【BDFE】ネタバレ注意!ストーリーまとめ【13章】

BDFE(フェアリーズエフェクト)における13章のストーリーをまとめております!(ネタバレ注意です)全体の流れや登場人物をまとめているので是非参考にしてください!

ストーリーまとめ記事
12章 14章

13章ストーリーまとめ

ストーリーまとめのバナー

13章登場人物

主人公の画像主人公リンネの画像リンネ ・クリスタルを過去の人物に託すことで未来まで繋げてもらうことを計画!
・13章ではウネリにクリスタルを託すことを計画する
リズの画像リズエースの画像エース ・各国首脳達にクリスタルの防衛の重要性を説く
・主人個やウネリが繋いでくれた水のクリスタルの保護に向かう。
レイコックの画像レイコック ・8000年前に遡る
・ケデスを利用し預言者として仕立て上げる
・ケデスの存在を広めるため行動に移る
ロマックの画像ロマック ・丁度キシンのアジトにコンタクトしようとしていた
・キシンやグアナを利用し洞穴内で主人公を追い込む
ウネリ ・ユルヤナの弟子でアスタリスク盤の研究をしている
・水のクリスタル継晶時に知り合う
・主人公からクリスタルの核を託される
ケデスの画像ケデス ・本で一発当てようとする青年・レイコックに詰められ預言者として本を執筆する
ジュウゾウの画像ジュウゾウ ・レイコックに協力体制
・印を出したレイコックとかつて世話になった者を重ねている。
キシンの画像キシングアナの画像グアナ ・アジトで待機しているが主人公が現れてんやわんや
・主人公達の計画を知り、心うたれる
・ロマックに精神を取られビースト化

ざっくりストーリー説明!

13章はレイコックの暗躍・水のクリスタルの秘匿が語られる章です!
12章の終わりでなぜか過去の世界に移動したレイコック(12章40のタイトルが2人のレイコックである点。私...気になります!)は8000年先でも後世に残っている本「負けるなバニィ」を使って過去から未来に情報を発信をしようと企みます!主人公が想いの欠片で通信しているのに対し自分も過去を変え、それを後世に伝えることで出し抜こうとします!

また、主人公は水のクリスタルの秘匿をウネリの託すことにします。ウネリは初め非力な自分に守りきれるのか?と躊躇しますが秘匿するということなら協力できると言い、場所を提案してくれます!
ところがウネリが提案した洞穴は血斧騎士団キシンがアジトとしている場所でした。(5章でもこの地で血斧騎士団と出くわしていましたね!)

血斧騎士団キシン・グアナとの戦いは計画を話すことで終了しました。血斧騎士団はクリスタル正教に属し、クリスタルを守る立場の人間で、その信念を持っているためです。次代にクリスタルを育まんとする主人公達の計画に感じ入ってくれます。

ロマックの襲撃により、キシン・グアナがビースト化させられる&洞穴が崩れ落ちる事態に陥りますが、キシン・グアナが身を挺して主人公一行を守ってくれたことでなんとか洞穴を脱します。未来ではウネリがクリスタル盤を通じて子孫にクリスタルの秘匿場所を伝えることでリプロウエル姫君主が場所を察し、敵部隊よりも早くクリスタルを保護することに成功します!

攻略班の声
image.png モーリスのときもそうですが、8000年先まで意思を繋ぐってとんでもない大義ですよね。
そしてキシンとグアナのラストは感動です。今まで敵として出現でしたがけして悪では無く、それぞれがあくまで自分の正義のために戦っていたんだなと痛感しました。ただし、ロマックあなたはダメだ(怒)

