2020.03.20 12:00

美しいグラフィックと軽快なアクションで引き込まれる! スタイリッシュなSF学園物RPG『コード:ドラゴンブラッド』CBTプレイインプレッション

PR

Tencent Gamesが2020年春リリース予定で、今最も注目されているスマートフォン向けMMORPG『コード:ドラゴンブラッド』。本作は、アジアを中心に世界中で1000万部以上の大ヒットとなった小説『龍族(りゅうぞく)』を題材にした作品であり、映画のようなストーリー展開と迫力、そしてMMOならではの自由度の高さが特徴だ。
すでに事前登録も開始されており、すでに登録者数も50万人を突破している話題作だ。人数に応じてゲーム内でもらえる報酬も豪華になっていくため、もしまだの場合は下記のURLより登録を済ませておこう。

画像

ゲームのノリとしては学園物を舞台にしたSF作品といった感じで、とある事件がきっかけでカッセル学院に転校してきた主人公が、同じ学園の生徒たちと友情を育んで行きながら迫り来る脅威と戦っていく姿が描かれている。

画像

登場するキャラクターたちもややアニメ調で、日本の文化に非常にマッチしたものとなっている。それに加えて、最新のUnreal Engine 4のシャドーエフェクトと物理エンジンを活用したグラフィックが、作品の品質を高めている印象だ。フィールドに登場する草木は風に揺られ、夜に雨が降るシーンでもリアリティ感ある表現になっている。本作ではゲームを起動した瞬間にデモ映像が流れるのだが、もはや家庭用ゲーム機と差が分からないほどであった。

メインストーリーを進めていくこと、近未来の東京にも行くことが出来る。春を思わすような桜の花びらが舞い散る中、主人公が登場するのだが、このときにも先ほどチラリと触れたUnreal Engine 4による描画がかなり活かされている。

画像

今回、リリースに先駆けて実施されていたクローズドβテストに参加させてもらえる機会をいただいた。本稿では、そのプレイインプレッションをお届けしたいと思う。

4つの職業から選択可能! 細かなパラメーターで自分だけのキャラクターを作り上げよう

本作でプレイヤーがまずやらなければいけないことが、自分が操るキャラクターのメイキングだ。職業は戦士やタンクとして活躍する「村雨」、シューターの「鷹狩」、メイジ/アサシンの「執行者」、サポート/メイジの「共生」といった4つから選択できる。また、男女の性別の他、少女も選択することが可能だ。

ソロプレイだけではなくパーティでのプレイも考えて職業を選びたいところではあるが、それぞれの職業はレベル40にすることで、転職が開放される。さほどプレイに時間が掛かるわけでもなく、むしろゲームに慣れてきた頃に転職できるようになるので、ある程度好みで選んでいっても問題はないだろう。
画像
画像
画像
画像
▲それぞれの職業ごとにカッコイイアクションが用意されているため、選ぶのに迷ってしまうかもしれない。

選択できるのは職業や性別だけではなく、キャラクター自身見た目についてもかなり細かいパラメーターが変更可能になっている。髪型などパターンから選択できるパーツもあるので、ある程度自分好みのものに仕上げていくのは難しくないだろう。

画像
画像
画像
▲キャラクターメイキングでは、かなり細かいパラメーターが用意されている。

プレイ中に迷いにくいナビゲーション付! オープンワールドで繰り広げられるメインストーリー

ゲームの本編では、イベントのカットシーンとアクション性の高いインタラクティブなバトルという構成でストーリーを進めていくことになる。ときおり現れる選択肢によって、異なる反応を返すことも可能だ。

ユニークな点は、細かいオブジェクトの中に、実際に触ることができるものも含まれているところだ。たとえば、部屋に置かれているギターに近づいて触ると「禁じられた遊び」を弾き出す。このように、様々な場所でいろんなインタラクトを見つけるというのも、このゲームの楽しみ方のひとつかもしれない。

画像
▲会話シーンでは、ときおり選択肢が現れる。

画像
▲ギターをプレイ。ゲーム性とはあまり関係ないが、細かいところまで作り込みがすごい。

次にどこに行って何をすべきかわからなくなってしまったというのは、この手のRPGをプレイ中ではよくあることだ。しかし、本作ではそうした心配は無用である。画面右上に「目標」と書かれた項目があり、そこに次にすべきアクションが表示されている。[メイン]と書かれているものがいわゆるメインストーリーで、他にもサブミッションもこちらに表示されるようになっている。

