【アズールレーン】艦隊編成のコツとおすすめ編成一覧【アズレン】

アズールレーン(アズレン)における、艦隊編成のコツとおすすめの組み方についてまとめています。パーティ編成の方法や、クエストごとの組み方について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

攻略TOP.jpg攻略wikiトップ 開催イベント.jpgイベント最新情報 改造優先度.jpg改造優先度
ドロップ周回.jpgドロップ周回 艦隊編成おすすめ編成 建造優先度.jpg建造優先度

艦隊編成のコツとおすすめの組み方

燃料効率を優先する場合

燃料節約

燃料消費が少ないキャラを編成する

燃料消費は、基本的にレアリティと艦種で決まっています。また、限界突破の段階によって消費燃料も変わるので、火力や耐久が足りている場合は、限界突破をさせていないキャラを使いましょう。

編成キャラ数を減らす

燃料の消費は、キャラに設定されている消費燃料値の合計であるので、編成するキャラ数を減らすことで燃料の節約ができます。

ボス戦と雑魚戦の艦隊を分ける

第1艦隊をボス戦用、第2艦隊を雑魚戦用の艦隊として編成することで、雑魚戦での無駄な燃料消費を抑えることが可能です。

低燃費のおすすめ周回パーティ編成

高難易度攻略をする場合

編成

ステータスの高いキャラを編成する

高難易度攻略では、レベリングや限界突破など育成されているステータスの高いキャラを編成しましょう。1艦隊6キャラともステータスの高いキャラを優先的に編成すると良いです。

強力なスキルを持つキャラを編成する

キャラには、艦種や陣営毎にバフがかかるスキルがあります。強力なスキルを持つキャラは優先的に編成しましょう。味方の耐久を回復することができる支援スキルがおすすめです。

巡洋艦・空母を編成する

巡洋艦は、駆逐艦より火力・耐久が高く、高難易度クエスト攻略向きの艦種です。軽巡洋艦や重巡洋艦を前衛に入れることで高難易度クエストを攻略しやすくなるでしょう。

空母は、艦載機の航空攻撃によって敵の弾を消すことができます。主力に空母を編成することで被ダメージを減らすことが可能です。

最強キャラランキング!【前衛・主砲(後衛)】

おすすめの艦隊編成の解説

陣営別編成
ロイヤル艦隊 ユニオン艦隊 重桜艦隊
鉄血艦隊 ネプテューヌ艦隊 -
ネタ編成
雷装艦隊 フレッチャー艦隊 -
実用的編成
低燃費編成 演習出撃艦隊 演習防衛艦隊

ロイヤル艦隊

クイーン・エリザベスのバナー

ロイヤル艦隊のテンプレ編成解説はコチラ

クイーンエリザベスでロイヤル艦の能力UP

ロイヤル艦隊の編成のポイントは「クイーンエリザベス」の存在です。クイーンエリザベスはロイヤル艦の全ステータスを上昇させる強力なスキルを持っています。

編成に必要な主要キャラ

クイーン・エリザベスの画像クイーン・エリザベス

ユニオン艦隊

プリンス・オブ・ウェールズのバナー

ユニオン艦隊のテンプレ編成解説はコチラ

プリンス・オブ・ウェールズをユニオン艦で強化

ユニオン艦隊のポイントは、SSレア艦のプリンス・オブ・ウェールズです。ユニオン艦を編成した数だけ、プリンス・オブ・ウェールズが強化されます。

編成に必要な主要キャラ

プリンス・オブ・ウェールズの画像プリンス・オブ・ウェールズ

重桜艦隊

三笠のバナー

重桜艦隊(三笠編成)のおすすめ編成と解説はコチラ

三笠の強力なバフスキルを主軸に編成

重桜陣営には、重桜艦に対して強力なバフスキルを持つ三笠が存在します。火力・装填アップさせることができますが、戦艦の選択肢が少なく、伸びしろが大きい陣営です。

編成に必要な主要キャラ

三笠の画像三笠

鉄血艦隊

グラーフ・ツェッペリンのバナー

鉄血艦隊のおすすめ編成と解説はコチラ

グラーフ・ツェッペリンで被ダメ軽減

鉄血陣営はグラーフ・ツェッペリンの被ダメ軽減スキルを主軸に編成しています。鉄血艦隊は艦の選択肢がまだまだ少ないため、その他の陣営との混合編成がオススメです。

編成に必要な主要キャラ

グラーフ・ツェッペリンの画像グラーフ・ツェッペリン

ネプテューヌ艦隊

ネプテューヌのバナー

ネプテューヌ艦隊のテンプレ編成と解説はコチラ

ネプテューヌを軸にした編成

ネプテューヌ編成は、ネプテューヌのスキル「主人公補正」を主軸に置いた艦隊編成になります。ネプテューヌの自体の性能は決して高くないため、ネプコラボ直前〜開催中にゲームを始めた初心者におすすめしたい艦隊です。

