Tales of Ariseの紹介 | 評価・レビュー

公開日:
最終更新日:
PS5(プレステ5)PCゲーム(Steam)Windows
4.3/5.0(37)
15
4.3
総合
37
4.3
アナリスト
23
4.0
一般ユーザ
14
Game8が独自に調査・算出したオリジナルスコアです。

購入先一覧

ECサイト

Amazon

シリーズ関連商品が確認できます。

Amazonで今すぐ見る

公式ストア

PlayStation Store

ダウンロード版 (PS5)

¥8,778
PlayStation Storeで今すぐ見る
Steam

ダウンロード版

¥8,778
Steamで今すぐ見る

ゲーム紹介

Tales of Ariseってどんなゲーム?


『Tales of Arise』は、BANDAI NAMCOが贈るアクションRPGです。

隣り合うふたつの星、ダナとレナ。
300年前自然あふれる世界であったダナは、
高度な科学や魔法が発達したレナから突然の侵攻を受けて以来、終わりなき隷属を強いられることとなった。
ある日、鉄仮面に顔を覆われたダナの青年と、同族から追われるレナの少女が出会った。
この思いがけない邂逅は
ふたつの星の命を揺るがす

Tales of Ariseのゲームシステム


本作は、多彩な剣術を組み合わせたコンボや特定の条件下で発動できる強力な技「秘奥義」などを駆使して戦うアクションゲームです。そのほかにもブーストゲージがたまったときに発動できる「ブーストアタック」や仲間と協力して出す「ブーストストライク」なども使用することができます。キャラクターによって特性も変わってくるので、うまく利用して有利にバトルを進めましょう。

評価・レビュー(15件)

ゆきの
  • ライター
4.0/5.0
クリア済今回初めて
シリーズ初見が神作品

臨場感溢れる戦闘が魅力的で、キャラごとの奥義や技のグラフィックは非常に作り込まれています。冒険中に出てくるスキットのキャラの表情やセリフも丁寧で、近年発売された王道のRPGでは頭ひとつ抜けたゲームと言えます。

わふー
  • ライター
4.0/5.0
クリア済2〜3タイトルプレイ済み
このレビューはネタバレを含みます

テイルズ オブ アライズはテイルズシリーズの最新作で、歴代シリーズの戦闘や世界観をしっかり受け継いだゲームとなっています。操作キャラの使用する技や登場人物・アイテムなど、過去作をプレイした方であればアッとなるシーンも度々登場します。 また、ストーリー内容に関して開始時の主人公は記憶喪失状態ですが、記憶を取り戻す過程や取り戻した結果どうなるかなど、最後までとにかく凝った展開に感動しました。しかし、ストーリー内容自体に過去作との関連性はないため、本作からテイルズシリーズを始めても全く問題ないと思います!

さっさか
  • ライター
4.0/5.0
クリア済全シリーズプレイ済み
逆境を乗り越えた新世代のテイルズ

今作「テイルズオブアライズ」は、「テイルズオブゼスティリア」から始まった悪い流れを断ち切り、新たなテイルズの時代を呼び起こすような作品です。テイルズが好きという人にはもちろん、アクションゲームが好きな人にも勧めたい仕上がりのゲームとなっています。 ストーリーの主軸は「束縛や常識、世界への反乱」といった、かなり重めなストーリー展開となっていますが、進行自体は単純明快でわかりやすく、誰が味方でどういう世界観で、どれが倒すべき的なのかという設定やお話はすっと頭に入ってきます。ストーリーのボリュームもしっかりとあり、サブクエスト含めてかなり楽しめた印象です。後半少し急ぎ足かなー?というのもありますが、概ね満足した内容でした。 戦闘システムは歴代テイルズ作品同様に簡単に技が発動できて、爽快なアクションを楽しむことができます。その爽快アクションを更に進化させた要素として「ブーストアタック」や「ブーストストライク」といった、ド派手な演出が発動して敵を一撃で倒せる技が追加されています。この要素の追加により、戦闘がより楽しく鮮やかなものへと昇華しました。 しかし、少しモヤッとする場面もあり、「秘奥義を発動すると全ての技がキャンセルされる」仕様は次回作で改善してほしい点の一つ。それ以外戦闘はとても楽しく行うことができました。 また、主軸のストーリー補完が行われるスキットの量が多く、キャラクターとのやり取りが深く楽しめるのは良かった。少し多すぎるかなという印象はあるが、プレイし終わったらなんだかんだあって良かったと思うスキット量だった。 今までのテイルズ作品は、キャラクターのアイコンが動く簡易的な会話イベントみたいなものだったが、今回から3Dモデルで行われる寸劇のような楽しみ方ができる。 全体的に、テイルズを変える挑戦的な内容の作品だったと思う。新たないいところと、昔から続くいいところをかけ合わせた良作と言って過言ではない。

タンスに小指ゴンゴン
  • ライター
5.0/5.0
クリア済今回初めて
シオン最高!

