【BDFE】ネタバレ注意!ストーリーまとめ【外伝3章】

BDFE攻略@Game8 Twitterアカウントはこちら!

ミラティブでBDFEを配信して報酬をゲット!

フラッグ戦にハッチくん参戦!

BDFE(フェアリーズエフェクト)における外伝3章のストーリーをまとめております!(ネタバレ注意です)全体の流れや登場人物をまとめているので是非参考にしてください!

ストーリーまとめ記事
外伝2章 外伝4章

外伝3章ストーリーまとめ

ストーリーまとめのバナー

外伝3章登場人物

null研究員A(兄) 白魔道プラントを管理する研究員の双子の兄。ティズに絶大な恩義を感じている。
null研究員B(弟) 白魔道プラントを管理する研究員の双子の弟。ティズに絶大な恩義を感じている。
nullティズ かつて世界を闇から救うべく旅に出た人物。闇の大穴を滅した時に倒れ意識を失うが、エタルニア公国軍総司令部の白魔道プラントに繋がれ、かろうじて生きている。
nullレスター卿 エタルニア公国の公王にて不死者である。旧教と正教の争いに関わる人物で、不死者であるために一族の滅亡など悲しい過去を持つ人物。
ミストの画像ミスト 次元管理局【時を操る者】所属の次元管理官の一人。今回は、監視対象者であるレスター卿を追っている。
アニエスの画像アニエス かつて風の巫女と呼ばれ、ルクセンダルクを混乱に陥れた闇の大穴を消し去った人物の一人。
その後、クリスタル正教をまとめ上げたため、法王職に就く。

ざっくりストーリー説明!

攻略班の声
image.png "双子の研究員の願い"と"レスター卿の存念"が今回のテーマとなり、別々のエピソードが、繋がりを見せるところも注目です。最後に語られるレスター卿の思いとは…?

