2022-10-05

本格春秋戦国戦略SLG!新作アプリゲーム『始皇帝の道へ:七雄の争い』を先行プレイ!!

MAX GAME PTE.LTD.が手掛けるiPhone/Android向けの、本格春秋戦国戦略SLG『始皇帝の道へ:七雄の争い』。今回はリリースに先立ち、本作の先行プレイに参加することができた。この記事では『始皇帝の道へ:七雄の争い』の魅力やゲームシステム、プレイした感想をみなさんにお届けしていきたいと思う。
※記事内容は開発段階のものです。正式版と内容が異なる場合があります。

『始皇帝の道へ:七雄の争い』ってどんなゲーム?

画像

『始皇帝の道へ:七雄の争い』は、三国志より500年早い激闘の春秋戦国時代を舞台にした戦略SLGだ。

本作では紀元前258年の七雄の激戦地に戻り、100人を超える君主たちと共に都を拡大し、領土を広げ、同盟を結び、勝利を手に入れ、始皇帝のように500年にわたる乱世を終わらせることを目指す。

今回は、『始皇帝の道へ:七雄の争い』のゲームシステムや魅力を伝えていきたいと思う。

春秋戦国時代を忠実に再現!

画像
▲土地がマス目になっており、領土を拡大していく様子が一目で味わえる

本作は、春秋戦国時代の中国がサンドマップで再現されており、リアルタイムで軍隊派遣や高速な軍事作戦を行える。目まぐるしく変化する戦況に応じて戦略を調整でき、臨場感のある戦略戦闘ができるぞ。

画像

ゲーム開始時に出身地を選択でき、自分の好きな地域から征途を開始可能だ。先行プレイでは「荊湘」と「東豫」の2ヵ所のみ選択可能だったが、リリース時には全地域選択できるようになると思うぞ。

画像

出身地が決まったら主城が建設されるぞ。プレイヤーはこの主城を中心に建築物の建造や領土の拡大、内政を行っていくのだ。またゲームを進めていくと拡大した領土に「分城」を建設することもできるぞ。

簡単操作で領土を拡大できる

画像
▲何もない土地から資源地まで自分の好きなように領土を拡大できるぞ

本作で重要な要素の一つが領土の拡大だ。プレイヤーは草地や鉄鉱場、農田などの資源地を占領し領土を拡大するのだが、複雑なコマンド操作は必要なく簡単操作で部隊を向かわせて占領を行えるぞ

部隊を占領に向かわせれば、数秒から数分で土地を占領できる。1回の占領は簡単操作かつ短時間で終わるため、どんどん領土を拡大できるのが魅力だ。

画像
▲村と交流を持ったり、盗賊の野営地を討伐したりと自由自在だ

マップ内には資源地の他に盗賊野営地や村、マップ内を徘徊する敵部隊など様々な要素が含まれているぞ。盗賊を討伐したり、村と道路を繋いで連絡を取った村から任務を受けることも可能だ。

画像
▲同じ世族のプレイヤーと協力して土地を占領できるぞ

またレベルが高い土地を占領したいとき、世族に加入していれば他のプレイヤーに攻撃協力を要請できるぞ。世族の仲間と領土を広げるのもリアルタイムで行えるので、協力しながらプレイできるのも本作の魅力だ。

春秋戦国時代に活躍した武将が多数登場!

本作のゲーム内では、春秋戦国時代に活躍した武将達が勢揃いしている。春秋戦国時代が好きな方は登場する武将が気になるのではないだろうか?そこで登場する武将の一部を紹介していこうと思う。

画像
▲「王翦」:春秋戦国時代を代表する将軍。秦の天下統一に貢献しており、戦国四大名将の一人とされている。

画像
▲「白起」:春秋戦国時代末期の将軍。秦の領土拡大に貢献しており、戦国四大名将の一人とされている。

画像
▲「孫武」:孫子の尊称でも知られる武将。戦略や戦術、情報戦など幅広い領域で活躍している。

武将が率いる兵種が勝利の鍵になる

画像

武将は率いる兵の兵種が武将によって異なるため、役割が変わってくる。兵種は一般的な歩兵職業、移動速度が速い騎兵職業、移動速度は遅いが強力な攻撃ができる機械職業の3つに分かれており、それぞれ長所短所があるぞ。

また職業の中でも細かく兵種が分かれており、遠距離攻撃に特化した弩兵や弓騎兵、前衛で盾役ができる盾兵や重騎兵など役割が違うぞ。敵の攻撃を盾兵で受けて弩兵で後ろから攻撃するなど戦闘時は配置も非常に重要な要素だ。

画像

演武場を建設すれば、兵種を訓練させてレベルを上げられるぞ。演武場では職業ごとにレベルアップが可能となっており、レベルを上げた職業に属する全兵種のステータスが上昇する。演武場での訓練は戦力を上げる重要な要素のため、演武場で兵種を強化しよう。

画像

演武場で兵種のレベルを上げると、兵士天賦で兵種を強化できる天賦ポイントを獲得できるぞ。兵士天賦での強化は自分が好きなようにポイントを割り振ることか可能だ。特定兵種のステータスを上昇させるものや敵にダメージを与える、味方を回復させるなど様々な効果があるため、自分の部隊にあった兵士天賦を行おう。

リアルタイムバトルが熱い!