詳しいストーリーの流れ

13章のストーリー詳細

ストーリーの流れ
風のクリスタルの各を過去の時代で隠し、元の世界でレイコックの魔の手から守り抜いた主人公一行。それにより、エース・リズもレイコックの襲撃を逃れました。そしてエースは主人公に「他のクリスタルはどこに秘匿しているのか?」と訪ねました。
レイコックよりも先に元の時代でクリスタルを発見したいが、光の連合は皆、エスタールの地に集結していました、鉄騎同盟を倒す好機にどこいあるのかもわからないクリスタルを探しに人員をさこうとしなかったのです。しかし実際のところ1つでも新結晶を奪われてしまったら、劣勢になってしまう危険がありました。
各国の首脳と進行のあるエースは新しいクリスタルの防衛の重要性を説くことを目標に、私は風のクリスタルと同様に継承の儀キッカケとなった人物に各を託すことでクリスタルを守ろうとします。まずは水のクリスタル!人物はウネリでした。
私はウネリに会いにリップルの街へ向かいます。ウネリは私達を見るや否や、挨拶もそこそこにアスタリスクのイメージを見せてほしいと言いました。「謎だった部分が解明した」私のアスタリスクのイメージを見てそう言ったウネリの目の下にはクマができていました。痛々しく思ったリンネは私に仕組みを説明してやるように頼んだが、ウネリは慌てて断りました。
朝霧を住人の叫び声が切り裂く。どうやら、村の入口に魔物が現れたらしい。私は魔物退治役を、リンネはウネリに未来のことを相談する役を負うことにしました。戦いから戻ると話はあらかた終わっている状態でした。
ウネリは未来の話を聞き、自らが追い求めているアスタリスク盤の完成を予言された喜びを同時に、私からの頼みの重要さに慄いているようでした。幸いウネリは核が大クリスタルに成長する事を知っていた。そんなウネリに私は「この水のクリスタルを預かって欲しい」と頼みました。
リップルの街からの帰り道、私とリンネの反省会が開催されました。ウネリは水のクリスタルを預かってくれなかったのでした!ウネリのような研究者の前で8000年先の未来からやってきたことやウネリ私のご君主の先祖に当たる事など、到底実証できないことを明言してしまった点が蛇足であったのでは?と私は思うのでした。
ウネリは私達の事を信用できなくて断ったのでは無く、人類にとって宝となるクリスタルの核を自分が預かって守り通せるのか?となんども自問自答した結果それが叶わないと判断したのでした。
【血斧騎士団】キシンのアジトにワーレンからの連絡が届きます。「叡智の書」はなにぶん昔の話であったため書を入手した者と進行のある人物に会いに行くとの連絡でした。
【ロマック】ロマックは部下を使い、領していた荘園を調査させていました。しかし図既に人の手に渡ってしまっている事を知り激怒します。アニエスがロマックの領地を差し押さえている。。カーマイン筆頭書記官の入れ知恵に違いない!ロマックが葉を噛み締めている中、1人の従者(覆面の男)がそれを否定しました。ロマックの領地を差し押さえているのはかつての朋友、長老会の面々であった。
【ロマック】「1度躓いた者には手を差し伸べてはならぬ」それは皮肉なことにロマックが長老会時代、得意げに語っていた一説でした。ロマックは一番近い荘園に身を寄せることに、そこには血斧騎士団のキシンが潜んでいる情報を掴んだため合流を狙います。
【レイス・アナゼル】レイスは血斧騎士団を騙る(うまいことをいって操る)者の存在についてアナゼル・ディーに報告しました。どうやら血斧を騙る者達はフィオーレ・ディローザの行方を探しているらしい。アナゼルは極力声を潜め話していたが、通りかかったブレイブの耳に入リます。ディローザは現在職員名簿で名を連ねているという。
【レイス・ブレイブ・アナゼル】話題は血斧騎士団の生き残りにシフトします。キシン、その名にブレイブが反応します。大きな戦いには必ずと言っていいほどキシンが参戦している。同じエタルニアの生まれで歳も近いブレイブはキシンの輝かしい戦歴を嬉しそうに語っていた。
【レイコック】同じ境遇である自分と主人公の違いはなにか...それは未来に何かを伝える術があるかどうかレイコックは自問自答します。※レイコックは何らかの方法で過去に遡っています。ジュウゾウの口にした"本でも出版して後世に残してみては?"という冗談をキッカケに本に注目します。レイコックが手にしていた本には「題名:負けるなバニィ・著者:石版の預言者ケデスによる創作」と書かれていた。
【レイコック】預言者ケデスは"赤鬼を連れた金髪の者"から啓示を受け数々の天変地異を言い当てる予言をした人物であるという。赤鬼=ジュウゾウ?、金髪=レイコック?二人は負けるなバニィの内容に沿ってケデスに会いに行きます。2人はケデスに会い、これから預言書を執筆する事を命令します。必須事項としてレイコックが把握している大きな歴史変動を示したものを教えます。
【レイコック】さらにレイコックはケデスに負けるなバニィを文末を少し書き加え自身の名前で出版する事を命令します。これにより、後世にはケデスが書き残した物として伝わります。書き加えた内容は主人公に向けたもので「その時代にお前の本当の敵はいない」「書見台に背を向けて己の人生を思うかべよ」でした。
【主人公】エースが負けるなバニィを主人公達に紹介します。そこで著者の名前が未来では変わっている事に気づきます。ユリアニスの作品を奪ったケデスとは一体何者なのだろうか??私は疑問を持ちます。
【ウネリ】ウネリにとってアスタリスクの研究は1pqにもならないものでした。そのため、自宅を改装し私塾を開き生計を立てていました。最近のウネリはアスタリスクだけでなく、水のクリスタルについての考えを奪われることに悩んでいた。次代にクリスタルを誕生させ、育む事は人類にとっての責務ともいえよう...
【フロウエル】フロウエルについて語られます。