編成に必要な主要キャラ

ネプテューヌの画像ネプテューヌ

雷装艦隊

陽炎のバナー

雷装艦隊のおすすめ編成と解説はコチラ

魚雷ダメージに特化させよう

雷装艦隊では、手動操作を前提に魚雷ダメージに特化した艦隊の編成を目指します。オート周回は苦手ですが、手動で操作した時には無類の破壊力を誇る艦隊です。手動操作が必要となるボス戦で活躍できる編成方法です。

編成に必要な主要キャラ

陽炎の画像陽炎 三笠の画像三笠

フレッチャー艦隊

フレッチャーのバナー

フレッチャー艦隊のテンプレ編成解説はコチラ

リトルビーバーズで前衛艦隊を編成

フレッチャー艦隊は、フレッチャーとフレッチャー級駆逐艦のみで前衛艦隊を編成します。フレッチャーの強化が優秀で、限界突破なしでの低燃費周回や、ガチ育成後の高難度周回まで、限界突破次第で初心者に優しく幅広い活躍ができる編成です。

編成に必要な主要キャラ

フレッチャーの画像フレッチャー

低燃費編成

レンジャーのバナー

低燃費のおすすめ周回パーティ編成解説はコチラ

少ない燃料消費でクエスト周回を目指そう

低い燃費でクエストを周回するには、「強キャラを少数編成する方法」と、「低燃費の低レア艦のみで編成する方法」があります。詳細記事ではどちらの方法も紹介していますが、特におすすめの低レア艦について詳しく解説しています。

編成に必要な主要キャラ

レンジャーの画像レンジャー カッシンの画像カッシン シグニットの画像シグニット

演習攻撃艦隊

赤城のバナー

演習出撃艦隊の編成例解説はコチラ

高火力のキャラで圧倒しよう

演習出撃艦隊では、火力と速攻を重視した艦隊の編成を目指します。出撃艦隊は、防衛側の編成によって有利不利が変わってきます。詳細記事では、おすすめのキャラと編成例について詳しく解説しています。

演習防衛艦隊

フッドのバナー

演習防衛艦隊の編成解説はコチラ

生存力の高いキャラで防衛しよう

演習防衛艦隊では、生存力を重視した艦隊の編成を目指します。防衛艦隊には、シナジーや仮想敵によって編成も変わってきます。詳細記事では、おすすめのキャラと編成例について詳しく解説しています。

艦隊編成のコツとおすすめの組み方まとめ

艦隊編成のコツとおすすめの組み方について参考になりましたでしょうか。編成によって燃費効率が変わってくるので、状況に合わせて使い分けましょう。最強キャラランキングが編成を考える上で役にたつと思いますので、ぜひご覧ください。

関連情報

▼最新の攻略情報をGETしよう!
001.gifアズールレーン攻略wikiトップページ
▼序盤の攻略記事
リセマラ.pngリセマラ 最強艦船.jpg最強キャラ 最強装備.png最強装備 序盤.png序盤進め方
▼ピックアップ記事
建造時間.png
建造時間
まとめ
低燃費.png
低燃費
パーティ
優秀艦船.jpg
おすすめの
育成キャラ
ドロップ.png
ドロップ
狙い周回
▼データベース・攻略
キャラ.pngキャラ一覧 装備品.png装備一覧 クエスト.png
ストーリー
海域
イベント.png
イベント
最新情報

コメント

1 名無しさん約2ヶ月前

そろそろ重桜編成に、長門書いてほしい まあ、主力は赤加賀長門だと思うけど

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「艦隊編成のコツとおすすめ編成一覧【アズレン】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[1646]
      > ハード7章まで進んだのですが紫改造図確定ですよね?
      いいえ。
      どこで誤情報掴まされたのかは分かりませんが、質問するまでもありません。
      例えば、ハード7-1を選択した後に表示される「入手可能」一覧の左端設計図マーク(金色)を選択してみてください。ハード7-1で入手可能な設計図が表示されます。
      > 8章ではドロップ改造図に変化はありますか?
      いいえ。
      なお体感ですが、改造図のレア度毎のドロップ割合も変化無いように感じます。
      ハード8章を行なうメリットは今のところ、コアデータのみと思います。

    • 【大艦隊名】EVE
      【艦隊ID】1073751209
      【メンバー数】1(泣
      【サーバー】若松
      【方針】まったり
      【参加条件】優しくしてくれる方ならば誰でも
      【一言】自由なので誰でも大歓迎です!誰か
      来てくれ…

    権利表記

    トップへ戻る