Image

2017.08.25 09:46

『スプラトゥーン2』の販売本数が国内累計100万本を突破!プレイヤーとNintendo Switch購入者は10代男性がもっとも多い?

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年7月21日(金)に発売したNintendo Switch向けゲーム『スプラトゥーン2』の国内推定累計販売本数を速報として発表した。また、全国47都道府県の5~69歳の男女を対象に、『スプラトゥーン2』やNintendo Switchに関する調査も実施した。

画像<以下、リリースより引用。>

「スプラトゥーン2」 売上速報

(集計期間:2017年7月21日~2017年8月20日/販売週数:5週/出典:ファミ通)

国内推定累計販売本数: 1,013,842本

※ダウンロードカード、 Nintendo Switch スプラトゥーン2セットを含む(ダウンロード版の本数は含みません)

【ご参考】
ニンテンドースイッチ 国内推定累計販売台数: 1,479,770台
(集計期間:2017年3月3日~2017年8月20日/出典:ファミ通)

「スプラトゥーン2」に関する調査結果

男性プレイヤーが全体の約7割(73.9%)を占める。 年代別では10代が最多。

画像

ニンテンドースイッチ購入者に関する調査結果

購入者の約7割(65.9%)が男性。 年代別では、 10代が約3割(27.1%)を占める。

画像

今年7月21日に発売された、 ニンテンドースイッチ向けソフト「スプラトゥーン2」(発売:任天堂)は、 発売から約1ヵ月で国内累計100万本を突破しました。
今回、 「スプラトゥーン2」プレイヤーの男女比率や年齢層比率について調査したところ、 男性が約7割(73.9%)、 年齢別では5~19歳のプレイヤーが約6割(63%)を占め、 若年層の男性を中心に支持されていることが分かりました。

また、 国内累計販売台数が140万台を超えたニンテンドースイッチの購入者調査を行ったところ、 男女比率では男性が約7割(65.9%)を占め、 年代別では10代が最も多く、 20代、 5~9歳と続きます。 「スプラトゥーン2」発売により、 5~9歳、 10代の購入者の割合が増え、 人気を集めていることが伺えます。

調査概要

調査対象:全国47都道府県の5歳~69歳までの男女(14歳以下は保護者の代理回答)
調査手法:大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間:2017年8月7日~8月8日
調査人数:16564人(男性8887人、 女性7677人)

eb-iとは

『eb-i(Entertainment Business Insight)』は、 株式会社Gzブレインが週単位で継続して行っているエンターテイメント分野の消費動向調査です。
保有する国内26万人パネルから1万人超のモニターを対象に、 週次でWeb調査を実施し、 映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。
URL: http://www.f-ism.net/

画像

株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について

株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:浜村 弘一)は2017年7月3日、 カドカワ株式会社の100%子会社として設立。 『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、 様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。 情報誌や書籍の出版だけでなく、 Webメディアやイベントの企画・運営、 ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、 ゲームマーケティング事業など、 あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。
公式サイトURL: http://gzbrain.jp
画像

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る