【デススト】テーマの考察┃ネタバレあり【デスストランディング】

デススト(デスストランディング)の考察記事です。ストーリーのネタバレも含んだ解説になりますので、閲覧には注意してください。

※以下の記事はストーリーを全てプレイした上での考察となっています。そのため、ネタバレが含まれますので注意して閲覧してください

ネタバレ注意
ストーリーと世界観ストーリーと世界観 感想&考察感想&考察掲示板(2216)
考察バナーデススト考察 -

テーマの考察

キーワードはつながり

「デスストランディング」において、作中でもくどいくらいに使われているキーワードの一つに「つながり」があります。この「つながり」というキーワードは、ゲームがリリースされる前から小島監督がずっと言っていたキーワードでもあります。

デスストは勝ち負けではない次元を目指す

筆者が書いた「レビュー記事」でも触れたことですが、小島監督の問題意識として「ゲームやエンタメが戦争から逃れられないこと」というのがあります。これは、特にゲームが「勝ち負け」の次元にとどまってしまっている問題意識です。

とはいえ、こちらも触れたことではありますが、このゲームでも敵は登場します。しかし、基本的に「ミュール」を殺してしまうと「ネクローシス」化してしまうということで怒られることこそあれど、褒められることはありません。また、「BB」もストレスを感じてしまいます。

人と物とのつながりこそがメインテーマ

筆者は、小島監督のそうした問題意識から、「デスストランディング」においては人と人との「つながり」がメインテーマだったのではなく、人と「物」との「つながり」こそが真のテーマだったのではないかと考えます。「荷物」を運ぶということからも、人と「物」の「つながり」が重視されている、いや、まさにそのことこそがテーマだといえるのではないでしょうか。

棒となわについて

また、この人と「物」との関係を考える上で、「荷物」を運ぶというゲーム性の面だけでなく、小島監督が影響を受けたという「棒となわ」に関する話もテーマを考察するうえでは重要です。

小島監督は安部公房の「なわ」という短編小説に強く影響を受けたそうです。曰く、棒は自分と悪いものの間に距離を置くために生まれた道具(武器)であり、なわは善い空間を引き寄せるもの、「デスストランディング」の表現を使えば「つながり」と言えるでしょう。

棒を武器ではなくつながりとして提示する

エンディング間際、「アメリ」が「サム」に対して「アメリ」を殺して「ラストストランディング」を先延ばしするか、それともここで二人残って絶滅を見届けるかを選択させようとしたさいに、「サム」は最初「銃(棒)」を持っています。しかし、最終的には彼は「銃」を別の手段として使います。それが、「つながり」です。

もちろんこのことはストーリー中にも示唆されていることですが、この「棒となわ」に関する小島監督の考え方を、「ゲームやエンタメが戦争から逃れられないこと」と照らし合わせて考えてみると、「棒」に新たな役割を付与しようと、そしてそのことこそが「つながり」なんだと伝えたかったのです。人と人との「つながり」ではなく、人と「棒」との「つながり」です

テーマ性に対して残念だった部分

ただ、ここからは考察ではなく感想になってしまうのですが、こうした結論は少し残念に思ってしまいました。というのも、絶滅は消滅ではなく進化であると「アメリ」が伝えており、人と「棒」との新たな「つながり」こそ進化だ、とあるいは小島監督のメッセージであったのかもしれません。もちろん、それでも絶滅は免れないのですが、延命措置としての進化は「棒」を「つながり」として使おう、ということなのでしょう。

しかし、「棒」が「つながり」であった、というのは進化としては安直であり、他のいい表現は一体なにかありますか?と言われてしまうと答えに窮してしまうのですが、「つながり」が非常に重視されていた今作なので、別の「つながり」の表現を見てみたかったというのはわがままでしょうか。これで、テーマの考察を終わります。

手錠型端末の考察

手錠は強制的なつながり

冒頭、筆者は面食らいました。というのも、事前に「つながり」がテーマになっていた作品だった、とまでは知っていたものの、まさか手錠型端末というものを使うのは、一体どういうことなのだろうと。

手錠とは誰でもが知っている通り、なにかとなにかを”強制的”につなぐものです。そこに自由はありません。ゲーム中で言えば、「サム」は「ブリッジズ」と強制的に「つながれる」ことになっています。言い換えると、強い「つながり」を強いられるということです。

手は、何かをつかんだり、持ったり、いずれにせよ「つなぐ」という役割が非常に強いものです。「つながり」をテーマにした作品で、それを強制する装置を出すというのは、どういう意味が込められているのだろうかと考えながらストーリーを進行させていきました。

ゆるいつながりこそを大事にする

ラストの展開を見て、手錠型端末の意味は、もっとゆるく「つなが」っていこう、ということなんだと気が付きました。というのも、これは「デスストランディング」のオンライン要素についても言えることなのですが、このゲームのオンライン要素というのは誰かが使用したり建設した痕跡を利用するものでしかありません。

