【ドラガリ】母の愛の評価とアビリティ【ドラガリアロスト】

ドラガリアロスト(ドラガリ)における、母の愛の評価とアビリティを掲載しています。

母の愛の総合評価

アイコン
母の愛の画像
評価ランク 評価なし
レア度

護符ランキングはこちら

母の愛のステータス・アビリティ

ステータス

HP 攻撃
初期 22 7
最大

アビリティ

ゲージブレイク+35%のアイコン 初期ゲージブレイク+25%
モードゲージの減少量が25%アップする。
2凸ゲージブレイク+30%
モードゲージの減少量が30%アップする。
最大ゲージブレイク+35%
モードゲージの減少量が35%アップする。
パピエの材料+25%のアイコン 初期パピエの材料+25%
クエストクリア時に獲得する【パピエの材料】が25%増加する。
2凸
最大
エッグP+25%のアイコン 初期エッグP+25%
クエストクリア時に獲得する【エッグP】が25%増加する。
2凸
最大

母の愛の入手方法

交換所・ドロップ情報

交換所
ドロップする
クエスト
現状、ドロップするクエストはありません。

母の愛のおすすめキャラ

おすすめのキャラはありません。

母の愛の詳細ストーリー

通常 2回上限解放
母の愛の画像 母の愛の解放後画像

登場キャラクターやドラゴン

シームルグ画像シームルグ

詳細ストーリー

1段階 美しき彩翼を持つドラゴン、シームルグ。彼女は何百年という長い時をかけて卵を温め、我が子が孵るのを待っている。それは、尊き母の愛。
2段階 晴れの日も、雨の日も……。暑い日も寒い日も……。シームルグは惜しみなく愛を注ぎ、卵に寄り添い続けた。そして、ついに待ち望んだ瞬間が訪れる。
3段階 新たな命の誕生。卵の殻を破り、かわいらしい雛が顔をのぞかせる。光ある世界に生まれたことを喜ぶように、大きく羽を伸ばした雛は、母の目を見て元気な産声をあげた。
4段階 雛が産まれてからも、シームルグの愛が尽きることはない。むしろ、今まで以上に献身的に、我が子の面倒を見る。母の温もりに溢れた、優しく幸せな時間の中で、雛は健やかに育っていった。
5段階 ――それから数百年。立派に成長したシームルグが、卵を産み落とした。彼女は長い時をかけ、卵を温め続ける。母が、自分にしてくれたように。尊き母の愛は、こうして受け継がれていく。

全護符ストーリーまとめ

関連記事

ドラガリアロストの最強護符最強護符ランキング ドラガリアロストの全護符一覧護符評価一覧

レア度別

護符5星5 護符4星4 護符3星3 護符2星2

ピックアップ記事

ドラガリのリセマラランキングリセマラ当たりランキング
最強キャラ最強キャラ 最強ドラゴン最強ドラゴン 最強護符最強護符

データベース記事

イベント攻略イベント攻略 キャラ一覧キャラ一覧 ドラゴン一覧ドラゴン一覧
クエストクエスト攻略 護符護符一覧 武器武器一覧

このゲームをプレイしている人におすすめ

コメント

1 名無しさん約7ヶ月前

アグニヴォイドで剣アレクにつけると1体でもコロナまでに余裕でブレイク出来る

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「母の愛の評価とアビリティ【ドラガリアロスト】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • 前節のクトゥルフより
      チェルシーのキャラストーリーのがよっぽどホラーだな…

    • >>[929]
      一応、ゲーム内でどんな種族があるのかは確認ができますが(ヘルプ>バトル>種族とキラー)、ヴォイドクエスト以外は基本的に記載はなかったはずです
      ただレイドボスの場合そのレイドイベントの親密度によって入手できる配布キャラがそのキラーアビリティを所持してることが多いので(アスラムは例外、フェリーチャはキラーでなく耐性)、迷ったら見てみるのもいいかもしれません
      特効効果が発生している場合、攻撃時のエフェクトも通常のヒットエフェクトとは違う黒っぽいエフェクトが出るのでよく見ながら試してみるとわかると思います(ただし状態異常特効やOD特効でも効果が入っていれば同様にエフェクトが変わるので注意)

    権利表記

    トップへ戻る