【ジャンプチ】蛭魔妖一(ヒルマ)の評価とステータス【ジャンプチヒーローズ】

★開催中イベントの攻略情報★

▼猗窩座(超究極)の攻略はこちら!
猗窩座(超究極)の攻略と適正キャラ
▼憎珀天(超究極)の攻略はこちら!
憎珀天(超究極)の攻略と適正キャラ
▼カイドウ(超究極)の攻略はこちら!
カイドウ(超究極)の攻略と適正キャラ
▼ルフィ太郎(超究極)の攻略はこちら!
ルフィ太郎(超究極)の攻略と適正キャラ

ジャンプチにおける、蛭魔妖一の評価とステータスを掲載しています。蛭魔妖一の必殺ワザや友情ワザなどのスキル情報もまとめているので、蛭魔妖一について知りたい方は、ぜひご利用ください。

蛭魔妖一の評価

蛭魔妖一画像蛭魔妖一
総合評価 7.0点
▶︎最強キャラランキング
メイン評価 6.0点
決闘評価 6.5点
サポート評価 9.0点

※10点満点でキャラの評価点数を表示しています。

※決闘の評価はメインと友情を混合した点数です。

最新版リセマラ当たりランキング

友情ワザがかなり優秀!

蛭間の友情ワザは、味方全体の攻撃力DOWNを解除&攻撃力をUPできる効果を持っています。攻撃力DOWNを付与してくるクエストで活躍できる効果です。火力の底上げも同時にできるため、蛭間を使うならサポート枠として使いましょう。

蛭魔妖一のおすすめの使い方

サポーターでの使い方

蛭間は、攻撃力DOWNを付与してくるクエストで活躍する事ができます。そのため、メイン4枠目のサポーターに編成して運用するのがおすすめです。

▼おすすめのメイン

おすすめキャラ
夕崎梨子の画像夕崎梨子 サー・クロコダイルの画像クロコダイル 極めし界王拳 孫悟空の画像界王拳 悟空(限定) バルトロメオの画像バルトロメオ

蛭魔妖一の基本情報

レア度
星4アイコン星4
属性
緑属性緑属性
タイプ
特殊タイプ特殊
登場作品 入手方法
アイシールド21画像アイシールド21 レアガチャレアガチャ

ステータス

HPHP
攻撃攻撃
回復回復
★5(Lv80) 4,786 1,070 1,108

必殺ワザ【デビルレーザー段】

スキルLv.1
(初期)
敵単体に攻撃力の240%ダメージを与え、2ターン、赤属性または緑属性の攻撃力を3%UP
スキルLv6
(無凸最大)
敵単体に攻撃力の254%ダメージを与え、2ターン、赤属性または緑属性の攻撃力を10%UP
スキルLv12
(完凸最大)
敵単体に攻撃力の266%ダメージを与え、2ターン、赤属性または緑属性の攻撃力を19%UP

友情ワザ【悪魔は神には頼らねえ【16ターン】】

スキルLv.1
(初期)
味方全体の攻撃力DOWNを解除し、2ターン、味方全体の攻撃力を20%UP【16ターン】
スキルLv6
(無凸最大)
味方全体の攻撃力DOWNを解除し、2ターン、味方全体の攻撃力を20%UP【11ターン】
スキルLv12
(完凸最大)
味方全体の攻撃力DOWNを解除し、2ターン、味方全体の攻撃力を20%UP【7ターン】

特性【地獄の司令塔】

スキルLv.1
(初期)
HPが30%以下のとき、自身の攻撃力を10%UP
スキルLv6
(無凸最大)
HPが35%以下のとき、自身の攻撃力を20%UP
スキルLv12
(完凸最大)
HPが45%以下のとき、自身の攻撃力を26%UP

蛭魔妖一のプロフィール

`title`

作品 アイシールド21
蛭魔妖一(ひるまよういち)。泥門デビルバッツの主将にしてクォーターバック。通称「ヒル魔」の名の通り悪魔的な才知で人を陥れる外道。瀬名を無理やりアメフト部に引き込み、「アイシールド21」に仕立て上げた張本人でもある。アメフト選手としては、高い作戦立案力を持ち、チームの狡猾な司令塔として活躍、「アメフトはビビらした方が勝ち」がポリシー。

関連記事

攻略トップに戻る.gif▶︎ジャンプチ攻略wikiトップページ
リセマラランキング
リセマラ
最強キャラランキング
最強キャラ
最強パーティ最強パーティ
全キャラ評価キャラ一覧 使える星4キャラ優秀★4 使える星3キャラ優秀★3
序盤の進め方序盤進め方 おすすめガチャガチャ情報 最新イベントイベント

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「蛭魔妖一(ヒルマ)の評価とステータス【ジャンプチヒーローズ】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る