画像

本作の戦闘は全てリアルタイムで行われるぞ。激しく変わる戦況に応じて、部隊を指揮し、勝利を掴み取る感覚はまさに軍師になった気分だ。

プレイヤーが指揮する部隊はそれぞれ異なった指示を出せるため、部隊ごとに全く違う行動が可能だ。そのため同時に全く違う場所で開拓や戦闘、屯田、練兵を行えるぞ。また行軍、戦闘はいつでも撤退が可能なため、全体の状況を見て撤退や負けている部隊を助けに行軍させらなど、瞬時の状況判断が必要だ。

画像
▲領土に建築物を設置して有利な状況を作ろう

占領した土地には、周囲の視野確保と徴兵ができる「宿場」や広範囲の視野確保と部隊の駐屯が可能な「要塞」などを建築可能だ。

領土を上手く使い建築物で有利な状況を作るのも非常に楽しめる要素となっているぞ。

戦略性の高い部隊布陣!

画像
▲部隊ごとに違う指示が出せるので、部隊布陣は非常に重要だ

本作では複数の部隊を布陣でき、各部隊3人の武将で構成される。武将ごとにステータスやスキルが違うため、役割に応じて部隊を変えるなど戦略性が高いぞ。

また特定の武将を組み合わせることで効果が発動する武将絆など、組み合わせも重要だ。

画像
▲良く使われている組み合わせがゲーム内で確認できるぞ

組み合わせに迷った時は武将組み合わせ使えばシーズン中の統計から一番使用されている組み合わせを確認することもできる。

この機能を使えば、SLG初心者の方でも安心してプレイ可能だ

画像
▲スキル研究をすれば戦略の幅が広がるぞ

武将の持つスキルは、武将ごとに持っている初期スキルの他、研究して手に入れたスキルを装備することも可能だ

スキルの研究には武将の分解が必要になるが、強力なスキルを手に入れれば、戦略の幅が大きく広がるぞ。

自分の好みに合わせて城を作れる

画像
▲自分の好みに合わせて配置でき、いつでも自由に入れ替えが可能だ

本作では、主城や分城の中を自分の好きなように建築できる。民家や予備兵営、倉庫など、好みに合わせて配置可能だ。

城門のレベルを上げて守りを固くしたり、連弩塔や落石塔を建築して敵の攻撃に備えることもできるぞ。

画像
▲スキンを変えて気分転換もできるぞ

また城スキンを手に入れれば、城の見た目を変更可能だぞ。スキンには特殊効果も付与されているため、デフォルトの城に飽きてきたらスキン変更がおすすめだ。

仲間と協力できる攻城戦!

画像

ここで本作の魅力でもある攻城戦について紹介しよう。攻城戦に参加するためにはまずプレイヤー同士でチームを組む世族に入る必要がある。

世族に入ると攻城戦に参加できる他、仲間と協力して領土を拡大したり、救援を要請したりと協力プレイが可能だ。

画像
▲世族の仲間と協力して城を攻める様子だ

攻城戦では、世族の仲間と協力した大規模な戦闘が楽しめるぞ。城は土地の範囲が広いため、仲間と連携を取って戦略的に攻める必要がある。

自分の部隊だけでなく全体の戦況を把握し、最善の指揮をとる必要があるため、ソロプレイでは味わえない規模の戦略的戦闘が可能だ。

春秋戦国時代が好きな人におすすめのシミュレーションゲーム

この記事では、『始皇帝の道へ:七雄の争い』のゲームシステムや魅力を紹介してきた。

やり込み要素も多く難しいゲームに見えたかもしれないが、序盤から充実したチュートリアルがあるため、SLG初心者の方にもおすすめできるゲームとなっている。

コンテンツが非常に多く今回紹介できなかった物も多いが、プレイすればするほど、やり込み要素が多くなりどんどんはまっていく本作。SLGが好きな方はもちろん、春秋戦国時代が好きな方も満足できる内容となっている。気になった方は公式サイトや公式Twitterをチェックして、リリースに備えておこう!

『始皇帝の道へ:七雄の争い』の概要

タイトル:始皇帝の道へ:七雄の争い ジャンル:SLG 対応機種:iOS/Android 配信日:2022年秋 価格:基本プレイ無料(アイテム課金) 公式サイト:https://shikoutei.maxngame.com/jp#/index 公式Twitter:https://twitter.com/shikouteigame

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る