・艷花の国と呼ばれ女性しか定住を許されない国であった
・中心街との辺境の落差が大きかった。
・ブラッドローズ隊が撤退してからは緩やかに男性の定住も認められる様になってきた。
【ウネリ】リップルタウンの町は中心からかなり距離があり、識字率は決して高いとはいえなかった。また、ウネリはアスタリスクの研究者と言えど、どの国家の後ろ盾のない私設の研究者に過ぎなかった。この片田舎で私塾を営むだけの自分に守り通す事ができるのか?
【ウネリ】ウネリの脳裏にクリスタルを守り続けるのではなく、しかるべき安全な場所に秘匿すればよいのではないか??そしてウネリは生まれ故郷であるノースエル連邦の名を思い出します!元々未完成のアスタリスクを秘匿するつもりであった洞窟が思い浮かびます。
【主人公】ウネリに呼び出され、まず言われたのがなぜ自分に預けようとするのか?であった。理論を大切にするウネリらしい推論でした。
 【主人公】私達はウネリに全てを包み隠さず話しました。研究者として狼狽を隠せないようであったが、私が展開してみせたクリスタルの展開イメージは本体途方もない年月をかけなければ導き出せないものであったので遠い未来を知るものであると過程できると言った。
【主人公】そしてクリスタルの育むのは人類の急務である、その核を秘匿する事ができる場所へ案内しようと思いますを提案してくれます。
その場所とは、以前ウネリがユルヤナの弟子から未完のクリスタルを持ち出して逃げ込んだ場所でした。と同時に血斧騎士団と遭遇し、壮絶な戦いをした場所だと気づきます!「イスタンタールの冒険者が現れた」キシンのアジト側も蜂の巣を叩いたような騒ぎになっています!
グアナキシン1ウネリは幼いころに過ごした記憶を頼りに主人公達を目当ての洞窟まで案内しました。洞窟内には見覚えのある光景と、見覚えのない武具が並んでいました。ウネリが案内した洞窟がキシンの現在のアジトだったのです!一旦洞窟から出ようとするものの、グアナが立ちはだかっています!
グアナはシェリー襲撃の追ってとして考えており、キシンはクリスタル正教の闇の部分を知る自身を口止めするためにアニエスが私を遣わせたたと考えています。
激闘の末、キシンとグアナが膝を付いた。我ら二人でも他が絶たぬ。キシンがつぶやきます。グアナはまだ諦めておらず自身を解放しようとします!リンネはそんなグアナを必至に止め、私達がここにたどり着いた経緯を話しました。
私が刺客だと妙な勘ぐりを入れていた2人は拍子抜けの表情を浮かべます。さらにクリスタルの計画についても話すと2人は大いに驚きを示しました。正教の血斧騎士団はクリスタルを守護する立場ではありましたが、クリスタルを育むなどという思考は持ったことはありませんでした。私達の計画に感じ入ったキシンは道を譲りました。
ビースト化洞窟の奥は想像以上に広く、クリスタルが成長しても十分な空間でした。モーリスの時と同じく儀式を済ませる私達。
しかし!ウネリの祝詞を遮る雄たけびが洞内に響き渡ります!やってきたのはキシンとグアナでした。キシンもグアナも正気を保てていません。「逃げよ」私はキシンの人としての最期の叫びを聞きました。グアナに次いでキシンも魔物に変化していきます!
激闘の末、人の姿に戻す事ができましたが2人はかなりの深手を負ってしまいます。どうやらロマックが現れ「血の誓い」を使用し、2人を強制ビースト化させ私を襲わせたらしい。状況確認の最中、突然洞穴内が揺れ始めます!どうやらロマックが洞穴入り口の「要石」を外してしまったらしい!!
キシン私達はまず、儀式を無事終了させます。キシンは私達に脱出を促し、グアナに先導を命じました。キシンは満身創痍で立っているのも苦しい状態でした。グアナもまた...キシンは死にゆく部下に最期にやるべきことをやって死ねと気力を必至につなぎとめ命じます。
グアナは自身の傷を省みず私達を先導して走りました。背後にキシンの大きな気が満ちそして消えていくのは感じ取りました。落下してくる岩からウネリを守るためにグアナの手甲は血に染まっていました。鍾乳洞を抜け、キシン立ちのアジトに駆け込むとやはり要石は何者かに砕かれていました。
突然、天井が崩れ落ち私達の頭上に迫ってきます!恐る恐る目を開けると落下してきた大岩をグアナが支えている!どれほどの重さなのか...?屈強なグアナの手足が小刻みに震えます。「ほら、行けよ...ここは俺の見せ場なんだ...邪魔すんなよ」グアナの勇姿に頭を下げウネリとリンネが走り出します。
グアナは私にワーレンへの伝言を頼むと...最期の力を振り絞りました...私はグアナの姿をまぶたの裏に焼き付け崩落する洞穴を後しました...
リプローエル入りしたエース達からルーディスの隠密部隊よりも早く新水晶を確保できたと報告を受けました。水の新水晶は無事に大水晶となり、豊かな光を放っていたという。祭壇の前には錆びた大剣が突き立てたれ、周辺には大柄な甲冑と遺骨が散乱していたという。私はエース達に8000年もの長い間クリスタルを守り通した武将はキシンといい、そこから西へ進んだ先に埋まってる者はグアナであると告げました。
エースは未来の世界を救ってくれたにも等しい2人を丁重に弔うことを明言し、リズも深く頷きました。8000年から水のクリスタルを守ったのはグアナ・キシンだけではなくウネリもでした。
アスタリスク盤ウネリが晩年に完成させたアスタリスク盤には余白があり、そこはアスタリスク研究者の後世に伝えるべき注意書きが書き込まれていた。そこに問題の記述がありました。「至宝は古のノースエルにあり」
ウネリのメッセージはその子孫に伝えられ、アスタリスク盤の余白の中に書き込まれ現在の水の姫君主アスター56世の目に留まったのでした。私は身を挺してクリスタルや私達を守ってくれたキシンやグアナ達に改めて感謝し、ウネリを信じた自分を誇らしく思いました。

