【ドラクエライバルズ】先攻と後攻、どっちが有利?【DQR】

【新レジェンドデュランが公開!最強の悪魔の性能は!?】
▶︎新パックのカード公開情報はこちら!

「先攻と後攻はどっちが有利?」のバナー

ドラクエライバルズ(DQR)において先攻と後攻、どちらが有利なのか。それぞれのメリットとデメリットをまとめて考察しています。先攻と後攻の有利不利について気になる方はぜひご覧ください。

先攻のメリットとデメリット

ドラクエライバルズの先攻の画像

先攻のメリット

盤面を有利にしやすい

先行のメリットの一つは、盤面を有利にしやすいことです。先行は相手より早くカードをプレイすることができるので、ユニットを場に出すのが早く、盤面を取りやすいです。

相手より早く攻撃できる

上記の先行のメリットと似ていますが、先行は相手より早く攻撃できるというのも1つのメリットです。ダメージレースで強く、特にアグロデッキやコンボデッキのミラーマッチでは、先行を取れるかどうかが試合の流れに大きく影響することもあります。

先攻のデメリット

初期手札が少ない

先攻のデメリットは、初期手札の枚数が3枚であり、後攻よりも1枚少ないことです。カードゲームでは手札の枚数も大事な要素であり、1枚の差が勝敗を分けることもあります。

後攻のメリットとデメリット

ドラクエライバルズの後攻の画像

後攻のメリット

初期手札が先行より多い

後攻のメリットの1つめは、初期手札が先行より1枚多く、4枚である点です。初期手札の多さは特にコントロールデッキでは大きな意味を持ち、事故防止に加えて行動の選択肢がカード1枚分増えるという強みがあります。

テンションゲージが2段階目でスタートする

後攻のもう1つのメリットが、テンションゲージが2段階溜まった状態で試合をスタートできるという点です。これにより序盤に押し切られにくくなり、後手に回ったからと弱い動きしかできないという状況を、回避できる仕様となっています。

後攻のデメリット

カードは常に後出しになる

後攻のデメリットは、後手に回ってしまうことです。カードが常に後出しになるのはもちろん、基本的に後攻のプレイヤーは除去から入らなければならないので、攻撃的なデッキで後攻になってしまうと苦しいものがあります。

結局どっちが有利なの?

一概に有利は語れない

先攻と後攻でどちらが有利かは一概には語れません。有利かどうかは、使用デッキやマッチアップなど、様々な要素が混ざって決まるものです。ドラクエライバルズのその他ルールに関心のある方は、ルールまとめの記事からご覧下さい。
ドラクエライバルズのルールまとめ!

関連情報

▼新パック情報
解き放たれし力の咆哮のバナー解き放たれし力の咆哮の新カード評価一覧!
▼おすすめ記事
リセマラランキングのアイコンリセマラランキング 最強デッキランキングの画像最強デッキランキング
リーダーランキング最強リーダーランキング 闘技場闘技場 攻略
全カード一覧全カード評価一覧 用語集用語集・ヘルプ
▼お得な攻略情報はこちら
ドラクエライバルズ攻略wikiドラクエライバルズ(DQR)攻略wikiトップ

コメント

1 名無しさん26日前

久々にごみみたいな記事を読んだ。 考察じゃなくてルールの説明ですねこれは

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「先攻と後攻、どっちが有利?【DQR】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • カードをプレイする前に、手札を大きく広げるには、どうすればいいのか教えてください。PCでやってます。色々クリックしてみましたが、わかりません。よろしくお願いします。

    • 《ギルド名》 稽古相手
      《スタイル》 毎シーズンダイヤモンドに行けたら良いなくらいです。
      《ギルド内》観戦自由挨拶不必要。デッキ診断、対戦など気楽に楽しみましょう。
      面白カードや特殊ルールを用いたギルド内対戦やりたい方など

    権利表記

    トップへ戻る