テイルズオブアライズは初めライターの仕事としてプレイしましたが、ストーリーを飛ばし飛ばしで終わってしまったためプライベートでもう1周プレイし直しました。エンディングまで見た感想としては、シオン愛が溢れて止まらなかったです。筆者はエモエモの実の能力者なのでスタッフロールで見れるイラストで「待って無理しんどい」が治まりませんでした。個人的にアニメや漫画などでシオンに似た境遇のヒロインを好きになることが多かったので、テイルズオブアライズのストーリー、キャラクターは私のなかでは最高評価をつけています。また、過去のテイルズオブシリーズを未プレイでしたが、十二分に楽しめる内容となっていたため、食わず嫌いしている方も是非プレイしてみてください。

リク
  • ライター
4.0/5.0
クリア済今回初めて
ストーリーが最高だった!

今回テイルズオブシリーズを初めてプレイしてみましたが、非常におもしろいシリーズだと実感しました。ストーリは王道のRPG系で最後までプレイすることができ、戦闘においてはノーマルでもそこそこ難易度が高く、技の連携の部分には最初から最後まで正解を見出せず悩みましたが、試行錯誤しながら飽きずにプレイすることができます。ただ寄り道要素ややり込みの部分が少ないところが欠点で意外とすぐにクリアできてしまうのが難点だと思います。長くプレイしたい方には合いませんが、テイルズシリーズに手を出してみたいという方には最適のゲームだと思います。

こめっと
  • ライター
5.0/5.0
クリア済2〜3タイトルプレイ済み
超美麗3Dで描かれる新しいテイルズシリーズ

本作をプレイした感想は、キャラクターやワールドマップなどが超美麗の3Dで描かれている新しいテイルズという印象でした。テイルズオブシリーズは『テイルズオブジアビス』や『テイルズオブハーツ』などをはじめ、5〜6作品ほどプレイしていますが、正直アライズの情報が発表された際は絵のタッチや世界観に少し戸惑いを覚えました。しかし、実際に手に取りプレイしてみると「THE テイルズ」と言える最高の仕上がりになっており、やはり何周もプレイしたくなるほどでした。ストーリーは、前半は王道ファンタジーといった内容になっており、謎が謎を生む展開に惹かれます。そして、後半は少しSF要素が盛り込まれ、前半とはまた違った面白さがある点が魅力的です。終盤で一気に前半の伏線や疑問点を回収してくるので、ストーリーを見終えたあとはスッキリするだけでなく感動も与えてくれます。戦闘面もテイルズらしさ全開の爽快感があり、飽きずにプレイできます。また、主人公の性格も変に捻くれておらず、その正義感の強さにプレイすれば必ず好きになると思います!テイルズシリーズが好きな方はもちろん、テイルズシリーズを1つもプレイしたことが無い方の入り口として非常におすすめの作品です!

ぶんちりー
  • クリエイター
5.0/5.0
クリア済2〜3タイトルプレイ済み
ここ最近のJRPGではトップオブトップのクオリティ

良質なJRPGで大満足! テイルズオブシリーズのマザーシップタイトルとして見ても、1つフルプライスRPGとして見ても間違いなくオススメできる作品に仕上がっていたと言えるでしょう! 僕が元々テイルズオブシリーズのファンだとはいえ、ここ数年で登場したJRPGの中ではNo.1であり、名作だったと声を大にして言いたくなる作品ですね! 【良かった点】 ・続きが気になるストーリー ・個性と魅力あふれるキャラクターたち ・世界を堪能できるグラフィック ・快適なUI・システム ・作りこまれたマップ ・キャラクター同士の会話 【悪かった点】 ・フルプライスにしては不満の残るDLC商法 ・これなら3DでいいOPED以外のアニメーション ・爽快感の足りないボス戦

