2018.01.12 09:57

10vs10のハイスピードロボットチームバトルゲームがPlayStationⓇ4で登場!『ボーダーブレイク』の新プロジェクト発表会が開催

セガ・インタラクティブは、人気アーケードゲーム『ボーダーブレイク』の新プロジェクト発表会を実施した。

画像<以下、リリースより引用。>

『ボーダーブレイク』は、 ゲームセンターでサービス展開している、 最大10vs10 対戦を行うハイスピードロボットチームバトルです。 2009年の稼働開始以降、 シリーズ累計プレイヤー数は約50万人と、 多くの皆様にご支持いただいております。 グッズやコミカライズ、 ノベライズ展開をはじめ、 スマートフォン向けゲーム『ボーダーブレイク mobile -疾風のガンフロント-』等、 幅広く展開している他、 賞金制大会の実施、 全国でファンイベントを開催するなど、 ゲーム外の展開も活発に行っているタイトルです。 現在は最新作『ボーダーブレイク エックス ゼロ プラス』が全国のゲームセンターで稼働中です。

発表会では、 まず最初に『ボーダーブレイク』シリーズの歴史を振り返るPVが流れた後、 株式会社セガ・インタラクティブ 代表取締役社長CEOの杉野行雄よりご挨拶がありました。 そして『ボーダーブレイク』のシリーズ プロデューサーである青木盛治が登壇し、 新プロジェクトの動画が上映されました。 その動画内で、 なんと『ボーダーブレイク』が新たにPlayStation(R)4でリリースされることが発表され、 会場内はどよめきに包まれました。

画像
画像

次に、 スペシャルゲストとして「でんぱ組.inc」の古川未鈴さんが登場し、 青木プロデューサーとともに今回発表されたPS4版『ボーダーブレイク』についてトークセッションを行いました。

『ボーダーブレイク』シリーズの大ファンである古川さんは、 次々と切り替わるスライドと青木さんの解説に歓声をあげ、 新たなオープニングムービーや楽曲についても、 「今までの『ボーダーブレイク』の世界観もありつつ、 新しいエッセンスが加わったなと思いました。 楽曲もとても素敵ですね!」とコメントしました。

最後には、 青木プロデューサーより「新たな『ボーダーブレイク』が発表できてとても嬉しいです。 家で腰を据えて長くじっくり遊べる工夫をしていきます。 今年は『ボーダーブレイク』にとって飛躍の年になると思います。 新生『ボーダーブレイク』にどうぞご期待ください。 」と挨拶がありました、 また古川さんからも「『ボーダーブレイク』と関わって8年くらいになるのですが、 今回もこのように関わらせて頂き、 とても嬉しく思っています。 ずっと『ボーダーブレイク』を身近に感じたいと思っていたのですが実現しました。 これは歴史の大きな一歩になると思います。 私も出撃したいと思います!」と語っていただき、 イベントは終了しました。

画像
画像
画像
画像
※PS4版『ボーダーブレイク』イメージ画像

『ボーダーブレイク』について

ゲームセンターでサービス展開している、 10vs10 対戦を行うハイスピードロボットチームバトルです。
2009年の稼働開始以降、 シリーズ累計プレイヤー数は約50万人と、 多くの皆様にご支持いただいております。 グッズやコミカライズ、 ノベライズ展開をはじめ、 スマートフォン向けゲーム『ボーダーブレイク mobile -疾風のガンフロント-』等、 幅広く展開している他、 賞金制大会の実施、 全国でファンイベントを開催する等、 ゲーム外の展開も活発に行っているタイトルです。
現在は最新作『ボーダーブレイク エックス ゼロ プラス』が全国のゲームセンターで稼働中です。

■プロモーション映像

ゲーム概要

タイトル: ボーダーブレイク
対応機種: PlayStation(R)4
発売日: 2018年
価格: 基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)
ジャンル: ハイスピードロボットチームバトル
プレイ人数: 1 人(最大10vs10多人数バトル)
CERO表記: 審査予定
公式Webサイト: http://ps4.borderbreak.com/
公式Twitter: https://twitter.com/SEGABB_PS4

©SEGA
■ 記載されている会社名、 製品名は、 各社の登録商標または商標です。

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る