2022-08-12

背中で魅せる美少女たちの終末シューティングRPG!Level Infiniteが手掛ける新作タイトル『勝利の女神:NIKKE』を先行プレイ!!

Level Infiniteが手掛けるiPhone/Android向けの、背中で魅せる美少女たちの終末シューティングRPG『勝利の女神:NIKKE』。今回はリリースに先立ち、本作の先行プレイに参加することができた。この記事では『勝利の女神:NIKKE』の魅力やゲームシステム、プレイした感想をみなさんにお届けしていきたいと思う。
※記事内容は開発段階のものです。正式版と内容が異なる場合があります。

『勝利の女神:NIKKE』ってどんなゲーム

画像

『勝利の女神:NIKKE』は、地上を奪われた人類に勝利をもたらす最後の希望である「ニケ」が地上を取り戻すため、人類最大の敵「ラプチャー」に立ち向かうストーリーを描いた、背中で魅せる美少女たちの終末シューティングRPGだ。

本作は、新人指揮官の主人公(プレイヤー)が作戦区域へ移動する途中に攻撃され輸送機が墜落するシーンからストーリーが始まる。さまざまなニケと出会い部隊を指揮していく中で、ニケ達と交流を深め共に成長していく姿が描かれている。

筆者はチュートリアルのストーリーから世界観に引き込まれ本作に没頭してしまったので、胸を張ってプレイして欲しいとおすすめできる作品だ。

可愛いキャラやシューティングゲームが好きな方はもちろん、ストーリーを楽しみたい方でも大満足のゲームに仕上がっていると言えるだろう。

フルボイス&Live2Dでキャラが動くストーリーが魅力!

画像

本作のメインストーリーはなんとフルボイスで進んでいくぞ。一人一人のニケ達に声が収録されており、臨場感を味わいながらプレイできた。筆者はストーリーを流し見しがちなのだが、フルボイスだと話の内容がしっかり頭に入ってきて、続きが気になりどんどんストーリーを進められた。

ストーリーの立ち絵にはLive2Dが採用されており、表情豊かに動くのでニケ達を見ているだけでもただただ可愛い。またセリフはボイスと口の動きが合っており没入しやすいと感じた。

チュートリアルから予想外の展開が続くストーリーを語りたいのだが、楽しみにしている方も多くいると思うので、続きはみなさんの目でぜひ確認してみて欲しい。

画像

▲ストーリーの中では臨場感あふれる主人公目線のシーンも登場!

本作のストーリーは大ボリュームだ。キャンペーンを進めることでメインストーリーを読めるので、目的をもってプレイできた。先行プレイの時点でもかなりのボリュームがあったので、リリース後さらに追加されるとすれば、キャンペーンだけでもやり込み要素として抜群だろう。

画像

筆者がお気に入りなのがキャンペーンのマップだ。ニケがちびキャラになった3Dマップを自由に移動でき、マップに配置されている敵と接敵することで各ステージを開始できる。自由に移動して敵を倒しながら目的地に進んでいく感覚がストーリーとマッチするので、臨場感をより味わえたぞ。

またキャンペーンモードはノーマルの他にハードも用意されており、思う存分ゲームを楽しむことができるぞ。

片手操作でプレイできるシューティングバトル!

画像

▲こちらが通常のバトル画面。美少女の背中を見ながら銃をぶっ放せるのが特徴だ!

本作のバトルシステムはシューティングだ。背中で魅せる美少女たちの終末シューティングRPGと言うキャッチコピーの通り、戦闘中はニケの背中を見ることが多くなる。美少女ゲームは数多くあるが、美少女の背中を見て戦うゲームは非常に珍しいと思う。ニケのキャラクターデザインは背後から見ることを重視されており、太腿や肩、うなじなど、背中からでも魅力が溢れているぞ。

ニケの魅力を熱く語ってしまったが、肝心な戦闘方法を紹介しよう。敵に照準を合わせると射撃でき、射撃してない間は遮蔽物に隠れてハイド状態となりダメージを受けなくなる。そのため攻撃の隙を見て射撃することが重要になるぞ。しかし遮蔽物にも耐久値があり壊れてしまうので注意が必要だ。

ボス戦などでは敵の攻撃を撃ち落としたり、特定箇所に一定ダメージ与えることで強力な攻撃を阻止できる。筆者は昔やり込んだゲームセンターのシューティングゲームを思い出し楽しめたので、シューティングゲームが好きな人はぜひプレイしてみて欲しい。

画像

▲武器種「スナイパー」の画面だ。スコープを除いて長距離射撃ができる。

本作のバトルでは最大5人のニケを切り替えながら戦うのだが、ライフルやランチャーなどニケによって持っている武器種が違い、状況に合わせてニケを使い分ける必要がある。

近くの敵に強いショットガンや広範囲を攻撃できるランチャー、遠距離の敵に対して有効なスナイパーライフルなど使い分けの判断が重要だ。また属性の概念もあり、敵に合わせて部隊編制を変えることも必要だ。