ホスキー
  • クリエイター
4.0/5.0
クリア済2〜3タイトルプレイ済み
シリーズの復活を決定づけたテイルズ

2016年のベルセリア以降、新規作品が発表されずシリーズ存続の危機に陥っていたテイルズにあって、久しぶりに登場した新タイトル。 その出来栄えは、シリーズの復活を告げるには十分なクオリティでした。 ・シリーズ最高クラスのグラフィック ・歯ごたえのある戦闘 ・ブーストストライクに代表される演出面での小気味の良さ ・奇をてらわず王道を突き進むストーリー など、癖なく遊びやすいRPGらしいRPGに仕上がっており、クリアまで一気にプレイできました。 その反面、スキットのアニメ絵廃止や戦闘後の掛け合い簡略化といった賛否が分かれる部分や、金策が辛い、キャラ(特に敵側)の掘り下げが今一つ物足りないなどの不満な点はあるものの、万人向けRPGとしては良作と言って差し支えない作品ではないかと思います。

ちいはち
  • ライター
4.0/5.0
クリア済2〜3タイトルプレイ済み
王道日本RPG

THE王道RPG。ありがとうございます。グラフィック良し、キャラも可愛い、戦闘もボス以外は楽しいです。テイルズシリーズをやったことがない人でも、RPGが好きであれば、この作品を楽しむことができます。是非買ってみてください。

TATSURO
  • ライター
4.0/5.0
クリア済
シリーズ新参者でも安心して楽しめる

人気RPGテイルズオブシリーズの最新作。 全世界での売上は発売から1週間で100万本を突破した。 テイルズオブシリーズは初プレイだったが、なんの問題もなく最後まで楽しめた。 ゲーム内のマップや次にやることがわかりやすく、ヘルプ項目も充実している。 多様化の時代に世界へ発したアライズ。 本作のストーリーではたびたび、人種差別や、種族間の価値観の違いから生じるいさかい、それらを乗り越え互いを認め合うまでを描いている。 キャラたちは互いの価値観の違いを素直に認め合う努力をすること、相互理解の大切さを教えてくれる。 異なる人種同士の本来あるべき姿を示されたように思えた。 しかし現実はなかなか理想通りにはいかないもの。 こういった教訓的なストーリーは人によっては説教くさく、野暮ったく感じる場合もあるかもしれない。 個人的には好み。 シリーズおなじみのスキット(仲間たちの会話)は、今作では場面ごとにコマ分かれし、漫画を読むような感覚で鑑賞できる。 スキットの総数はなんと320。 読めば読むほどキャラたちへの愛着が湧く。 個人的にはテュオハリムがお気に入り。 仲間たちのユニークな掛け合いは見ていて愉快になれる。 戦闘の難易度は高め。 歯ごたえのあるバトルを求めるプレイヤーも満足であろう。 ストーリー重視なら最低難易度で遊べばサクサク進められるはず。 演出も凝っており、特に仲間のうち2人の組み合わせでトドメをさす「ブーストストライク」は迫力満点。 しかし最初から最後までずっとパターンが同じだったので、個人的にはストーリーの後半からは変化してくれたらより熱かった。 他の惜しかった点は、クリア後のやり込み要素が薄めなところ。 裏ダンジョンをクリアしレベル100まで上げたら、魔装備の強化かキャラたちのステ強化ぐらいしかやることがなくなる。 トロコンも割とあっさり。 あまり要素が多すぎても困るというプレイヤーにはちょうど良さそうだが。 DLCで外伝的な追加ストーリーを期待したい。 最初はなんとも思っていなかったアライズの仲間たち。 しかし、ストーリーが終わる頃には、仲間たちとの冒険が終わってしまうことを惜しむ気持ちになった。 いつの間にか愛着が湧いてしまう。 シリーズ初プレイの方も、そうでない方も、アルフェンたちと「心の黎明を告げる」冒険を楽しんでみてはいかがだろうか。

ぽぽ
  • ライター
4.0/5.0
クリア済
過去作と上手くマッチしている

はじめに、今作『テイルズオブアライズ』より、戦闘システムが大きく変更されました。慣れるまで違和感がすごいですが、慣れてくると違和感なくテイルズオブシリーズをプレイしていると感じられるように。また、過去作のネタなども詰め込まれており、シリーズファンとしても楽しめる作品と言えます。 気になる点として大きいのは、クリア後のやりこみ要素が皆無に等しいため、魔装備を育成したところで...というところが物足りなく感じました。

