【BDFE】ネタバレ注意!ストーリーまとめ【17章】

BDFE攻略@Game8 Twitterアカウントはこちら!

BDFE2周年の情報はこちら!

装備構成に特化した掲示板はこちら!

BDFE(フェアリーズエフェクト)における17章のストーリーをまとめております!(ネタバレ注意です)全体の流れや登場人物をまとめているので是非参考にしてください!

ストーリーまとめ記事
16章 18章

17章ストーリーまとめ

ストーリーまとめのバナー

17章登場人物

主人公の画像主人公リンネの画像リンネ ・宿敵レイコックと決戦!
リズの画像リズエースの画像エース ・エースは「光の連合」の新政権に不満な様子
・レイコックの理念に興味を持つ
レイコックの画像レイコック ・主人公との決着をつけるため、一人決戦の地へ出向く
ワーレンの画像ワーレン ・血斧死の将
・ある出来事からレイコックに対する迷いを見せる
シェリーの画像シェリー ・法王アニエスに従う筆頭秘書官
・主人公に囮役として協力
ジャンの画像ジャン ・正教騎士団三銃士
・主人公の作戦に協力する

ざっくりストーリー説明!

第16章ではレイコックと主人公の決着を中心に語られた章です。

前章でモーリスを狙って襲撃をしてきた血斧騎士団たち。その背後には時間遡行したレイコックがいたことを主人公たちは知ることになります。

レイコックは秘匿したクリスタルから、「光の連合」の各国君主の先祖(モーリス、ウネリ、ゲキテツ父娘、シェリー)を狙い始めたことを考えます。そこで主人公はレイコックに罠をしかけ、おびき出すことを提案します。

主人公はシェリーに囮を頼み、正教騎士団と協力してカーム山でレイコックとの決着をつけることにします。

一方でワーレンは、主人公が伝えたキシンとグアナの遺言に迷いを見せていました。「血斧に縛られるな」との遺言と、キシンたちが新たなクリスタルを作る主人公を助けていた事実を知り、レイコックとの仲に亀裂が。結果的にレイコックは単身でカーム山へ向かいます。

未来の世界では「光の連合」による新政権にエースは不満の様子。レイコックと問答した際に知った「人の英知でクリスタルを管理する」思想が今後の世界で重要だと感じ、各国の首脳に説いて回っているそう。

そして、カーム山で待ち伏せた主人公とレイコックが遂に対峙。レイコックは印を解き放ち「鉄騎の神」と変貌するも、激闘の末敗北。レイコックの遺体は、突如発生した赤い渦に飲み込まれていきました。

レイコックとの決着をつけた主人公でしたが、未来の世界ではクリスタルに異変が。クリスタルに取り憑いた巨大な蟲の謎を残し、17章は幕を閉じました。

攻略班の声
image.png 遂に迎えたレイコックとの最終決戦!
「血斧騎士団との絆」や「鉄騎の理念を貫く姿」に、絶対的な悪ではないレイコックの一面を見せてくれました。(´;ω;`)
その一方で、クリスタルに取り憑いたセミ蟲の正体とは…!?

