新たなシステムが続々実装!ドラゴンクエスト8の魅力!

この記事はドラゴンクエスト8の紹介記事です。3Dグラフィック・スキルシステム・テンションアップなど、最近のドラクエのシステムの基礎を築いたともいえるドラクエ8。そんなドラクエ8の魅力をまとめましたので、ドラクエ8をプレイしようとしている方、ドラクエがどんなゲームなのか気になる方はぜひ参考にしてください。

ドラクエ8の基本情報

ドラクエ8のロゴ

ドラクエ8の基本情報
タイトル ドラゴンクエスト8
空と海と大地と呪われし姫君
発売日 2004/11/27
機種 PS2
(リメイクは3DS)
売上本数 370万本
(PS2版、国内のみ)

ドラクエ8は2004年末にPS2で発売され、アプリ版が2013年、3DS版が2015年にリリースされています。

ドラクエシリーズで初の3Dグラフィックが大きく注目され、国内だけで370万本もの出荷数を記録しました。

ドラクエ8の魅力を紹介!

3Dグラフィック!

ドラクエ8圧倒的な3D表現のキャラ画像

ドラゴンクエスト8はPS2での発売となり、ドラクエナンバリングシリーズでは初の3Dグラフィックとなりました。キャッチコピーの「見渡す限りの世界がある」から分かるように、それまでドット絵の印象が強かったドラゴンクエストのイメージがドラクエ8によって大きく変わりました。

テンションアップ!

ドラクエ8テンションアップする画像

ドラクエ8では新たにテンションアップというシステムが追加されました。戦闘中コマンドで選択するか、アイテムを使用することによりテンションを上げることができます。テンションが上がると与えることができるダメージは増え、最高値の100まで上げると桁違いのダメージをたたき出すことができるようになりました。

テンションアップは、ドラクエ9やジョーカー以降のドラクエモンスターズシリーズにも継承されています。

新たなスキルシステム

ドラクエ8スキルにポイントを振るゼシカの画像

ドラクエ8では職業はなくなりましたが、新たにスキルシステムが登場しました。レベルが上がるとスキルポイントがもらえ、スキルポイントを自由に振り分けることにより、好きなステータスを強化したり新しい特技を覚えることができます。

ドラクエ8以前のドラクエではレベルが上がると覚える特技や上がるステータスはあらかじめ決まっていましたが、スキルシステムによりドラクエ8ではプレイヤーの選択によって特技やステータスが変化するようになり、自由度が増しました。

スキルシステムもテンションアップと同様、ドラクエ9やジョーカー以降のドラクエモンスターズシリーズにも継承されています。

モンスターチームを編成!

ドラクエ8モンスターチームの画像

モンスターを仲間にして戦わせるシステムは、ドラクエ5ドラクエ6にありましたが、ドラクエ7ではなくなりました。ドラクエ8では再びモンスターを仲間にするシステムが復活し、モンスターチームを組むことができるようになりました。

自分のモンスターチームを闘技大会モンスター・バトルロードに参加させることもできます。出場できるのはモンスターのみとなっており、「ドラゴンクエストモンスターズシリーズ」をプレイしているような気分になります。

錬金ができるように!

ドラクエ8錬金する主人公の画像

スキルやテンションアップ以外にもドラクエ8で新しく登場したシステムとして、錬金が挙げられます。

錬金はアイテムを合成させて別のアイテムを作り出すシステムのことです。それまで店で購入したりフィールドで拾うくらいしか入手手段のなかったアイテムでしたが、錬金でしか入手できないアイテムも存在するようになりました。錬金でしか入手できないアイテムを入手するには当然その素材となるアイテムを探す必要があり、素材を入手するためにひたすらフィールドを探したりモンスターを倒す「素材集め」もドラクエ8ならではの面白さとなっています。

まとめ

以上がドラクエ8の魅力の紹介でした!ドラクエ8に登場した多くのシステムがナンバリングだけでなく、ドラゴンクエストモンスターズシリーズにも継承されるなど、ドラクエ8は最近のドラクエのシステムの基礎を築いたといっても過言ではありません。

ドラクエなのでもちろんストーリーも面白く、ドラクエ8は非常に完成度の高い作品となっています。プレイしたことがない方はぜひプレイしてみてください!

iOS版ダウンロードボタン
↑iPhoneなどiOS端末でプレイしたい人はこちらからダウンロード!

Android版ダウンロードボタン
↑Android端末でプレイしたい人はこちらからダウンロード!

関連記事

ドラクエ8攻略

ドラクエ8攻略wiki

▶︎作品紹介一覧に戻る

スマホゲームの作品紹介
星ドラ DQMSL
どこパレ DQMW
モンスターズ
ナンバリングの作品紹介
ドラクエ1 ドラクエ2
ドラクエ3 ドラクエ4
ドラクエ5 ドラクエ6
ドラクエ7 ドラクエ8
ドラクエ9 ドラクエ10

ドラクエプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【インストール不要】
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
ブラウザで遊べるお手軽MMORPG!勇者陣営か魔王陣営か選んで豊富なコンテンツを遊びつくせ!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
多彩な職業とスキルで数々の試練を突破せよ!本格ダークファンタジーMMORPG!
4
黒い砂漠
【会員登録】
オープンワールドで楽しむ本格MMORPG。ミニゲームから大規模バトルまで様々な要素を好きなだけ遊び尽くせ!
5
ケモニスタオンライン
【インストール不要】
放置しても楽しめる、新感覚ブラウザMMOPRGゲーム!ちょっとした時間に手軽にMMOを遊ぼう

コメント

1 名無しさん約12ヶ月前

ドラゴンクエストⅠからⅩまでの中では、Ⅴの次に夢中になったゲームでした。 ドラゴンクエストⅥⅠとⅦとは違い、新しく「スキル」というシステムで主人公たちが特技を習得していくことや、主人公たちが使用する呪文や特技の効果が倍増する「テンション」システム、更に主人公のペットである「トーポ」に「チーズ」を食べさせることで、ブレスなどの効果を発揮するシステムなど、ドラゴンクエストⅠからⅦにはない新しい趣向で、夢中になったプレイヤーは多いと思われます。またストーリーにしても、主人公たち冒険のメンバーはもちろんのこと、主人公が使える「トロデ王」と「ミーティア姫」の生い立ち、行く先々で出会う登場人物たちのことも丁寧で細かい設定があり、プレイヤーを飽きさせません。 ニンテンドーDS版でリメイクされましたが、リメイク版では更に新しい趣向が加わっており、PS版で初めて発売された時よりも一層夢中になりました。 ドラゴンクエストⅠからⅩまでの中ではⅤの次に傑作と言っても、過言ではないでしょう。それほど素晴らしい内容のゲームなので、ぜひこのゲームも映画化してほしいです。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「新たなシステムが続々実装!ドラゴンクエスト8の魅力!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    新着コメント

    • ドラクエはドラクエでもドラゴンクエストヒーローズ1と2は糞ゲーだ。開発した奴の神経が信じられない。
      何あの作り?敵の異常な硬さとうじゃうじゃまみれになるとかドラクエじゃないだろう。コーエーの無双ゲームは古いしストレスたまるから駄目。マルチ使用だからソロが厳しいし笑
      新作のダイの大冒険とかその他も期待するだけ無駄。
      スクエアエニックスは、、糞ゲーしか作れない会社だよ。

    権利表記

    トップへ戻る