画像
▲バーストスキル発動で迫力あるカットインがでるぞ。ボイスも付いておりテンションアップだ。

バトル中にバーストモードに突入すると各ニケが持つ「バーストスキル」を発動可能だ。「バーストスキル」を使用すると動くカットイン演出と共に効果が発揮される。バーストモードは3段階に分かれており、各モードに対応した「バーストスキル」のみ発動できるので、部隊に編成するニケは武器種や属性だけでなく、持っている「バーストスキル」の段階も重要だ。

「バーストスキル」は敵にダメージを与えるものから味方をサポートするものまで様々あるので、部隊編成の戦略性も非常に高いと感じた。また3段階目の「バーストスキル」を使用した後のボーナスモード「フルバースト」は爽快感満載なのでぜひプレイして体感してみて欲しい。

画像

ボス戦前にはボスの登場ムービーが流れるのだが、ムービーが流れるとどんなボスが登場するのかと筆者はわくわく感が止まらなかった。ボスの登場ムービーはとてもかっこいいので、次のボス戦があるステージまで早く進みたいと思いながらプレイしていた。

画像
▲オート機能を使っている画面だ。照準を自動で合わせて攻撃してくれているぞ。

ここまでバトルシステムを紹介してきたが、心配している方も多いと思うオート機能の有無について紹介しよう。本作は一部のバトルを除きオート機能も充実しているぞ。オート機能を使えば射撃だけでなくバーストスキルも全て自動使用してくれるので、簡単なステージなら画面をずっと見て操作しなくてもクリア可能だ。

放置時間に育成素材や装備が手に入る育成システム

画像

▲約14時間放置した時の報酬だ。画像からでも放置だけで多くのアイテムが手に入るのが分かると思う。

ニケの強化に必要な強化素材やクレジット、装備は防衛報酬として獲得できるのだが、報酬の量は放置時間で増加する。本作をプレイしていない間に素材が集まっているので、プレイ再開時にニケの強化から始められるのが魅力だ。放置時間の最大は約16時間と長いので学校や仕事でプレイできない間も無駄にならないぞ。

ニケの強化はレベルアップや装備だけでなく、スキル強化やハーモニーキューブ、クラス研究など多彩に用意されている。各ニケの長所を伸ばしたり、短所を補ったりと育成の優先度を考えるだけでもやり込める内容だ。

画像
▲レベルが最も高い5人の中でレベル52が一番下のため、シンクロに設定したニケのレベルが52になっているぞ。

筆者が嬉しいと感じたのが「シンクロシステム」だ。この「シンクロシステム」は自分が所持するニケの中からレベルが高い5人が選ばれる。「シンクロシステム」に設定したニケは選ばれた5人の中で一番レベルが低いニケと同レベルとして使用できるようになるぞ。

この「シンクロシステム」を利用することで入手してすぐのニケでもメイン部隊に近いレベルに上げられ、即戦力として編成できぞ。「新しいキャラを手に入れても育成するまでメインで使えない」なんて状況にならない素晴らしいシステムだ。

画像

またレベルを上げたニケはジュエルを消費してレベルリセットが可能だ。レベルリセットを行うとレベルが1に戻り、使用したクレジットや強化素材が戻ってくる。

筆者は「序盤に手に入れたキャラは今後使わなくなりそうだから強化したくない」と思うことが多いのだが、気にせず強化してもレベルリセットがあるので気楽にニケを育成できた。

欲しいニケを限定できるガチャシステム!

画像

▲3つの企業から各5人ずつウィッシュリストに選んでいる。

筆者が驚いたのは欲しいニケを限定できるガチャシステムだ。本作の隊員募集(ガチャ)では各ニケが所属する企業別にSSRニケ5人ずつ、計15人をウィッシュリストに登録できる。

驚きなのが、このウィッシュリストに登録していないSSRニケは隊員募集(ガチャ)から完全に除外されることだ。このシステムのおかげで多数のSSRニケが登場する本作でも自分が欲しいニケを狙いやすくなっている。

画像

▲ハイクオリティのピースを50個集めるとSSRニケを1体獲得できるぞ。

またミッションの報酬などで手に入る「ハイクオリティのピース」や「ミドルクオリティのピース」を一定数集めることでそれぞれSSR、SRのニケを募集でき、部隊に必要なニケを集めるのも比較的簡単だ。

ステージによって武器種や属性、バーストスキルの組み合わせを変えたいバトルシステムなので、最高レアリティのニケを手に入れやすいのはライトユーザーにとっても嬉しいシステムだと感じた。

自由に建築できる前哨基地でニケと交流できる!

