2021-07-07

ブロックチェーンゲームは面白い?ゲーム攻略ライターが話題の「The Sandbox」の魅力を解説![PR]

画像
今話題のブロックチェーンゲーム「The Sandbox」をGame8のゲーム攻略ライターが徹底解説!

The Sandboxの魅力から始め方、「そもそもブロックチェーンゲームってなに?」という疑問にまでお答えしていきます!シミュレーションゲームが好きな方、資産運用に興味がある方などは是非御覧ください。

「The Sandbox」ってどんなゲーム?

ブロックチェーンを利用した本格シミュレーションゲーム

画像
The Sandboxは、ブロックチェーン技術を利用したオープンワールドシミュレーションゲームです。ゲーム性自体はマインクラフトに近く、ユーザーがフィールドの土地を購入し、キャラメイキングや建築等を楽しむ自由度の高いシミュレーションゲームですが、The Sandboxはゲーム内アイテムの管理にブロックチェーン技術を使っていることが特徴です。

アイテムを暗号資産で売買できる

The Sandboxは、作成したアイテムにNFTと呼ばれるトークンを発行することができるので、暗号資産で売買や交換などが可能です。ですから、資産として保管することや売買を通じて資産を増やすこともできます。

「The Sandbox」の魅力・面白さ

メタバース空間を楽しめる

画像
メタバース空間を自由に楽しめるのが、The Sandboxの大きな魅力の一つです。

メタバース空間とは、現実世界を仮想空間にミラーリングしたもので、「マインクラフト」や「あつまれどうぶつの森」等でも楽しまれています。

アイテムの作成や収集、配置、ユーザー同士でのコミュニケーションや冒険など、非常に自由度高く空間内を楽しむことが可能です。

ボクセルアートでアイテムを自作できる

画像
参照:「初めてのThe Sandbox (ブロックチエーンゲーム)」

The Sandboxでは無料ツールのVoxEditを使い、オリジナルのアイテムやキャラクター、建物などを制作することができます。正方形のBoxを3Dモデルとしてデザインできるので自由度がかなり高いです。

VoxEditで制作したオブジェクトはもちろんゲーム内にエクスポートして遊ぶことが可能です。

Game Makerで3Dゲームを制作可能

画像
参照:「初めてのThe Sandbox (ブロックチエーンゲーム)」

The Sandboxでは無料ツールのGame Maker※を利用することで、3Dゲームを制作することができます。

Game Makerにはビジュアルスクリプトツールが搭載されている為、コーディング技術等は必要なく、気軽にゲームを作成することができます。※2021年6月時点ではサービスを開始していません。Game Makerで制作したゲームも、もちろんゲーム内にエクスポートして遊ぶことが可能です!

マーケットプレイスにてアイテムを自由売買できる

画像

前述の通り、The SandboxではアイテムにNFTと呼ばれるトークンを発行することができます。NFTとして発行されているアイテムはブロックチェーン技術を利用しているので、所有者などの情報が改ざんされにくく、価値を持った資産とできるのです。
NFTとして扱われるアイテムは自由な売買が可能です。ゲーム内で制作した自作アイテムや購入した土地はNFTマーケットプレイスにて、暗号資産との交換が可能となります。暗号資産を現金化することも可能です。

そもそもNFTとは?

先程から、幾度も出てきている「NFT」とはそもそもどのような仕組みなのでしょうか。詳しく解説していきます!

「所有権」を、譲渡・売買できるようにトークン化したもの

画像
NFT(Non-Fungible Token)とは日本語化すると「非代替性トークン」という意味で、物やデータなどの「所有権」をトークン化し、改ざんが困難なブロックチェーン技術で管理しているものです。

NFTを利用することで、今までは「所有権」の管理が困難であった、
・ゲーム内アイテム
・各種権利
・デジタルアート
などを資産化、管理、売買できるようになりました。

Coincheck NFTにて売買が可能!

画像
NFTはNFTマーケットプレイスにて売買が可能です。クリプトスペルズに関しては、「Coincheck NFT」にて取引・現金化が可能となります!

Coincheck NFTは、国内初となるユーザー同士でNFTと暗号資産の売買ができるマーケットプレイスで、Coincheck口座を作成すれば誰でも取引、保管ができます。

▼Coincheckのアカウント・口座作成はこちらから!

コインチェックCoincheck口座作成へ!

「The Sandbox」の始め方

The SandboxはPCでのみプレイ可能です。
PCでのThe Sandboxの始め方の概要はこちらです。

1:アカウントを作成
2:エディターをダウンロード

また、新規登録にはメールアドレスが必要です。

詳しく手順を解説いたします。

アカウントを作成

画像

公式サイトの右上「サインイン」をクリックし、ウォレットと接続しましょう。

ウォレットを持っていない場合は、「アカウントを作成」をクリックし、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、アカウントを作成してください。
※必ずパスワードはメモを取り保存しておいてください。

入力したメールアドレスに確認用のメールが送信されるので、メール内にあるリンクをクリックすることで登録完了となります。

ウォレットを持っている場合は、ログインしてThe Sandboxとコネクトしてください。

エディターをダウンロード

画像

ゲーム内でアイテムを作成するVoxEditをダウンロードします。

エディターページの「Download now!」をクリックして、対応機種にあったエディターをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたZipファイルを解凍後に「VoxEdit」を開けば完了です。

ex)Coincheck NFTを始めてみよう

The Sandbox内の土地(LAND)を取引するには、Coincheckのアカウントや口座開設が必要になります。
メールアドレスと本人確認書類があればスマートフォンから簡単に口座開設が可能です。

1:公式サイトから会員登録
2:メールアドレスとパスワードを入力
3:電話番号(SMS)を利用し本人確認を行う
4:名前や住所等の情報を入力
5:本人確認書類を写真で提出

▼iOSのCoincheckの登録・口座開設方法

▼AndroidのCoincheckの登録・口座開設方法

まとめ

The Sandboxは、メタバース空間を自由に楽しめることに加えて、ゲームの製作やアイテムの自由売買も可能な点が魅力的です。

最大限遊ぶためには登録等も多く必要ですが、遊びながら資産を増やすことも可能ですので、全く新しい楽しみ方ができるゲームです。

シミュレーションゲームが好きな方、資産運用に興味がある方などは是非遊んでみてください!

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る