【ドラガリ】ゼーナ(ドラフェスVer.)の評価とおすすめ護符【ドラガリアロスト】

ドラガリアロストのゼーナ(ドラフェスVer.)

ドラガリアロスト(ドラガリ)における、「ゼーナ(ドラフェス)」の評価と護符の組み合わせを掲載しています。

同名キャラ
ゼーナ(ドラフェスVer.)画像ゼーナ(ドラフェスVer.)

ゼーナの評価と性能

ドラガリのゼーナ(ドラフェスVer.)

評価点数 10.0点
レア度
属性/武器/タイプ
光のアイコン / 杖 / 攻撃攻撃
アビリティ
(最大)
聖魔の巫女Ⅱ画像 聖魔の巫女Ⅱ
聖片の加護Ⅱ画像 聖片の加護Ⅱ
巫女の祈念Ⅱ画像 巫女の祈念Ⅱ
リンクEX
アビリティ
(最大)
【光】連撃:10ヒット以上で会心+13%画像 【光】連撃:10ヒット以上で会心+13%

ゼーナの紹介動画をチェック!

初の攻撃タイプの杖

ゼーナ(ドラフェスVer.)は攻撃タイプの杖キャラとして実装されました。今までの杖キャラは全員回復タイプだったため、初めての攻撃タイプの杖キャラの登場です。

ゼーナの強い点

バーストアタックが強力

メイデンゲージ最大時のバーストアタックは広範囲に大きなダメージを与えられます。メイデンゲージはスキル1およびスキル2を使用することでチャージされるため、頻繁にスキルを回す運用が理想となります。

アビリティ「巫女の祈念」で耐久力と火力を両立

ゼーナ(ドラフェスVer.)はアビリティ「巫女の祈念」によって、HPがアップするアビリティで火力を強化できます。HPを重点的に強化しても火力が落ちにくいため、高難易度クエストでは粘り強く戦うことも可能です。

ただし、攻撃力がアップする効果の大きさは自身の残りHPに依存します。ダメージを受けた後は回復するまで火力が落ちてしまう点に注意しましょう。

通常攻撃のヒット数が多い

ゼーナ(ドラフェスVer.)は通常攻撃のヒット数が多いため、アビリティの「疾風怒濤」や「連撃」を発動させやすくなっています。

ただし、スキルやバーストアタックは攻撃発生までの時間が長く、コンボが途切れてしまう点に注意しましょう。

ゼーナの弱い点

操作難易度が高い

ゼーナは他のキャラと比較した場合、スキルゲージや竜化ゲージの管理に加え、メイデンゲージの管理や攻撃にバーストアタックを織り交ぜる必要があるなど、操作難度が高いキャラとなっています。

その分、使いこなせればそれに見合っただけの活躍が期待できます。

ゼーナにおすすめのドラゴン

アビリティで攻撃力が上がるドラゴン

最適 適正 妥協
ジャンヌブレイヴ(ドラフェスVer.)画像ジャンヌブレイヴ(ドラフェスVer.) トール画像トール キューピッド画像キューピッド

ゼーナ(ドラフェスVer.)は、アビリティ「巫女の祈念」によってHPを強化するほど攻撃力が上がります。そのため、スキルでHPをアップできる「ジャンヌブレイヴ」との相性が非常にいいです。

最強ドラゴンランキングを確認

ゼーナにおすすめの護符一覧

スキルダメージアップがおすすめ

十二竜氏がふたり、参る!画像十二竜氏がふたり、参る! ブレイジング・クラウン画像ブレイジング・クラウン

杖装備は今のところ専用のスキルダメージ40%アップ護符がないため、スキルダメージアップ30%アップ護符がおすすめです。

スキルブーストがおすすめ

宝石と剣画像宝石と剣 シーサイドメモリー画像シーサイドメモリー 我ら、キャッスル応援団!画像我ら、キャッスル応援団!

スキル使用によるメイデンゲージのチャージが要となるため、スキルブースト系の護符がおすすめです。

バーストアタック強化がおすすめ

ハンティングナイト画像ハンティングナイト

ゼーナは通常のバーストアタックとは異なり、強力なバーストアタックを持つため、バーストアタックを強化できる護符がおすすめです。

ヒット数を生かせる護符がおすすめ

友の記憶画像友の記憶 ある日の陽だまり画像ある日の陽だまり

ゼーナの攻撃はヒット数が多いため、「疾風怒濤」系の護符やクリティカル率を上げる護符がおすすめです。

ゼーナにおすすめの武器

アギト キマイラ 星4
デル・フリス画像デル・フリス キメラテックプロキオン画像キメラテックプロキオン ライフスタッフ画像ライフスタッフ

アギトシリーズ武器は現状最強

「デル・フリス」は、最高難易度クエスト「アギト叛逆戦」で入手できる素材を必要とするため、作成は難しくなっています。しかしその分、現状最も高い性能を誇るため、可能であれば作成しましょう。