詳しいストーリーの流れ

ストーリーの流れ
リンネが記す3番目の外伝が完成しつつあります。
前半のテーマは、"とある双子の語らい"。そして後半は、エタルニア公王の失踪にともなう"公王の巡幸"を描いた物語でとなります。
【過去の話:前半】
エタルニア公国軍総司令部にある「白魔道プラント」には、闇の大穴を滅し、世界を救ったティズ・オーリアが収容され、今もなお眠り続けています。
ここには、治癒の波動である"白い波動"を浴び続けるティズを管理する研究員の双子がいました。
一年前、公国軍総司令部は、アニエス率いる風の巫女の一団に攻め込まれました。
秘密の漏洩を恐れた上司は、白魔道プラントの技師たちを集め、毒をあおって自決するように迫りました。
風の巫女に敗れた聖騎士ブレイブを白魔道プラントで治療することとなり、数ヶ月経ったある日、風の巫女とイデアが訪れます。
ノルデンテで突然倒れたティズは心肺停止の重篤でしたが、研究員の懸命な処置で生命の危機を脱します。
しかし、白魔道プラントは一つしかないため、イデアは「ティズか聖騎士ブレイブのどちらを諦める」かの選択を迫られます。
その騒ぎを聞きつけ現れたのは、イデアの母であるヲカエでした。
ヲカエがプラント内のブレイブに頷くと、ブレイブは目を見開きプラントのハッチを開けるように命じました。
その後、眠れる英雄であるティズの容体が安定していました。
しかし、いつなんどき起こるやもしれない政権の変動に備え、兄弟は、それぞれ別に調整弁に封印をほどこすことにしました。
たとえ、どちらか一方が権力に屈しても、もう一方の封印が解けてしまわぬように。
【過去の話:後半】
「この退屈すぎる世界から去る」
居城の城門に大書きされた一文を残し、レスター・ド・ロッソ公王が消えた事件は、アナゼルたち元帥府の者たちを大いに慌てさせました…。
どこを探しても公王の噂一つ聞こえて来ることはありません。
出撃した偵察部隊が戻るまでの間、アナゼルがレスター公王と聖騎士ブレイブの決起について語り出します。突如、レスター卿が不死者であるとアナゼルが言いました。
エタルニア公王が失踪したことは、まだ他国には知られていません。
リズはレスター公王が不死者であることを半ば疑いっていましたが、ステイシーがリズを迎えにきてある交易船の護衛につくために出かけていきました。
次の予定まで時間に余裕があるアニエス法王は、ご自身とレスター卿との出会いについて語ってくれました。
アニエス法王が語る、正教史にも載ってない真実が明かされます…!
法王が風の巫女であった頃、聖騎士ブレイブとの激闘の末、傷ついた彼を白魔道プラントに収容し、法王に土のクリスタルを解放するように促したのもレスター卿であったという語られることのない真実の数々…。
それはすべて吸血鬼城に住まう、レスター卿に導かれ知ることなったものでした。
そして、アニエス法王たちはエタルニアの西にある"吸血鬼城"を訪ねます。
レスター卿の生い立ちから正教との争いや数々の出会いの歴史を目の当たりにし、自身が何も知らない無垢な子供であったと知ることになったと言います。
アニエス法王が語るレスター卿のエピソードは、日暮れとともにいよいよ佳境にさしかかります。
吸血鬼城で最強の敵と対峙したアニエス法王たちが絶望する中、レスター卿が現れて不死である自身の体に敵の一部を封印しました。
ある日、目の前に現れたミストはいつになく焦りを凄ませていました。
ミストの話を聞くうちに、いつしか話題は、次元管理局の組織になってゆきます。
語られる「ゲート」「鍵」…。最初は何を指すのか見当もつきませんでしたが、「ゲート」は書見台の前に存在し、その「鍵」は追憶という例を挙げられると、すとんと腑に落ち、これまで謎めいていた事柄の数々が明らかになってゆきます。
ミストが語った秘密は、ミスト自身がなぜレスター公王の失踪でこれほどまで焦っているのかを、力強く語っていました。
ミストの所属する「時を操る者」が監視対象としていた「不死者」であるレスター卿が失踪したことで、相対する「命を駆る者」の手に渡り、次元管理局内の均衡が大きく崩れることになります。
ミストと共に何層からの次元を越え、吸血鬼城にたどり着きます。
眼の前に漂う「黒い渦」を前に2人の人物がたたずんでいました。その人物こそ不死の公王レスター・ド・ロッソでした。
激闘の末にレスター卿は、自身の念願を語るうちに、ついに心の奥に留めていた本心を明かします。
親友であったユルヤナともう一度ライバルとして戦うこと、自身が不死者となったことに「命を駆る者」が関わっているかもしれないことへの落とし前をつけるためだと…。
去り際、リンネが"聖騎士ブレイブとアニエス法王がレスター卿を探していること"を伝えます。
レスター卿は、ブレイブに「公王なんていなくても国は回る。君が証明したではないか。」と伝言を残します。
さらに、法王であるアニエスではなく、風の巫女のアニエスに「息災に」とだけ言い残し、レスター卿は永久の巡幸に出立しました。

BDFE 関連リンク

キャクター相関図&キャラクター紹介
キャラクター相関図キャラクター相関図&キャラクター紹介
各章別の一覧
1・2章のアイコン1部1章 1・2章のアイコン1部2章 3・4章のアイコン1部3章
3・4章のアイコン1部4章 5・6章の画像1部5章 5・6章の画像1部6章
7・8章のアイコン1部7章 7・8章のアイコン1部8章 9・10章のアイコン1部9章
9・10章のアイコン1部10章 11章の画像1部11章 12章の画像1部12章
13章の画像1部13章 14章の画像1部14章 15章の画像1部15章
16章アイコン1部16章 17章アイコン1部17章 18章アイコン1部18章
19章アイコン1部19章 背景バナー.PNG外伝1章 外伝2章背景の画像.PNG外伝2章
外伝3章背景バナー.png外伝3章 外伝4章背景.PNG外伝4章 第2部1章バナー.PNG2部1章

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ネタバレ注意!ストーリーまとめ【外伝3章】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る