BDFE 関連リンク

キャクター相関図&キャラクター紹介
キャラクター相関図キャラクター相関図&キャラクター紹介
各章別の一覧
1・2章のアイコン1章まとめ 1・2章のアイコン2章まとめ 3・4章のアイコン3章まとめ
3・4章のアイコン4章まとめ 5・6章の画像5章まとめ 5・6章の画像6章まとめ
7・8章のアイコン7章まとめ 7・8章のアイコン8章まとめ 9・10章のアイコン9章まとめ
9・10章のアイコン10章まとめ 11章の画像11章まとめ 12章の画像12章まとめ
13章の画像13章まとめ 14章の画像14章まとめ 15章の画像15章まとめ
16章アイコン16章まとめ 17章アイコン17章まとめ 18章アイコン18章まとめ
19章アイコン19章まとめ 背景バナー.PNG外伝1章

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ネタバレ注意!ストーリーまとめ【13章】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[372]
      どれも楽しいですけど、
      ・通常・必殺のリロードが早く回避が高いのがシーフ。火力職、と呼ばれています!
      ・黒魔道士も火力が高く火力職と言われています。リロードに少し時間がかかるのと、BPの消費が高いかもしれません。が、正直ものすごく強力です!通常攻撃で全体にダメージを与えるものもあります。
      ・戦闘において、すごく頼りになるのが白魔道士です。自分・味方の状態異常(デバフ)を直したり、能力を上げたり回復したりできます!が、攻撃力は低めですね。
      ・狩人は敵の能力ダウンを行える職業です。攻撃力は火力職に比べれば低いですが、相手を状態異常にしてしまえば、伸びます!!強敵相手では絶対に必要になってくる職業ですね!
      ・ナイトは一人でも頑張れちゃいます。体力が高く、防御力もあり回復もできます!ですが、少し攻撃力が低めですね。協力プレイでは、味方を守る強い盾となるでしょう。特徴として、敵視(敵からの攻撃対象)となることが多いですが、ソロならあまり気にしなくてもよいかと。
      とりあえず、特色を並べてみました!参考になれば、とw
      おすすめはシーフ、黒魔道士、ナイト・・・ですかね。

    • 自警団名[strong-改]
      リーダー[貴姫]・・現在19名で活動中!
      後、1名募集中 職業は何でも◎♪BDFEハマったって方居ませんか?
      社会人の方が多いので昼間は基本静かですが、
      イベ&コロ&アビス!等で主に夜に団チャ賑わってます♪
      コロも基本自由タイミング合えば皆飛び込みます( *´艸`)
      アクティブな方で!コロ&フラッグ戦等協力出来る方募集中!
      連絡はこちらまでDM下さいね
      貴姫-ID 627259512

    権利表記

    トップへ戻る