲希(幽玄境地)のステータス

MAX時の基本情報

椿&咲希 椿&咲希 幽玄境地 レア度 8
タイプ
属性

MAX時のステータス

体力 853926 闘志 19727 熟練度 0
攻撃力 23456 防御力 58999 素早さ 16536

椿&咲希(幽玄境地)のスキル情報

最終段階のスキルを掲載しております。

スキル1:封緘陣

スキル名 消費闘志 スキル効果
封緘陣 800 味方全体に素早さ上昇大を与え、更に敵ランダム2体に無属性ダメージと確率で技封印を与える。

スキル2:吟詠詩舞

スキル名 消費闘志 スキル効果
吟詠詩舞 0 自身の闘志を回復し、更に味方全体に体力回復と堅牢を与える。

スキル3:花天月地

スキル名 消費闘志 スキル効果
花天月地 2520 味方全体に体力回復と堅牢を与え、更に敵ランダム2体に無属性ダメージと確率で技封印を与える。

スキル4:幽玄境地

スキル名 消費闘志 スキル効果
幽玄境地 3240 戦闘不能の味方1体に起死回生を与え、更に味方全体に体力回復と堅牢を与える。

椿&咲希(幽玄境地)の極限昇華

極限昇華に使用できる素材

素材 獲得経験値
神楽の昇紋の画像神楽の昇紋 1

椿&咲希(幽玄境地)におすすめの侠客装備

おすすめの侠客装備

おすすめ装備 理由/解説
紫電肆式【暴】の画像紫電肆式【暴】 攻撃力を強化して、堅牢をより強力にしましょう。
双玉の小太刀の画像双玉の小太刀 椿&咲希の専用装備なので、所持していれば必ず装備させましょう。

覇道 任侠伝 関連記事

覇道侠客一覧の画像1.png侠客一覧 助太刀侠客一覧の画像助太刀侠客一覧
コラボ侠客一覧の画像1.pngコラボ侠客一覧 支援一覧の画像1.png支援侠客一覧

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「椿&咲希(幽玄境地)の評価とステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る