この文字の部分をタップすると、自動でキャラクターが移動してくれる。そのため、場所を完全に把握していなくてもサクサクとプレイしていくことが可能だ。

画像
▲迷ったときは、画面左上の「目標」に書かれている項目をタップしよう。

様々な乗り物も登場

ゲームの世界はオープンワールドになっており、それぞれのミッションをこなしていくのにもマップ上を移動していくことになる。そんなときに役に立ってくれるのが、ゲーム中に登場する様々な乗り物だ。最初にバイクを入手することができるが、ゲームを進めていくことで新たな乗り物を入手していくことができる。

画像
画像
画像

新たな乗り物は、条件をクリアすることでアンロックして製造が可能になる。たとえば、「半重力スケボー」をアンロックするための条件は「レベル35でスコア17500に達する」といった感じだ。製造した乗り物は、パーツごとに自分好みの塗装に変えたり改造したりすることもできる。

画像

アクション性は高いが難しすぎない快適バトル

もうひとつのゲームのメインともいえるのが、バトルだ。こちらはややアクションゲームよりの操作感になっている。敵キャラクターとの位置を考えながら自分のキャラクターを移動して、画面右下にあるボタンの中からスキルを選んで攻撃を加えていくといったスタイルである。筆者が選んだキャラクターは、シューターの「鷹狩」だったため、敵とある程度距離を取りながら戦っていくという戦法が利用できる。このように、それぞれの職業に合わせたスタイルでバトルを楽しむことが可能だ。

画像
画像

敵の攻撃は、その範囲が赤く表示されるなど事前にわかるようになっていることがある。これらを避けていきながらダメージを食らわないようにして、敵にダメージを与えていこう。このように紹介すると、「アクションゲームは苦手なんだよね~」と思われるかもしれないが、そこまで高いアクション性が求められるわけではないので安心してほしい。むしろバトルでは、爽快感が感じられるほどだ。

画像
▲赤いエリアの中にいるとダメージを受けてしまう。

キャラクターのスキルは、ゲームを進めていくことで強化していくこともできる。これから出会う出あろう強敵に備えて、自らも強化していこう。

画像

ちなみに本作では、「ダンジョンクエスト」が実装されている。クエストごとに、マジックや現代、テクノロジー、ドラゴンなど異なるフィールドデザインになっているところも見所のひとつである。

今回は体験することができなかったが、強力な敵と戦うPvEモードでは、氷原、異空間、地下鉄トンネルといった野外やダンジョンで、凶悪なドラゴンと対決することができる。また、対人モードにはPvPとGvGモードが用意されている。こちらは、個人戦以外にも、バトルロワイヤルやチーム戦といった多種多様なモードが用意されている。

料理やクレーンゲームなどミニゲームも登場

先ほどもギターの例を紹介したが、他にもピアノが弾けた学院内に設置されたコートでバスケがプレイ出来るなど、様々なミニゲームなどのお遊び要素を各所で楽しむことができる。乗り物で自由に散策したり、あるいはクレーンゲームで景品を狙ってみたり・・・・・・このゲームの世界が、もうひとつの自分の居場所になりそうな仕掛けが多数用意されているといった感じである。

画像
画像
画像
画像
▲クレーンゲームでは、コントローラーでアームを動かして、位置を合わせてからボタンを押して取ることができる。

特定の条件で発生するミニクエスト「異聞システム」

本作では、特定の条件を満たすことで「異聞」と呼ばれるミニクエストのようなものに挑戦できるようになる。この条件は、特定の場所に訪れたり特定の天候のときにNPCに話しかけたりすることで発生する。つまりこの「異聞」がどんな条件で発生するか見つけるというのも、このゲームの面白さのひとつでもあるのだ。

見つけた情報は、友達通しで共有しあうというのもいいかもしれない。

画像
▲晴れた日にバスケットコートにいる木村竜彦に話しかけると・・・・・・異聞が発生。

画像
▲ボールをシュートするミニゲームに挑戦できるようになる。

画像
▲この何気ない景色にも何かが隠されている・・・かも?

レベル40で「料理の道」と「スーパーアイドル」が開放

レベル40にまで成長すると、解放されるのが「料理の道」と「スーパーアイドル」だ。レシピに合わせて素材を購入して料理を楽しんだり、あるいはアイドルとして別のライフしたイルを体験することもできるのである。
画像

筆者は今回「料理の道」を選んでプレイしてみたが、それとはまったく異なる体験ができる「スーパーアイドル」を選ぶのもいいかもしれない。キャラクターのレベルを60まで上げればふたつ目の職業も選択できるようになるので、好みで選択してもOKだ。

画像
▲「料理の道」または「スーパーアイドル」を選ぼう。

画像
▲材料が揃ったら、料理を開始!

