遊戯王デュエルリンクス攻略記事

【デュエルリンクス】基本ルールを解説!

※2016年12月21日時点の情報です。

遊戯
遊戯王デュエルリンクスデュエルリンクスにおける、デュエルのルールを記載しています。カードの種類、デュエルの流れなど、遊戯王デュエルリンクスカード初心者の方におすすめな情報が満載!

▼デュエルの用語を知りたい方はこちら

遊戯王デュエルリンクスの基本的なルール

相手のライフを0にしたら勝ち

ライフポイント0

遊戯王デュエルリンクスは、基本的に相手のライフポイントを0にすることを目的としたゲームです。モンスターカードや魔法・罠カードを駆使して、相手のライフポイントを減らしましょう。

遊戯王デュエルリンクスデュエルリンクスの基本的な条件

条件 ルール
ライフポイント 4000
デッキ枚数 20枚〜25枚
モンスターカードゾーン 3枚
魔法&罠カードゾーン 3枚(+1枚)
手札枚数 4枚
エクストラデッキ 5枚

カードの種類

モンスターカード

効果を持たない「通常モンスター」と特殊な効果をもった「効果モンスター」があります。これらの他にも「融合モンスター」「儀式モンスター」など強力なモンスターカードが存在します。

モンスターカードの使い方

魔法カード

様々な効果を持つカードを「魔法カード」と呼びます。アニメ版の遊戯がよく切り札に使用する「死者蘇生」も魔法カードです!

魔法カードの使い方

罠カード

罠(トラップ)カードは使用できる場面は、決められているが、敵の攻撃を止めたり、跳ね返したりできるカードです。

罠カードの使い方

カードの配置

カードの配置

①:モンスターゾーン

モンスターカードを3体まで置ける場所です。相手を攻撃するモンスターは表側縦向き、守備するモンスターは裏側横向きで置きます。

②:魔法&罠ゾーン

魔法・罠を3枚まで置ける場所です。基本的に魔法が自分のターンに発動し、罠カードは1度伏せてから使用できます。

③:デッキゾーン

デッキを置く場所。スピードデュエルでは、デッキの枚数は20〜30枚で行います。

④:墓地

カードが破壊された時に置く場所です。表側表示で置きます。

⑤:エクストラデッキゾーン

エクストラデッキゾーンは、融合カードを置く場所です。

⑥:フィールドゾーン

フィールドゾーンは、フィールド魔法カードを発動する場所です。

デュエルの流れ

ドローフェイズ

デッキから1枚引き手札に加えます。先行の1ターン目はドローすることができません。デュエルリンクスでは、遊戯王OCGのスタンバイフェイズの処理もドローフェイズで行います。

ドローフェイズの詳細はこちら

メインフェイズ

モンスターの召喚や魔法・罠カードを使用できます。攻撃以外の主な行動を行うフェイズで、モンスターの表示形式を変更するのもメインフェイズです。

メインフェイズの詳細はこちら

バトルフェイズ

バトルフェイズは、自分のモンスターを使って、敵に攻撃するフェイズです。先行の人は、1ターン目攻撃することができません。攻撃するモンスターがいない場合や、攻撃をしたくない場合は、バトルフェイズをスキップすることも可能です。

バトルフェイズの詳細はこちら

エンドフェイズ

自分の手札が7枚以上あった場合、6枚になるように捨てなければなりません。自分のターン終了宣言後、相手のターンへ移ります。

エンドフェイズの詳細はこちら

●これを自分と相手で繰り返す

関連リンク

ルール関連のお役立ち情報

カードの使い方
モンスター 魔法 罠(トラップ)
モンスターの召喚について
通常召喚 融合召喚 儀式召喚
フェイズについて
ドロー
フェイズ
メイン
フェイズ
バトル
フェイズ
エンド
フェイズ
その他のルール
チェーン スペルスピード 優先権
ダメージステップ 蘇生制限 リバース

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「基本ルールを解説!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ランキング

    新着コメント

    • バグったwww
      三沢が闇の力を発動したwww

    • 【デュエリストID】
      675-301-248
      【ひとこと】
      手札1枚でお互い送り合いましょう!
      宜しくお願いします!

    権利表記

    トップへ戻る