【大航海時代6】委任航海のやり方・メリットを解説!【ウミロク】

▶新キャラクター(航海士)情報を掲載中!
ハロウィンエミリー
ハロウィンパラケルスス / ハロウィンオマリー

▶Twitterにて攻略情報・プレイ状況を公開中!
攻略班Twitter

委託航海のやり方のバナー画像

大航海時代Ⅵ(大航海時代6,ウミロク)における、委任航海のやり方・メリットなどを解説しています。委任航海をする方法、委任航海のメリットを知りたいという方は、是非ご覧ください!

委任航海をするには?

①2つ目の艦隊を解放する

第二艦隊マークの画像

委任航海を利用するには、爵位を「七等勲爵士」まで昇格し、2つ目以降の艦隊を解放する必要があります。

爵位昇格後、商館の下側にある「船マーク」にて「ドゥカートジュエル(艦隊数に応じて変化)」を消費することで解放できます。

※ 艦隊を解放するには、編成可能な航海士・船を所持している必要があります。

②目指す地点(港)を決める

目標地点(港)の画像

艦隊を選んだ後に「航海準備」から目指す地点(港など)を選択し、画面右下の「委任航海」をタップしましょう。この際、選択した地点が遠い場合、到達までに必要な時間消費ドゥカートが増加します。

▼編成中航海士(船)のパラメータに応じて消費量が変化!

交易パラメータの画像

委任航海では、艦隊編成(航海士・船)の航海関連パラメータに応じて、航海時間消費ドゥカートが変化します。

航海に関するパラメータが高ければ高いほど、少ない消費で委任航海を行えます。

③内容を確認して「委任航海」をタップ!

委任航海の画像

「委任航海(航海準備画面)」をタップすると、画面に「目的地名必要な航海時間消費ドゥカート」が表示されます。内容を確認した後、確認画面下側の「委任航海」をタップすれば開始となります。

委任航海時間(画面右下)が経過すれば、目標地点に到達した状態から艦隊を操作できます。

※ 委任航海中の艦隊は、委任航海が「終了・中止」するまで編成変更できなくなります。
※ 委任航海時間は、勅許状(ジュエル)消費で省略(即完了)可能。

委任航海を行うメリット

行きにくい場所への移動に便利

マダカスカル地方の画像

委任航海では、一度訪れた港ならどこでも利用可能かつ、航続等が低くても目標地点へ移動可能です。

「目標地点が拠点から遠い」「航続・耐久が持たない」などで、クエスト進行できない場合には、是非利用してみましょう。

同時航海も可能

同時航海の画像

委任航海は、複数の艦隊同時に利用することができます。メイン艦隊でストーリーを進めながら、サブ艦隊で交易を行うなど、別々の航海を同時に行いたい場合におすすめです。

大航海時代Ⅵ お役立ち記事一覧

▼システム解説記事一覧▼
アイコン画像1交易品の入手方法 アイコン画像2委任航海のやり方・メリット
アイコン画像3ギルドに入る方法・メリット アイコン画像4ギルドリクエスト・寄付のやり方
アイコン画像5船を建造するには? アイコン画像6港の投資レベルを上げるには?
アイコン画像7爵位を上げるには? アイコン画像8効率的なドゥカートの集め方

↺ お役立ち記事一覧へ

コメント

2 名無しさん28日前

航海士や船を外したり解散できなくなった!

1 名無しさん約1ヶ月前

任意航海時間掛かりすぎっしょ(笑) また、目的地に着いたら、自分で物を売らないといけないし……Ⅳのシステムみたいに海域任せて自動で交易や海戦するシステムにして欲しかったわ。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「委任航海のやり方・メリットを解説!【ウミロク】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 造船で初めてEpic級(アクヒサル)が出た!
      …が、欲しかったのはコレジャナイ感。
      交易船として優秀なのは判るんだけど積載14にするにはRank上げないとだし、そもそも交易船のLv上げは手間がかかりすぎる。なんとかしてー。

    • 【造船結果】ゴールデンハインド
      【造船場所】アレクサンドリア
      【造船素材】真鍮・真鍮・真鍮・ポルトガル戸棚・チキンパイ
      【時間】23時間
      【コメント】大工本気
      【備考】

    権利表記

    トップへ戻る