画像
▲画像に表示されている「+」の場所には自由に建築が可能だ。

もう一つ紹介したいのが、施設の建築やニケ達との交流ができる「前哨基地」だ。「前哨基地」は本作の活動拠点となる場所で、ニケ達との交流はもちろん前哨基地内の空き区画に自由に施設を建築できる。

前哨基地はかなり広く、建築できる施設は警察署や電波塔など多種多彩なので、どこにどの施設を建築するかで自分だけのオリジナル前哨基地を作れるのも魅力だ。

画像
▲筆者お気に入りニケの一人ジュリアだ。等身大も良いが、ちびキャラになってもかわいい。

前哨基地内ではニケが2.5頭身のちびキャラとなって歩いており、観察や面談(交流)をすることができる。ちびキャラになって歩いているニケもすごくかわいいのでぜひプレイして自分の目で見て欲しい。

また前哨基地内に特定の施設が建っていると一定確率でニケとの突発イベントが発生する。このイベントは多数用意されており、施設によって発生するイベントが違うため突発イベントを集めるやり込み要素もあるぞ。

画像

前哨基地内にあるコマンドセンターではニケにプレゼントを渡したり面談(交流)をして好感度を上げられる。好感度が上がるとニケごとのエピソードを見ることができるので、お気に入りのニケの好感度は積極的に上げるのがおすすめだ。

またコマンドセンターではメインストーリーや突発イベントの回想をいつでも確認できる。過去のストーリーが気になった時にいつでも見られるのはとても嬉しい機能だ。

画像
▲ジュークボックスの曲選択画面だ。音楽アプリと遜色ないUIで使いやすいぞ。

前哨基地について長くなってしまったが、最後に「ジュークボックス」を紹介しよう。コマンドセンター内にある「ジュークボックス」では、本作で使用されているBGMを聴くことが可能だ。

BGMを聴くためにはキャンペーンを進めて曲を入手する必要があるが、収録曲は先行プレイ時点で100曲を超えている。移動や作業中に聴く音楽プレイヤーとしても利用できるボリュームとなっている。

ストーリーだけじゃない!やり込み要素も満載!

画像
▲やり込み要素満載の「アーク」だ。ここからさまざまなコンテンツに挑戦できる。

最後に「アーク」からプレイできる4つのモードを紹介して終わりにしようと思う。どのモードもやり込み要素が満載なのでぜひプレイしてみて欲しい。

画像

まず1つ目は「ロストセクター」だ。「ロストセクター」はキャンペーンとは一味違った迷路やギミック要素がある特殊マップを攻略するモードとなっている。

敵を倒しながらギミックを動かして道を切り開いたり、宝箱からアイテムを入手したりとダンジョン探索要素が面白い筆者お気に入りのモードだ。

画像

2つ目は「トライブタワー」だ。「トライブタワー」は各ステージをクリアしながら最上階を目指すモードとなっている。階層が高くなると難易度も上がっていくため、ニケを育成しながら徐々にクリアしていく楽しみがある。

また指定曜日限定で企業別のタワーも解放される。企業別のタワーは指定企業のニケだけで部隊を編制する必要があり高難易度だ。

画像

3つ目は「シミュレーションルーム」だ。「シミュレーションルーム」はあらゆる突発的な状況をクリアするモードとなっている。

セクターごとに複数のステージで構成されており、ステージ毎に戦闘や指揮力テスト、集中治療室を選択してバフや回復を獲得しながらセクタークリアを目指していく。

画像

最後は「殲滅戦」だ。「殲滅戦」は強力なボスと戦うモードとなっている。ボスは非常に強力だが、複数のチェックポイントがあり倒し切れなくてもチェックポイントの進行度によって報酬を獲得できるぞ。

ボス戦は本作の中でも非常に面白いコンテンツの1つなので、キャンペーン以外でもプレイできる嬉しいモードだ。

まとめ

ここまで『勝利の女神:NIKKE』の魅力やゲームシステムについて紹介してきた。

本作は、世界観に引き込まれるストーリーと可愛い美少女達(ニケ達)、臨場感溢れる銃撃戦が魅力のゲームとなっている。美少女やシューティングゲームが好きな方に特におすすめできるゲームだと筆者は感じており、バトル中は背後から美少女(ニケ)の背中を見ることができるのが今までにない感覚を味わうことができ、ストーリー、バトルシステム含め非常に楽しめるゲームに仕上がっていた。

やり込み要素やサブコンテンツが非常に多く、今回全てを紹介することはできなかった。他にも素晴らしいコンテンツが沢山あるため気になる方は、ぜひリリース後に実際にプレイして体感してみて欲しい。今までにない体験を提供してくれるはずだ。

アプリ概要

画像

タイトル:勝利の女神:NIKKE ジャンル:背中で魅せる美少女たちの終末シューティングRPG リリース時期:2022年 公式Webサイト:https://nikke-jp.com/ 公式Twitter:https://twitter.com/NIKKE_japan 公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCvi81mltkpbF2UEvC_e864g 公式discord:https://discord.gg/nikke-jp

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る