【大三国志】渾水摸魚(こんすいもぎょ)の性能と評価

大三国志における、渾水摸魚(こんすいもぎょ)の性能と評価を掲載しています。渾水摸魚の性能や使い方も記載しているので、渾水摸魚について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

渾水摸魚(こんすいもぎょ)の性能と評価

渾水摸魚の画像

戦法種別 主動
兵種制限 弓兵/歩兵/騎兵
有効距離 4
発動確率 25%
対象 敵軍複数(有効距離内の2体)
効果(初期値) 準備1ターンの後、敵軍複数を混乱状態にする。2ターン持続。
分析可能武将
曹丕の画像 張春華の画像

敵複数に2ターンの混乱を付与

渾水摸魚は準備1ターン後、敵軍複数を混乱状態にする戦法です。シンプルですが、敵2体がターンの間行動できなくなるのは非常に強力で、S1から征服季に至るまで主力を支えています。 

始計+渾水摸魚が強力

渾水摸魚は敵の攻撃で洞察効果を得られる始計と相性の良い戦法です。前衛、または中衛の武将に習得させると準備ターンを邪魔されずに敵を混乱にすることができます。 

また、始計+渾水摸魚と本営の撃勢を組み合わせた盗賊編成は現在非常に人気のある編成です。

始計+渾水摸魚と相性の良い武将

諸葛亮の画像 S2龐統の画像 SP荀攸の画像 荀彧の画像 S2陸遜の画像 孫権の画像 張寧の画像

渾水摸魚を積むことが多い武将

S3諸葛亮の画像 XP関羽の画像 SP徐庶の画像 郝昭の画像 曹丕の画像 張春華の画像 賈詡・魏の画像 S2郭嘉の画像 荀彧の画像 XP徐晃の画像 周瑜の画像 XP木鹿大王の画像 XP張機の画像

関連リンク

戦法一覧.png

指揮画像指揮戦法 主動画像主動戦法
追撃画像追撃戦法 受動画像受動戦法
wikitopに戻る.pngWikiTopに戻る

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る