ウィルソン
  • ライター
5.0/5.0
クリア済今回初めて
令和最高のRPG

テイルズオブシリーズは初めてプレイしましたが……めちゃめちゃ面白かったです!特にストーリー!! ストーリーは序盤こそ悪を討ち、世界を救うといったような王道系ですが、進めていくとただの王道に留まらず、進めるほどに面白くなり先が気になっていく、とても引き込まれる素晴らしいシナリオと世界設定でした。 キャラたちも個性に溢れ、物語を進めると見られる会話やスキットの多さから「俺は仲間との冒険しているんだな…」感がとても心地よかったです。 物語の最後の方は「もうこの冒険も終わってしまうんだな…」と本当に僕自身がアルフェンの隣にいるような気がして戦っていました。

ryo88
  • ライター
4.0/5.0
クリア済
テイルズシリーズ最新作

シリーズ5年ぶりの本作は、従来のテイルズ要素を残しつつさらに進化した作品となっています。重厚なストーリーと美麗なグラフィック、個性的なキャラクター達が見せるスキットでの掛け合いは間違いなくテイルズだなと感じさせてくれます。戦闘場面では演出のテンポが良く、コンボを繋げて放たれる技は気持ちのいい爽快感を与えてくれます。

arl
  • ライター
3.0/5.0
クリア済
このレビューはネタバレを含みます

従来のテイルズオブシリーズからバトルシステムがアクション寄りに設定された王道RPGに近いゲーム。グラフィックは非常によく、世界観やキャラクターもとても綺麗である。戦闘は術や特技とよばれるスキルと通常攻撃を駆使してコンボを重ね、秘奥義と呼ばれる必殺技で戦闘を有利に進めることができる。シナリオは、王道に近いがテイルズオブシリーズらしい終わりを迎える内容となっている。キャラクターは基本的に好感を持ちやすい設定になっており、毛嫌いするようなキャラは少ない。また、スキットと呼ばれる会話を冒険中に見ることができ、キャラクターの個性あふれるやりとりを楽しめる。バトル要素は、従来のコンボを重ねていくバトルシステムから、敵をダウンさせて隙を見て攻撃するアクションゲームになっており、シリーズ既プレイ勢からすると爽快感に欠ける部分を思わせる。テイルズ シリーズが初見の人はその辺りを気にせずプレイできるため、テイルズ シリーズを初プレイという方には是非プレイしてみて欲しいゲーム。

スルメ
    5.0/5.0
    クリア済2〜3タイトルプレイ済み
    近年発売されたJRPGでは最高傑作

    ゼロから世界観を作りあげ、その世界の中でキャラクターたちが生きているスゴイゲームです。 レナ人とダナ人の関係性は、現代の分断社会を反映していて、誰もがゲーム世界の一員になれるリアリティがあります。ゲームだからこそできる一歩先の答えを提示したストーリーは、『デス・ストランディング』にも近いものを感じました。 そんな、それっぽい考察もできるゲームですが、私が真に伝えたいのは「シオンがかわいい」。ただそれだけです。 とにかくデレの破壊力が尋常じゃありません。テイルズおなじみのスキットも、今作ならではのストーリーも、なんならバトルも。全部シオンのかわいさを伝えるために用意されているのではないかと思うほど、絶対的なヒロイン力。 もちろん、ヒロイン以外も完成度の高さに感動すら覚えるレベルですが、プレイ後に残るのはやっぱりシオンなのです。 唯一残念だった点は、ufotableが作るアニメパート。 「『鬼滅の刃』と『月姫』で力を使い果たしたのか?」と勘ぐってしまう、残念な出来でした。 グラフィックも向上し、通常イベントの画が奇麗なので、これならアニメパートはなかった方がスッキリ終われた気がします。

    基本情報

    発売日
    2021-09-09
    価格
    ¥8,778
    パブリッシャー
    BANDAI NAMCO Entertainment

    300年の支配。謎の仮面。失われた痛みと記憶。強大な炎の剣のただひとりの使い手となり、触れ得ざる少女や仲間たちと共に圧制者に立ち向かえ。進化したグラフィックが描き出す表情豊かなキャラクターたちの織りなす解放の戦いの物語。

    ※掲載している全ての情報は万全の保証をいたしかねます。
    ※ご購入の前には詳細な商品情報を必ず各ストア・メーカーでご確認ください。

    3件の購入先があります

    ECサイト

    Amazon

    シリーズ関連商品が確認できます。

    Amazonで今すぐ見る

    公式ストア

    PlayStation Store

    ダウンロード版 (PS5)

    ¥8,778
    PlayStation Storeで今すぐ見る
    Steam

    ダウンロード版

    ¥8,778
    Steamで今すぐ見る

    おすすめゲームから探す

    新作から探す

    発売予定から探す

    無料ゲームから探す

    ハードから探す

    もっと見る

    ジャンルから探す

    もっと見る