まずはキマイラ武器作成を目指そう

まずはキマイラシリーズの「キメラテックプロキオン」の作成を目指しましょう。キマイラシリーズは作成が容易で、かつパラメータも高いため特におすすめです。

初心者は星4武器の作成から目指そう

始めたばかりの方は、星4武器「ライフスタッフ」の作成を目指しましょう。

武器一覧を確認

ゼーナの詳細ステータス

ゼーナ(ドラフェスVer.)のキャラアイコン
称号
声優】茅野愛衣
【登場護符】
【プロフィール】異界からやって来たもうひとりのゼシア。自分のいた世界を救うために、王子たちと行動を共にしている。この世界での仲間との関わりや自らの在り方に戸惑いながらも、自分にできることは何かを考えていく。

ステータス

HP 攻撃力
最大ステータス 770 489

スキル1

グロリアスサンクチュアリのアイコン グロリアスサンクチュアリ
Lv1】パーティ全員のHPを回復し、地面に【回復フィールド】を設置する。さらに60秒間、パーティ全員の攻撃力を8%アップする。この攻撃力アップ効果は重複しない。
Lv2】パーティ全員のHPを回復し、地面に【回復フィールド】を設置する。さらに60秒間、パーティ全員の攻撃力を10%アップする。この攻撃力アップ効果は重複しない。
Lv3】パーティ全員のHPを回復し、地面に【回復フィールド】を設置する。さらに60秒間、パーティ全員の攻撃力を15%アップする。この攻撃力アップ効果は重複しない。

スキル2

ホーリークラウンのアイコン ホーリークラウン
Lv1】ターゲットとその周囲の敵に光属性のダメージを与える。【マルチターゲット】スキルは複数の敵をターゲットできる。15秒間、自身のバーストアタックのチャージ速度を20%アップする。この効果は重複しない。
Lv2】ターゲットとその周囲の敵に光属性のダメージを与える。【マルチターゲット】スキルは複数の敵をターゲットできる。15秒間、自身のバーストアタックのチャージ速度を30%アップする。この効果は重複しない。

EXアビリティ

回復スキル効果+20%のアイコン Lv1回復スキル効果+10%
パーティ全員の回復スキル効果が10%アップする。
Lv最大回復スキル効果+20%
パーティ全員の回復スキル効果が20%アップする。

リンクEXアビリティ

【光】連撃:10ヒット以上で会心+13%のアイコン 【光】連撃:10ヒット以上で会心+13%
パーティ全員が以下のアビリティを得る。キャラが光属性ならヒット数10以上のとき、【クリティカル率が13%アップするバフ】が発動。

アビリティ

聖魔の巫女Ⅱのアイコン
Lv1聖魔の巫女Ⅰ
メイデンゲージを追加する。メイデンゲージはスキル1、スキル2を使用するとチャージされる。ゲージが最大になったとき、自身に【トワイライトムーン】バフが発動。次に使用するバーストアタックが5段階のチャージが可能で段階に応じて威力がアップするものに変化する。【トワイライトムーン】バフは重複せず、バーストアタックを使用すると解除される。
Lv2聖魔の巫女Ⅱ
メイデンゲージを追加する。メイデンゲージはスキル1、スキル2を使用するとチャージされる。ゲージが最大になったとき、自身に【トワイライトムーン】バフが発動。次に使用するバーストアタックが5段階のチャージが可能で段階に応じて威力がアップするものに変化する。【トワイライトムーン】バフは重複せず、バーストアタックを使用すると解除される。
聖片の加護Ⅱのアイコン Lv1聖片の加護Ⅰ
「毒」、「呪い」状態になる確率が50%ダウンする。
Lv2聖片の加護Ⅱ
「毒」、「呪い」状態になる確率が100%ダウンする。
巫女の祈念Ⅱのアイコン Lv1巫女の祈念Ⅰ
アビリティの効果でHPがアップしたとき、効果量に応じて攻撃力がアップする。この効果は自身の残りHPが多いほど高くなる。EXアビリティ、リンクEXアビリティによるHPアップはこの効果の対象に含まれない。
Lv2巫女の祈念Ⅱ
アビリティの効果でHPがアップしたとき、効果量に応じて攻撃力がアップする。この効果は自身の残りHPが多いほど高くなる。EXアビリティ、リンクEXアビリティによるHPアップはこの効果の対象に含まれない。

関連記事

最新情報の関連記事

イベント関連記事
2周年2周年最新情報 ドラフェスゼーナドラフェス ナームちゃんねる情報ナームちゃん
武器武器の変更点 護符の変更点護符の変更点 バトルロイヤルバトルロイヤル

レア度別

星5星5 星4星4 星3星3

属性別

火属性 水属性 風属性
光属性 闇属性 -

タイプ別

攻撃タイプ攻撃 防御タイプ防御 補助タイプ補助 回復タイプ回復

武器種別

剣キャラ 刀キャラ 短剣キャラ短剣
斧キャラ 槍キャラ 弓キャラ
ロッドキャラロッド 杖キャラ 銃キャラ

コメント

15 名無しさん9日前

エアプで確定です

14 名無しさん約7ヶ月前

なんか無料10連で出たwwwewwwモンハンのせいで完全に飽きてたけど、ちょっと復帰しようかね

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る