アズールレーン(アズレン)攻略記事

【アズールレーン】快適度の効率的な上げ方とメリット【アズレン】

【ホーム新着】NEW
・ストーリー10章が実装
・神通、ホノルル、水無月、三日月が実装
・17件のCVが追加実装
・海域危険度システムが実装

アズールレーン(アズレン)における、快適度の効率的な上げ方とメリットを解説している記事です。寮舎の休憩部屋の快適度を上げる方法を知りたい方や、快適度を上げるのにおすすめの家具などが知りたい方は、この記事をご覧ください。

▼関連記事

寮舎でできることまとめ

快適度を上げる方法

寮舎の快適度を上げる方法は2種類あり、それは以下の通りです。

  1. 寮舎を拡張する
  2. 家具を所有する
  3. フロアを解放する

方法1:寮舎を拡張する

寮舎の快適度を上げる1つめの方法が、寮舎の拡張です。寮舎を拡張すると1回あたり快適度が10増加し、最大3段階まで可能です。ただし2段階目以降は家具コインの消費が激しいので、効率的にコインを集めるか、後回しにしてしまって良いです。

家具コインの効率的な集め方と使い道

方法2:家具を所有する

快適度を上げるもう1つの方法が、家具を所有するという方法です。家具は所有しているだけで快適度が上昇するので、配置する必要はありません。家具を所有して快適度を上げれば、コンディションの回復も早くなるので、積極的に家具を購入していきましょう。

コンディションとは?回復する方法まとめ

方法3:フロアを解放する

また、快適度は寮舎のフロアを解放することでも上昇させることができます。2Fを解放すると快適度が20上がるので、コインを貯めて解放する価値はあります。

寮舎の2Fフロア開放によるメリットまとめ

快適度の効率的な上げ方

方法1:寮舎を1段階拡張する

快適度を効率的に上げるには、まず寮舎を1段階拡張しましょう。寮舎拡張の1段階目は、10コインあたり1の快適度上昇となるため、1コインあたりの快適度上昇効率が非常に高いです。

方法2:快適度上昇効率の高い家具を買う

次に、快適度上昇効率の高い家具を買いましょう。短期的に見るのであれば、20コインで快適度が1上がる家具が良いです。しかし、快適度には所持している全ての家具の快適度は反映されないため、長期的に見ると高価なものから買っていった方がいいです。合計快適度の計算式は下記の通りなので、参考にしてみてください。

▼合計快適度の計算式
【拡張分の快適度】+【上から配置可能数分の家具の合計値】+【マット系の家具は上から5番目高い家具までの合計値】

快適度を上げるメリット

経験値獲得量が増加する

快適度を上げると、キャラの獲得する経験値の量が増加します。これはつまり、食料あたりの経験値効率が上昇するということでもあるので、家具コインを持ったままでいるよりは、使ってしまったほうが何かとメリットがあります。

レベリングの効率的な方法

快適度の効率的な上げ方とメリットのまとめ

以上が、快適度の効率的な上げ方とおすすめ家具です。まずは寮舎を1段階拡張し、それからは長期的に見るか短期的に見るかで動きが変わります。短期的に見るなら安い家具をを買っていき、長期的に見るなら高価で快適度が大きく上がる家具から揃えていくと良いです。

寮舎でできることまとめ

関連情報

▼最新の攻略情報をGETしよう!
積むトップに戻るバナー-復元.pngアズールレーン攻略wikiトップページ
▼序盤の攻略記事
リセマラ.pngリセマラ 最強キャラ.png最強キャラ 最強装備.png最強装備 序盤.png序盤進め方
▼ピックアップ記事
建造時間.png
建造時間
まとめ
低燃費.png
低燃費
パーティ
低レア.png
おすすめの
育成キャラ
ドロップ.png
ドロップ
狙い周回
▼データベース
キャラ.pngキャラ一覧 装備品.png装備品一覧 クエスト.pngクエスト イベント.png
イベント

コメント

11 名無しさん1日前

おすすめが書いてないとかほざいてるヤツは、もっと頭使えw

10 名無しさん約2ヶ月前

>>9 運営よ頑張った我をほめるのだ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「快適度の効率的な上げ方とメリット【アズレン】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る