【ハチナイ】「激突!清城高校!」の固有スキル習得のコツとおすすめ編成

ハチナイ(八月のシンデレラナイン)における、「激突!清城高校!」の固有スキル習得のコツとおすすめ編成を掲載しております。固有スキル習得のためにぜひ参考にしてみてください。

▼攻略情報はコチラ!
デレスト「激突!清城高校」の攻略情報

「激突!清城高校!」の固有スキル習得のコツとおすすめ編成

赤8-黄50-緑0のスキル

▼必要素材数

パワーのアイコン.png0 スピードのアイコン.png1500 テクニックのアイコン.png0 絆赤×8 絆黄x50 絆緑x0

※メニューの詳細はキャラページからご覧頂けます。

▼赤8-黄50-緑0の固有スキル

▼攻略班の習得編成

激突 黄色50.jpg

▼サポーター

花属性か蝶属性の選手を選びましょう。追加行動できるカードを持っている選手を選ぶと、更に良いです。

▼コツ

  • キャッチボール×6枚(風)が入っている基本デッキがきたら即リタイヤ推奨
  • 蝶属性選手の特訓は全てクリアする
  • 第1話で泉田Lv1の特訓をクリアして、「絆の証赤色」を3個取得しておくと良い。
  • 試合には全て勝利する

赤8-黄0-緑50のスキル

▼必要素材数

パワーのアイコン.png0 スピードのアイコン.png0 テクニックのアイコン.png1500 絆赤×8 絆黄x0 絆緑x50

※メニューの詳細はキャラページからご覧頂けます。
※「ぴょん太焼きおかわり」は緑×48となっています。

▼赤8-黄0-緑50の固有スキル

▼攻略班の習得編成

激突!清城高校 緑50.jpg

▼サポーター

練習メニューに、星3カードやアクションカードを持っている風属性選手を選ぶと良いですが、そこまで拘る必要はありません。

▼コツ

  • 風属性選手の特訓は、ランダムで登場する選手の特訓もクリアする必要がある。
  • 「絆の証赤色」を3個、花属性選手の特訓で取得しておく。このデレストで登場する花属性選手は、必要星数が少なくクリアしやすい。
  • Lv3まである選手は、必要星数が10を超えることも普通にあるため、積極的にゼリーやパンを使うと楽にクリアできる。他の属性のゼリーなどでピンチを切り抜けるのも良い手段の一つ。
  • カードを追加しすぎると、必要テクニック1500に届かなくなってしまう可能性があるため、注意が必要である。

赤5-黄26-緑26のスキル

▼ 必要素材数

パワーのアイコン.png0 スピードのアイコン.png750 テクニックのアイコン.png750 絆赤×5 絆黄x26 絆緑x26

※メニューの詳細はキャラページからご覧頂けます。

▼赤5-黄26-緑26の固有スキル

▼攻略班の習得編成

激突! 清城高校 黄・緑26.jpg

▼サポーター

風属性選手と蝶属性選手の数が同じぐらいになるように選びましょう。追加行動できるカードを持っている選手がおすすめです。

▼コツ

  • 試合には全て勝利する
  • 無理に選手の特訓をクリアする必要はないが、どの選手もLv2までは特訓をクリアするようにすると良い。
  • 第1話~第2話の間で追加カードを加えていくとスムーズに進みやすい
  • 基本デッキで星1カードが多いため、タイミングがあれば積極的に星1カードを除去していく。
  • 追加カードが不足がちになるため、第1話では出来る限りカードを追加せずに進めると良い。
  • 試合以外で必要な絆の証黄色と緑色の数は21

ハチナイ関連リンク

デレスト攻略の目標とコツ【上級者編】
2020.02.19 19:04 コメント数(0)
チーム評価の上げ方
2020.09.24 19:43 コメント数(0)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「「激突!清城高校!」の固有スキル習得のコツとおすすめ編成」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[1527]
      やっぱりそれしかなさそうですね
      連絡取ってみます

    • >>[3235]
      目に止まったので姉妹校申請させていただきました。
      よろしくですー

    権利表記

    トップへ戻る