【大三国志】兀突骨 星5の評価とステータス

大三国志における、兀突骨 星5の評価と各ステータス情報をまとめて掲載しています。兀突骨 星5のおすすめ戦法やおすすめ編成も紹介しているため、兀突骨 星5の詳しい性能を知りたい方はぜひご活用ください。

兀突骨 星5の評価と基本情報

兀突骨(ごつとつこつ)の基本情報

兀突骨 稀少度 5
兵種 歩兵
陣営
コスト 3.5
攻撃距離 2

対指揮戦法の前、中衛向き武将

兀突骨は敵の指揮戦法の効果を受けない武将です。さらに毎ターン初めて主動戦法を発動した後、距離4以内の敵軍複数への物理系攻撃と対象の次の物理系攻撃や策略系攻撃のダメージを低下させます。敵への与ダメ低下と物理系攻撃を行うため、発動率が高く、準備ターンを必要としない閃撃と相性が良いでしょう。

不安な耐久面も高級兵種でカバー

兀突骨は防御が高く、物理系攻撃への体勢は十分にあります。しかし、知略値が非常に低いため、策略系攻撃を受けてしまうとひとたまりもありません。そのため藤甲兵に兵種変更することで、被ダメージを減少抑えることが可能です。また、藤甲兵は火攻状態になると暴走状態になってしまうので注意しましょう。

兀突骨 星5のおすすめ戦法

前衛におすすめ

擅兵不寡 白刃 閃撃
合衆 健卒不殆 兵無常勢
歩歩為営 - -

中衛におすすめ

励軍 閃撃 疾風迅雷

兀突骨 星5のおすすめ編成例

対指揮編成

武将 分析戦法1 分析戦法2
本営 XP木鹿大王の画像XP木鹿大王 道行険阻の画像道行険阻 攻其不備の画像攻其不備
中衛 兀突骨の画像兀突骨 励軍の画像励軍 閃撃の画像閃撃
前衛 郝昭の画像郝昭 渾水摸魚の画像渾水摸魚 白刃の画像白刃

都合よく指揮戦法をかけれる編成

自軍全体が指揮戦法に耐性のある編成です。木鹿大王はすべての指揮効果が無効なので白刃のデバフを受けず(バフも受けれない)策略系攻撃を行うことができます。兀突骨は、励軍で火力UPした閃撃を発動するコンボを組んでいますが、閃撃のみでも構いません。

蛮兵編成

武将 分析戦法1 分析戦法2
本営 沙摩柯(しゃまか)の画像沙摩柯(しゃまか) 勝兵求戦の画像勝兵求戦 一騎当千の画像一騎当千
中衛 孟獲の画像孟獲 白刃の画像白刃 反計之策の画像反計之策
前衛 兀突骨の画像兀突骨 歩歩為営の画像歩歩為営 閃撃の画像閃撃

本営を狙える蛮兵編成

前半ターンは孟獲の物理バフ、後半ターンは白刃での物理バフで戦闘中全体で安定したダメージを与えることができます。攻撃的な部隊なので、戦争時の野戦での活躍が期待できます。

兀突骨 星5のステータスと戦法

高級兵種

蛮兵の画像.png蛮兵 建築物がない領地での戦闘時、全ての与ダメージが18%増加。建築物のある領地での戦闘時、全ての与ダメージが8%減少。
-
藤甲兵の画像.png藤甲兵 火攻以外の全ての被ダメージが30%減少。
火攻のダメージを受けると自身が2ターン暴走状態。

固有戦法

戦法名 藤甲突撃
効果(初期値) 敵の指揮戦法の影響を受けず、毎ターン初めて主動戦法を発動した後に、距離が4以内の敵軍複数に物理系攻撃を行う(ダメージ率50.0%)。さらに、対象の次の物理系攻撃や策略系攻撃のダメージを25.0%低下させる。
戦法種別 受動
有効距離 1
発動確率 -
対象 自身

ステータス(最大)

攻撃 182 攻城 88
防御 219 速度 58
知略 48

※ステータスは成長値に基づいて計算し、小数点を四捨五入しているため、実数と多少ずれる場合があります。

分析戦法

分析可能戦法 一夫当関の画像一夫当関

兀突骨 星5の武将連携

武将連携できる武将はいません。

関連リンク

陣営別

魏武将.png魏武将 蜀武将.png蜀武将 呉武将.png呉武将
群武将.png群武将 漢武将.png漢武将

稀少度(レア度)別

星5.png星5武将 星4.png星4武将 星3.png星3武将
星2.png星2武将 星1.png星1武将

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「兀突骨 星5の評価とステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • かなと英数字の切り替えボタンにマスキングがかかってかな入力できなくなってしまった。

    • >>[4]失礼、137鯖です。お待ちしてますm(__)m

    権利表記

    トップへ戻る