【デススト】死ぬデメリットと生き返る(帰還する)方法【デスストランディング】

死ぬデメリットと生き返る方法
デスストランディング(デススト)における、死ぬデメリットと生き返る方法を掲載しています。「死んだらどうなるの?」「帰還する方法がわからない」という方は、ぜひ参考にしてください。

死んだ時のデメリット

別の世界(ビーチ?)に移動する

サムが死ぬと、別の世界(ビーチ?)に移動します。死後の世界ではアイテム等の使用はできない状態なので、すぐに生き返りましょう。

荷物はなくならない

サムが死んでも死ぬ際に所持していた荷物は無くなりません。生き返った際に全て元どおりとなっているので、安心してプレイしましょう。

死んだ地点に帰ることが出来る

生き返ったら死んだ地点にそのまま帰ることができます。再度死んだ地点まで移動する手間が無いので、親切な設計と言えるでしょう。

サムが死ぬ条件

HP(血液)が0になる

ミュールに攻撃されたり、靴が壊れて素足の状態で歩いていたりすると出血します。そしてHP(血液)が0になるとサムは死んでしまうので、その前に「血液袋」で血液を回復しましょう。

崖から落ちる

高い崖から落ちると一発で死んでしまいます。そのため、崖に梯子をかけたり崖を通らないように迂回したりするなど工夫してミッションを進めていきましょう。

キャッチャーに襲われる

キャッチャーに近接攻撃を受けてしまうと一発で死んでしまうことがあります。そのため、キャッチャーが現れたら安全な地点まで逃げるのがおすすめです。

標高が高い雪の上で休憩して眠る

標高が高い雪の上で休憩して眠るとそのまま凍死してしまうので、雪山を抜けてから休むのがおすすめです。

生き返る(帰還する)方法

深海にいる状態で□ボタンを長押し

□ボタンで生き返る
敵にやられてしまったり、崖から落ちたりした場合は深海のような場所(ビーチ)に送られます。その状態で□ボタンを長押しすると復活することが可能です。

▼上に移動しても復活できない

深海(ビーチ)から出ようとして上に移動しても永遠に復活することはできません。生き返りたいなら□ボタンを長押しするようにしましょう。

関連記事

デススト攻略wikiトップページデスストランディング攻略TOP
注目記事
初心者向け攻略情報攻略記事一覧 依頼の攻略一覧依頼・ストーリー攻略
基本的な遊び方(進め方)基本的な遊び方 操作方法バナー.jpg操作方法とおすすめ設定
発電機の作成とレベル上げ方法発電機の作成とレベル上げ 乗り物バナー.jpgバイク(乗り物)の乗り方
デスストランディングの評価とレビュー|感想評価・レビュー・感想 国道の作り方と必要素材画像国道の建設方法と必要素材

このゲームをプレイしている人におすすめ

コメント

1 名無しさん17時間前

死んだ時に爆発して地形がえぐれたのだけどこれずっとこのまま?

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「死ぬデメリットと生き返る(帰還する)方法【デスストランディング】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[465]
      各評価軸っていうのはおそらくですが、配達ランクの判定基準だと思われます。
      時間制限があるものは配達時間で評価されるし、複数個の荷物は何個配達したかによって評価されます。
      それらの判定基準それぞれで10個、legend以上の評価を貰うということだと思います。

    • ボス、ナオミ、パス、クワイエットとMGSは自己犠牲の精神と鉄の意志で世界平和のために行動する女性キャラクターが多かったのでつい対比してしまうけど、アメリは物語のご都合を感じてしまうほどの弱さ。
      戦士は気高い誇りを持って死ねるが、為政者は腐るしかない思想を感じる。
      ブリジットとアメリを二重人格にしてブリジットを黒幕にしてそれに抗うアメリって構図にすればきれいにまとまったんじゃないかなぁとか思ってしまう。

    権利表記

    トップへ戻る