詳しいストーリーの流れ

17章のストーリー詳細

ストーリーの流れ
式典の襲撃でレイコックの襲撃を受けたことをエースに話した主人公。モーリスを標的にしていたことから、ウネリら光の連合の各国君主の先祖が狙われていることを考えます。
襲撃はたまたまジョバンニとステイシーや砂漠の自警団が駆けつけてくれたことから防げたものの、レイコックの下にはどれほどの戦力がいるのか不明なため、安心できないでいました。
アジトに戻ったレイコックとワーレンはジュウゾウの亡骸を葬っていました。そんな中、ワーレンは血斧六の将・キシンと血斧十三の将・グアナが主人公と戦い、遺言を残していたことを話します。
グアナが遺した「血斧に縛られるな」という遺言の真意についてワーレンが相談しますが、レイコックは会ったこともない者の言葉を分かるはずもありません。ワーレンはキシンのアジトがあったフロウエルへと旅立ちます。
キシンのアジトに着いたワーレンは、グアナの部下と話します。そこでキシンとグアナは次代のクリスタルを育む主人公に強力したこと、ロマックにより2人は操られ、主人公と戦ったことを聞きます。
ワーレンは崩落したアジトを後にすると、レイコックにその経緯を話します。クリスタル正教の配下である血斧騎士団がクリスタルを守ることに、レイコックは理解を示して攻めませんでした。
しかし仲間が命がけで守ったクリスタルをレイコックが破壊しようとしている事実に、ワーレンは迷いを隠せません。2人の間には溝ができていました。
主人公はエースが会話していたある日、居眠り中のリンネは老賢者と出会った頃の夢を見ます。老賢者は「漆黒の海に沈んでしまう」場所からリンネを外の世界から連れ出そうとしていました。
一方エースは光の連合の4ヵ国が世界政府となって争いのない世界を確立することに異議を唱えていました。世界平和という理想論に喝を入れようと暴走気味のようで、リズは苦労しているそう。
その後、主人公の元にエイゼンベルグで血斧騎士団の目撃情報が届きます。血斧騎士団員を捉えて話を聞くと、ワーレンの下から逃げ出してきたとのこと。リンネはレイコックの次の目的や部下の数を聞き出します。
捉えた血斧騎士団員から明確な答えは得られませんでしたが、レイコックの下にまとまった戦力がないことははっきりしました。レイコックとワーレンの仲が良好でもないことも知った主人公は、レイコックをおびき出す作戦を考えます。
ゲキテツ父娘にはジョバンニ、ウネリにはステイシーが護衛し、シェリーを囮にすることに決めた主人公はガテラティオへ。シェリーは快諾し、主人公にカームの地へ足しげく通うよう策を講じます。
シェリー自身もカームへの視察の許可を何度も申請すると言います。どうやら教団内に未だ血斧騎士団と繋がっている者がいるらしく、カームの地へ関心を向けている情報を敵に流すことを提案してくれました。
そんな中、エースは過去の時代のクリスタル観について主人公に聞きます。そんなことを聞く理由は、かつてレイコックと交わした問答が原因だとリズは話します。
クリスタルを信奉する「クリスタリズム」に対して、「アンチクリスタリズム」は信奉を反対する思想ではなく、人の力でクリスタルを管理しようとする思想のことでした。エタルニア公国がアンチクリスタリズムの急先鋒と言われています。
一方クリスタル正教で「クリスタリズム」を提唱しているのはごく一部。法王アニエスは闇の大穴を滅する冒険でクリスタルを信じきる危険性を体験したことから、公国の価値観との両立・共存を試しているようでした。
「アンチクリスタリズム」の思想が、レイコックの発言と同じであると語るエース。レイコック曰く、クリスタルの恩恵で繁栄した文明もクリスタルの恩恵以上に負担が増えれば、為政者たちは正義や大義の名の元に命を刈り取り始めると言う。
かつてのクリスタル正教やエタルニア公国、鉄騎同盟がそうだったように、争いは繰り返される。光の連合による新政権がクリスタルに縋るだけでは駄目だとエースは語ります。鉄騎同盟の思想を四六時中考えるエースに、リズと主人公は心配していました。
その頃ワーレンの調査によって、主人公とシェリーがカームの地に動きを見せていることがレイコックに報告されます。3日後にシェリーはカームへ訪問することが決まり、レイコックはそれに合わせて襲撃することを決めました。