基本的にはそれらの「つながり」はSNSのような「いいね」によってのみコミュニケーションを取ることができます。しかし、そこにメリットはなにもありません

そうしたゲーム中のオンライン要素とも照らし合わせてみると、手錠型端末は強制的な「つながり」を拒否しよう、というものだと考えます。そのことを示唆するように、エンディングでは「デッドマン」の計らいによって手錠型端末はオフラインにされます。「サム」の居場所は、もう誰にも分りません。

デッドマンとのつながりは強制的ではなかった

そして、その「デッドマン」との「つながり」といえば、印象深いシャワーシーンでもありましたが、手錠型端末がオフになっていたときです。つまり、「デッドマン」との「つながり」は、「デッドマン」が「ブリッジズ」に所属していたにも関わらず、決して強制的な「つながり」ではなかったのです。

加えて、手錠型端末に「臍帯」を切る新しい機能が追加され、これを「BT」に対して使用すると「いいね」がもらえます。他の手段ではもらえません。「BT」の「つながり(強制的)」=「臍帯」を、手錠型端末で切り離すことで「いいね」がもらえるというのは、非常に示唆的な演出でしょう。

アメリは強制的なつながりの象徴

「アメリ」の「ビーチ」の話も、この文脈に沿って考えてみれば、「アメリ」が切り離されるというのは当然だったとも考えられます。彼女は「ビーチ」の根源的な存在です。つまり、強制的なつながりの象徴ともいえるものです。それが絶滅体だというのだから、「インターネット」によって「つながり」が変わってしまった今、強烈な皮肉に感じてしまうのは筆者だけでしょうか。

しかし、「インターネット」の「つながり」を絶滅体としてだけ提示しているわけではありません。なぜなら、このゲーム自体がゆるやかなつながりそのものだからです。そのようなゆるやかな「つながり」でもいいじゃないか、ということを伝えようとしているのではないでしょうか。

強制的なつながりから自由なつながりへ

「アメリ」の話に戻ります。「アメリ」が自分の名前の由来を話すときに「アメリカは嘘からはじまった」と言います。これも、「サム」と「ブリッジズ」の関係が嘘から始まった=手錠型端末からはじまったと考えることも可能だと思います。もちろん、「ブリジット」と「アメリ」が嘘の関係だった、ということではあります。

手錠型端末によってはじめられた嘘の関係を、それを外すことによって「つながり」ができると考えると、手錠型端末の意味が分かります。また、ラストシーンでは、手錠型端末を取った「サム」が、初めて――ポッドに入っていたからできなかったにせよ――「BB」と手を「つなぎ」、そして物語の幕が引きます。これは、強制的なつながりから解放された「サム」が、ようやく自由な「つながり」によって結ばれたことを示しているでしょう。

BBとのつながりは次代へのつながり

手錠型端末を外すことによって得られた「BB」と「サム」との「つながり」は、もちろん絆的な意味もあります。しかし、「つながり」という言葉にはもう一つの使い方があります。つまり、「サム」から「BB」へと「つなぐ」ということです

絶滅を待つまでもなく、生物は絶命します。存在は全く消滅します。しかし、次代へと「つなぐ」ことだけはできるのです。横の「つながり」と縦の「つながり」を「つなぐ」ことによって、絶滅する必要もなく進化することができる、というメッセージなのかもしれません。

考察でつながる

みなさまの考察・感想お待ちしております

以上、つたないながらも最後までプレイし終えた考察です。キーワードであった「つながり」についてのみの記事となってしまいましたが、参考になったら幸いです。また、途中苦言を呈してしまった部分もありましたが、それだけ楽しめたということでもあります。至らない部分もあるとは思いますが、プレイし終えた考察や感想もお待ちしています。

▶考察掲示板はこちら

関連リンク

デススト攻略wikiトップページデスストランディング攻略TOP
注目記事
初心者向け攻略情報攻略記事一覧 依頼の攻略一覧依頼・ストーリー攻略
基本的な遊び方(進め方)基本的な遊び方 操作方法バナー.jpg操作方法とおすすめ設定
発電機の作成とレベル上げ方法発電機の作成とレベル上げ 乗り物バナー.jpgバイク(乗り物)の乗り方
デスストランディングの評価とレビュー|感想評価・レビュー・感想 国道の作り方と必要素材画像国道の建設方法と必要素材

このゲームをプレイしている人におすすめ


ビビッドアーミー
【インストール不要】
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー

ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
勇者か魔王か2つの世界を楽しめる!放置系RPG!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
対戦・共闘がアツイ!オートバトルで気軽に遊べるダークファンタジーMMORPG

コメント

1 名無しさん19日前

設定とかじゃない考察って珍しいね

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「テーマの考察┃ネタバレあり【デスストランディング】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • 今LoL498なんですが依頼がないです…
      なんか特殊発生するものとかあったら情報願います。

    • 小島監督作品では毎度のことだけど、
      今回のデスストランディングも
      次の世代に(ゲーム作りも含め)託したい欲がストーリーからめちゃくちゃ感じ取れてしまうな。
      ちゃんとコジマプロダクションで後進が育っていいゲーム作ってくれないと、この作品に込められたメッセージって結局のとこ浮かばれない気がする。勿論ゲームをプレイしたユーザーにいい影響を受けて欲しいってのもあるだろうけど

    権利表記

    トップへ戻る