ドラゴン育成で報酬ゲット

ドラゴンを育てていくことで、乗り物や衣装、仲間やアイコンといった報酬がもらえるモードも用意されている。「育成室」に入って、一緒に動画を見たりといったこともできる。ゲームにログインしたら、忘れずに毎日会いに行くようにしよう。

画像

豪華声優陣によるボイスにも注目!

ゲームを盛り上げてくれるのが、豪華声優陣によるボイスだ。本作でも伊藤美来さん、松岡禎丞さん、中原麻衣さん、石川界人さん、江口拓也さん、福山潤さん、内田愛美さんなど、多数の声優が参加している。

大ヒット小説が原作だけのことはあり、ドラマのカットシーンも随所に盛り込まれているので、物語部分だけでもかなり楽しめる作りになっているのも本作の魅力だ。

画像

Amazonギフト券コードなどが当たる共同創作キャンペーンも実施!

2020年3月18日から2020年3月25日の期間中、カッセル学園のオープンキャンパスが実施される。ここで、自分だけのオリジナル作品を投稿することで、限定称号と奨学金を獲得することができる。

応募方法

①以下の4つから好きなテーマを選び、オリジナルの作品を投稿
②作品のファイル形式(キャプチャー、画像、動画など)に制限はなし。投稿時に、各テーマのハッシュタグをつけてTwitterやYouTubeに投稿する
③投稿された作品の人気、オリジナリティ、完成度やクオリティ等に基づいて優秀作品を選出
④YouTubeで応募する場合は、動画紹介欄に自身のTwitterアカウント情報の記載しておく

テーマ

●ドラブラ美景百選
ゲーム内で思わず見とれてしまう景色に出会いましたか?
「#ドラブラ壁紙」をつけて投稿

●キャラメイクコンテスト
あなただけのユニークなキャラをシェアしてみませんか?
「#ドラブラキャラメイク」をつけて投稿

●私が見つけた遊び方
ドラブラの超自由なシステムをフル活用し、あなたが見つけた楽しい遊び方やちょっとした自慢をみんなにシェアしましょう!
「#私が見つけたドラブラの遊び方」をつけて投稿

●ドラブラの一日
今日はドラブラでどんな面白いことがありましたか?
「#ドラブラの一日」をつけてシェア

報酬

一等賞:総計4名、テーマごとに1名を選出 2万円分のAmazonギフト券コード+限定称号【クリエイター】
二等賞:総計4名、テーマごとに1名を選出 1万円分のAmazonギフト券コード+限定称号【クリエイター】
三等賞:総計4名、テーマごとに1名を選出 5千円分のAmazonギフト券コード+限定称号【クリエイター】
優秀賞:総計68名、テーマごとに17名を選出 3千円分のAmazonギフト券コード+限定称号【クリエイター】

結果発表

結果発表日:2020年3月28日
結果発表方法:公式アカウントで発表 + 入賞作品の展示
発送方法:Twitterのダイレクトメッセージで、Amazonギフト券コードとゲーム内で使用可能なコードキーを送付。場合により、ダイレクトメッセージを2通に分けて送付する場合もあり。
※Youtube作品の場合は、自身のTwitterアカウント情報を提供する必要があり。

まとめ:ストーリーの先が気になってついつい夢中でプレイ

ゲーム性ももちろんのことだが、本作ではやはりストーリー性の高さもポイントのひとつだ。そのためもあってか、ゲームをプレイしていると次の物語の展開が気になり、ついついやめど気を失ってしまった。今回ご紹介した以外にも様々な要素が盛り込まれているので、リリース後はぜひこの新たな世界を自ら体験してみてほしい。

画像

ゲーム概要

タイトル:コード:ドラゴンブラッド
ジャンル:RPG
価格:基本無料(アイテム課金制)
iOS推奨環境:iPhone7以上、iOS9.0以上。メモリ2GB以上
Android推奨環境:Android5.0以上、CPU(Qualcomm Snapdragon)800以上、メモリ4GB以上
リリース:2020年春
公式サイト:https://www.codedblood.jp
公式Twitter:https://twitter.com/CodeDragonBlood

©Sixjoy Hong Kong Limited
©FAMOUS HEART LIMITED

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る