そしてレイコックは「好きにしていい」とワーレン言い放ちます。何か言おうとするワーレンにレイコックは、アジトへ訪ねてくる石工への代金支払いのため留守を頼みます。元々ジュウゾウが集めた資金をレイコックは血斧騎士団に返し、アジトを後にします。
アジトへ訪ねてきた石工に代金を支払おうとするワーレン。しかし石工はレイコックから請けた石碑作成の原稿の誤字を確認してもらいに来たと言います。その原稿には「血斧騎士団、忠烈之碑」と書かれ、ワーレンら血斧騎士たちの名が。
レイコックはこの石碑を至急仕上げるよう国中の石工に依頼していました。「命を賭して協力してくれた血斧騎士団を歴史の中に遺したい」とレイコックは石工に語ったそう。ワーレンは代金を渡すと急いでレイコックの元へ向かいます。
カーム山の近隣住民を避難させ、待ち構えるシェリーと主人公。何故かいるミストは8000年を越えた鉄騎同盟と光の連合の決着に興奮し、「こんな日は、赤い渦でも現れるんじゃないか」と呟きます。山のふもとではジャン率いる正教騎士団が兵を伏せていました。
そしてついにレイコックが現れます。罠だと気づくもシェリーの命を狙い、戦いを挑むレイコック。その背後にジャンが現れ、投降を勧告します。しかしジャンの前にはテレポでかけつけたワーレンが姿を現し、ジャンを止めます。
レイコックは8000年越しの決着をつけるため、黄金の懐刀を手に主人公へ向かいます。激闘の最中、レイコックは一人で未来を変えた主人公を讃えます。しかしこの世界で出会った多くの仲間と助け合ったことをリンネは叫びます。
この時代でできた仲間のために戦う…この時代で仲間を得たレイコックは微笑みます。そして血斧の力である「死神の印」を奮うワーレンを見て、レイコックもまた鉄騎の印を使うことに気づきます。
ストーリー17-37レイコックが解き放ち、そこに現れたのは「鉄騎の神」と名乗る禍々しくも神々しい存在。ルーディスの守り神と語る者が放つ圧倒的な力と、主人公は対峙します。
主人公が戦いを制した時、レイコックが元の姿へと戻っていきました。肩口に黄金の懐刀が突き刺さったレイコックは、それでも歩みを止めません。鉄騎の理念を潰えんとするレイコックに、リンネはエースやリズのことを話します。
光の連合の新政権に鉄騎の理念である「人の英知によるクリスタルの管理」を説こうとエースたちが奔走している。それを聞いたレイコックは歩みを止めます。しかし主人公との決着をつけるため、最後の力を振り絞ろうとした時でした。
ストーリー17-38黄金の懐刀を肩から引き抜いて振りかぶろうとするも、レイコックは力尽きます。しかし突如として赤い渦が発生し、倒れゆくレイコックの身体を飲み込んでいきました。
その晩、エースとリズに戦いの結末を報告した主人公。レイコックの死体は残らなかったものの、生きているとは考えられませんでした。一方未来の世界では、ロンタリウス伯の遺児が投降したといいます。
光の連合の首脳部は遺児を処刑するという意見もありましたが、エースが猛反対。エースは遺児を預かり、主君モーリスの太子であるモリガンのお側につけるとも話していました。
そして光の連合が新たなクリスタルを祀る神殿の建設を進めていた時、エースから新クリスタルに巨大な蟲が取り憑いているとの報告が…。

BDFE 関連リンク

キャクター相関図&キャラクター紹介
キャラクター相関図キャラクター相関図&キャラクター紹介
各章別の一覧
1・2章のアイコン1章まとめ 1・2章のアイコン2章まとめ 3・4章のアイコン3章まとめ
3・4章のアイコン4章まとめ 5・6章の画像5章まとめ 5・6章の画像6章まとめ
7・8章のアイコン7章まとめ 7・8章のアイコン8章まとめ 9・10章のアイコン9章まとめ
9・10章のアイコン10章まとめ 11章の画像11章まとめ 12章の画像12章まとめ
13章の画像13章まとめ 14章の画像14章まとめ 15章の画像15章まとめ
16章アイコン16章まとめ 17章アイコン17章まとめ 18章アイコン18章まとめ
19章アイコン19章まとめ 背景バナー.PNG外伝1章 外伝2章背景の画像.PNG外伝2章
外伝3章背景バナー.png外伝3章 外伝4章背景.PNG外伝4章 第2部1章バナー.PNG2部1章

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ネタバレ注意!ストーリーまとめ【17章】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る