大航海時代Ⅵ攻略Wiki

大航海時代シリーズの最新作「大航海時代Ⅵ(ウミロク、大航海時代6)」がスマートフォンアプリとして登場します。先日実施されたクローズドβテストでの感想・大航海時代Ⅵと過去作との違いなどを紹介しています。

大航海時代シリーズの最新作「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」がスマートフォンアプリに登場!

大航海時代Ⅵの画像
2019年7月22日より、コーエーテクモゲームスの大航海時代シリーズ最新作のスマートフォンアプリ「大航海時代Ⅵ」が発表!

発表と同時にクローズドβテストの募集も始まり、2019年7月29日から7月31日までの間、テストプレイが実施されました!

クローズドβテストへ参加してきました!

クローズドβテストの画像
本記事では、クローズドβテストに参加した感想や、過去作と「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」との違いなどを紹介していきたいと思います。

舞台は「さまざまな時代の世界各地」

パートナーの画像
「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」の舞台は、さまざまな時代の世界各地となっています。(日本も登場するようです!)

ストーリーを進めていくと、複数のパートナーが選べるようになり、各パートナー毎に拠点の場所が変わります。ゲーム最序盤では、大航海時代シリーズでお馴染みの「リスボン」が拠点となります!

地球儀の画像

▲主人公(プレイヤー)達は、不思議な地球儀に導かれるまま、過去の世界各地を冒険していくこととなる

クローズドβテストでは、進行範囲に制限が掛かっていましたが、パートナー毎(8人?)にストーリーが展開されるため、メインストーリーだけでもかなりのボリュームが予想されます!

3本柱を継承しつつ、スマホゲームとして進化!

拠点となる商館を軸に「交易」を行う

商館の画像
「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」では、プレイヤー拠点である「商館」の経営がメインコンテンツとなっています。「商館」内では、建物の建築やアイテム(交易品)の生産などを行え、プレイヤー自らが商館の開拓を進めていきます。商館内で生産した交易品で各港・他プレイヤー間での売買、生じた利益(ドゥカート)でさらなる商館の開拓を目指します。

上述した「パートナー」を変更すると、世界地図内の商館(拠点)位置、周りの地域(港)、帰還場所が変化します。

リアルタイム操作で戦う「海戦(バトル)」

海戦の画像

▲アクションが苦手という人も安心のオートバトルを搭載

「大航海時代Ⅴ」では半自動化の海戦(バトル)でしたが、今回の「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」では、リアルタイムでプレイヤー側が操縦・砲撃を行うシステムとなっています。船の種類によって、被ダメージの相性・風向きによる挙動が変わる仕様となっています。

また、クローズドβテスト内では、ナンバリング作品で初となるマルチプレイ(2対2)で戦うリアルタイムバトルも開催されていました!

新要素 + コレクション性のある「探検」

探検の画像
「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」では、「探検」として、すごろく形式で進む「探検地」が用意されています。カード選択で進行マス数を決め、最終マスの敵を倒せばクリアとなります。

また、探検クリア時の報酬である「発見物」はコレクション性のあるやりこみ要素の一つとなっているようです!

空いた時間・好きな時間でプレイできる

今作の「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」では、前作の「大航海時代Ⅴ」に比べて行動力スタミナなどの概念が少なくなっています。交易品の生産・港との交易なども好きな時間に行えるため、仕事合間などの空いた時間にもプレイしやすいと思います。また、行動できる範囲や要素も多いため、がっつりプレイしたいという方も十分に楽しめるでしょう。

やり込み要素も充実!

探検や海戦を行って、艦隊の育成をするもよし、交易ルートを開拓して金(ドゥカート)を稼ぐもよし、PvP(海戦イベント)で上位を目指すもよしと遊び方は無限に広がっています!

まとめると

「大航海時代Ⅵ(大航海時代6)」は、今までの大航海シリーズと同じ3本柱となる要素を継承しつつ、スマートフォンアプリとしても遊びやすかったです!

大航海シリーズを初めてプレイする方でも手軽に楽しめるだけでなく、やり込み要素も充実しているため、「大航海シリーズをやり込んだ!」という方にもおすすめできるタイトルです!

記事・書き込みへのご意見はこちら
記事・書き込みへのご意見
ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
記事をより良くしていくために、「大航海時代Ⅵ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

ランキング

権利表記

トップへ戻る