【モンハンダブルクロス(MHXX)】レンキンスタイルの特徴まとめ

【モンハン最新作!】
モンハンワールドの攻略wikiはこちら

【面白いゲームアプリが勢ぞろい!】
▼寝不足注意!おすすめ無料ゲームアプリ30選!

レンキンスタイルの画像

モンハンダブルクロス(MHXX)における、レンキンスタイル(錬金スタイル)の特徴と立ち回りをまとめています。レンキンスタイルの情報を知りたい方は参考にしてみてください。

レンキンスタイルの特徴

タルを使った”錬金”スタイル!

レンキンスタイルは「マカ錬金タル」というタルを振ってアイテムを錬金し、狩りを補助するスタイルです。レンキンスタイル中は、マカ錬金タルがアイテムに追加されるので、Yボタンでタルを振ってアイテムを錬金します。錬金したアイテムはアイテム欄に追加され、ハンター単体に、ハンター全体に使うことができます。

レンキンゲージが溜まると錬金可能!

レンキンゲージの画像

レンキンスタイルは「レンキンゲージ」を溜めることで、様々なアイテムを錬金することができます。ゲージは5段階まで溜めることが可能で、時間経過&モンスターに攻撃を当てることでゲージが貯まっていきます。

作ったアイテムをハンター仲間に渡せる

マカ錬金タルを使って生成した限定アイテムは、作った本人が使えるだけではなく、仲間のハンターに渡すこともできます。例えば、同じエリア内に居るハンター全体を回復できる「レンキン癒やしタル」を仲間ハンターに配れば、粉塵がなくなっても助け合うことができます。

錬金回数で生成出来るアイテムが変化!

レンキンスタイルは、錬金回数で錬金できるアイテムが異なります。マカ錬金タルを1回ふるごとに、錬金できる項目が2つずつ増えます。項目の中から錬金したいアイテムを決定すると、アイテムに応じたレンキンゲージを消費し、錬金アイテムを生成することができます。

レンキンスタイルの錬金アイテム詳細

錬金回数ごとの錬金アイテム一覧

錬金回数 錬金アイテム
1回 レンキンフード
(レンキン狩技研石)
(レンキン狩技弾)
(レンキン狩技ビン)
※装備中の武器によって変化
2回 レンキン活力剤
レンキン音波爆弾
3回 レンキン耳栓
レンキン速振薬
4回 レンキンフエール
レンキンバズーカ
5回 レンキン気合玉
レンキン癒やしタル

▼攻守ともにバランスよくサポート可能!?

レンキンアイテムについての詳細は不明ですが、アイテム名から想像する限りだと、攻守ともに役立つアイテムが錬金できそうですね!

【2016/12/20追記】
モンハンダブルクロスの公式HPにて、レンキンアイテムの詳細を動画で確認することができました!動画を見た筆者的には、ハンター4人中1人は必ず装備して欲しいスタイルだと感じました。レンキンスタイルは下記のリンクからも確認できるので、ぜひ参考にしてくださいね!

▼レンキンアイテムの詳細(1:08~)

レンキンスタイルのSP狩技詳細

SP狩技が3つ装備できる

ダブルクロスから追加される「SP狩技」は、レンキンスタイルのみ3つ装備することができます。

SP狩技が強化される

さらにレンキンスタイルなら、発動するSP状態を強化することができます。マカ錬金タルを振ることで発動できるSPが強化され、SP強化後にSP狩技を発動すると、強化されたぶんのSP狩技効果を付与することができます。

▼マカ錬金タルを振った際のSP状態変化

段階ごとのSP狩技 発動効果
1:SP状態Ⅱ スタミナ最大値減少速度ダウン
2:SP状態Ⅲ スタミナ最大値減少速度ダウン
+
体力が徐々に回復
3:SP状態Ⅳ スタミナ最大値減少速度ダウン
+
体力が徐々に回復
+
攻撃対象をひるませやすくなる

ダブルクロスの狩猟スタイル一覧

ブレイヴスタイル レンキンスタイル
ギルドスタイル ストライカースタイル
エリアルスタイル ブシドースタイル

このゲームをプレイしている人におすすめ

コメント

5 名無しさん1年以上前

助かりました。

4 名無しさん約2年前

サポート向けだね。仲間に一人いるだけで(主にガンナー)助かる。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「レンキンスタイルの特徴まとめ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    攻略メニュー 続き

    権利表記

    トップへ戻る