【ドラガリ】パーティ編成のコツとおすすめ編成【ドラガリアロスト】

【新ガチャイベント予告!】NEW
ドラゴンレジェンド召喚は引くべき?

ドラガリアロスト(ドラガリ)における、パーティ編成のコツとおすすめ編成です。キャラの属性やタイプを考慮し、おすすめパーティの編成を掲載しています。

パーティ編成のコツ

有利属性を多く編成しよう

自属性 有利属性 不利属性
火属性のアイコン 風属性のアイコン 水属性のアイコン
水属性のアイコン 火属性のアイコン 風属性のアイコン
風属性のアイコン 水属性のアイコン 火属性のアイコン
光属性のアイコン 闇属性のアイコン 闇属性のアイコン
闇属性のアイコン 光属性のアイコン 光属性のアイコン

ドラガリは火・風・水の3すくみと、光と闇がお互いに弱点という属性相性になっています。各クエストでは敵の属性が決まっているため、クエストごとに有利属性のキャラを多く編成することで、有利にバトルを進めることが可能です。

属性相性とダメージ倍率

EXアビリティが重複しないように編成

EXアビリティの画像

キャラの持つEXアビリティは効果が重複せず、より効果が大きいものが優先して発揮します。そのため、できるだけEXアビリティを被らないように編成することで、よりキャラを強化して戦うことが可能です。

おまかせ編成は利用しない

おまかせ編成は、選択した属性のレベルが優先して選択されます。レベルが優先されるだけで戦力が最大にはならず、編成される「ドラゴン」も属性不一致になることが多いです。そのため、編成する際はおまかせ編成を利用しないよう注意しましょう。

パーティのおすすめ編成

クエストの不利属性以外を編成

属性の画像
おすすめパーティは、クエストの不利属性以外を編成することです。クエストに出発する際は、メインとなる敵属性が表示されます。その不利属性以外を編成することで、被ダメージが上昇することもなく安定した立ち回りが可能となります。

中盤以降は火力枠3+回復1の編成

後半はタイプを考慮して編成
ストーリーやイベントバトルは、後半になるにつれて敵の火力が大幅にアップします。そのため、序盤のような火力でゴリ押しといった戦法が難しくなり、アビリティやタイプを意識しないと勝てなくなることが多いです。火力枠(攻撃や補助)を3つと、ピンチ時のヒーラーとして回復タイプを編成することで、敵との長期戦に備えることができます。

役割別!最強キャラランキング

最終的には有利属性のみの編成

最終的には有利属性のみの編成

最終的には、星5かつ属性を統一した有利属性パーティを揃えるのが理想です。ゲーム始めたてでは属性キャラを統一させるのが難しいため、あくまで理想系は有利属性で固めることを念頭におき、パーティ編成を行いましょう。

最強パーティ編成|属性別まとめ

関連記事

ドラガリアロスト攻略wikiトップドラガリアロスト攻略wikiトップに戻る

ピックアップ攻略情報

大人気!ランキング記事!
リセマラ当たりランキングリセマラランキング
最強キャラランキング最強キャラランキング
最強星4ランキング星4キャラランキング
最強ドラゴンランキング最強ドラゴンランキング
攻略データベース
クエストクエスト攻略
イベント攻略イベント攻略
キャラ一覧キャラの評価一覧
ドラゴン一覧ドラゴンの評価一覧
護符護符の評価一覧
武器武器の評価一覧
おすすめ攻略記事
ナーム効率的な進め方
戦力育成戦力の上げ方
ドラゴンの好物ドラゴンの好物
ガチャガチャ一覧
オーブオーブの集め方
素材素材の入手方法

クエスト攻略情報

真ドラゴンの試練
真ミドガルズオルムの試練真ミドガルズオルムの試練
ドラゴンの試練
ブリュンヒルデの試練ブリュンヒルデの試練
マーキュリーの試練マーキュリーの試練
ミドガルズオルムの試練ミドガルズオルムの試練
ユピテルの試練ユピテルの試練
ゾディアークの試練ゾディアークの試練
ディアネル迎撃戦
火アドラ火山
水ミレージュ湖畔
風ロブレール森林
光ドルニトス山脈
闇ワルトアール遺跡

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「パーティ編成のコツとおすすめ編成【ドラガリアロスト】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る