Image

2017.07.04 19:23

いよいよ発売間近! 役所広司さん、有村架純さん、坂口健太郎さんら豪華キャスト陣も集結した『レイトン』シリーズ最新作 完成披露会が開催

レベルファイブは、7月3日(月)に東京・千代田区のベルサール九段でメディア向けイベント「『レイトン』シリーズ最新作 完成披露会」を開催した。今回はその模様をお届けする。

画像

全世界で累計1600万本以上を出荷している『レイトン』シリーズ。その正式続編である『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』が、7月20日(木)に発売される。その完成を記念して行われたのが、この日のイベントである。

まずは、レベルファイブ代表取締役社長/CEOでレイトンシリーズ総監督の日野晃博氏が登壇。本作の紹介が行われた。

画像

主人公だけではなく物語のテンポやナゾも含めてすべてが新しい!

自社でパブリッシングを行うゲームメーカーとして船出する、きっかけとなった『レイトン』シリーズ。その1作目である『レイトン教授と不思議な町』が発売されてから、10年目となる。

最新作の『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』では、これまでの良い部分は継承しつつも様々な部分が一新されている。もっとも大きな変化は、主人公がこれまでのレイトン教授から変わり、その娘である「カトリーエイル・レイトン」となったところだろう。

変わったのは主人公だけではなく、助手も変更。なぜか人の言葉がしゃべれる犬の「シャーロ」と「ノン・モントール」が仲間に加わっている。

画像
画像

従来までは壮大なストーリーを解いていき大団円を迎えるという構成だったが、今作では日常のロンドンで起きる1話完結の不思議な事件を、たくさん解いていくといった軽快なものに変化している。

主人公が女性に変わったということで、新たにファッションの要素も追加。主人公を着替えさせることができそのまま本編を進めていくことができる。ファッションのデザインを担当したのは、SHOHEI KASHIMA氏だ。

画像

対応機種も従来までのニンテンドー3DSに加えて、スマートフォンでも配信が行われる。また、これも同社にとって初の試みだが、全世界同時配信が行われる。現時点で8ヵ国語でリリースされることが決定しているとのこと。

ちなみに、本シリーズの肝の部分である「ナゾ」は、従来まで故・多湖輝氏が監修を務めていた。しかし、昨年同氏が亡くなってしまったため、今作では「ゴースト暗算」の開発者である岩波邦明氏がナゾを担当している。

画像
▲今作でナゾを担当した岩波邦明氏。

役所広司さん、有村架純さん、坂口健太郎さんの豪華キャスト陣によるトークセッション!

続いて今回の声を担当した役所広司さん、有村架純さん、坂口健太郎さんが登壇。豪華キャスト陣によるトークセッションが行われた。

画像

――主人公のカトリーはどんな女性ですか?

有村さん:男勝りの部分があって、だけど父のレイトン教授より品があります。だけども天真爛漫案部分あるという女の子です。

日野氏:いいとこづくめですね(笑)。ちょっとおてんば要素もあったりして、有村さんの声で可愛い感じになっています。

画像

ここでいきなり有村さんにメッセージが届いているということで、全シリーズまで主人公レイトン教授の声を担当していた大泉洋氏からビデオメッセージが。

画像

大泉洋氏(ビデオメッセージ):みなさんこんにちわ大泉洋です。このたびは、『レイトン』シリーズの最新作がはじまるということでございまして。非常におめでたい席だというのは重々承知しているのですが。どうして私が呼ばれていないのか? というのが、非常に疑問なところでございまして。

『レイトン ミステリージャーニー 』ですけど、今回なんですか。有村ちゃんが・・・・・・キ、キミの話らしいじゃないか。あんた、わたしの娘でしょ、つまり。いよいよ親子役かってことでね。残念です。恋人役がいいな~。

――というようなメッセージでしたけど、有村さんどうですか?

有村さん:『レイトン』シリーズの親のようなところがあるので、言われている言葉に深みは無いのかもしれないけど、でもすごい重みはありました(笑)。

――恋人役が良かったという希望があったようですが?

有村さん:恋人役がきたらですか? それはもちろんはい。やらせていただきたいです。

画像

――主人公のカトリーを演じて難しいところはありましたか?

有村さん:『レイトン』シリーズに途中で参加させていただいて、まさかカトリーをやらせていたけるとは思ってもいませんでした。土足で足を踏み入れるような思いでやっていました。最初私のイメージで作っていたら、日野さんや演技指導の方のイメージと違っていたみたいで・・・・・・かつて、大泉さんもそうだったらしいんです。現場で一緒に作っていってくださったという感じやっていました。

日野氏:3人ともキャラクターがそのまま出てきたというピッタリ感があって、スタッフも満足していました。

――役所さんはしゃべる犬ということで、どんな役作りをされていましたか?

役所さん:僕はずっと犬を飼っていました。いつもその犬とはしゃべっていましたし、彼女の言葉も自分で作ってひとりで遊んでいましたので、その頃の経験を活かして懐かしくこのシャーロの役を演じました。

画像

――シャーロはどのような役割だと思われますか?

役所さん:とぼけたキャラクターを利用して、事件を説明的にならないように解説していく役割ですね。ドラマの中でシリアスになりすぎた中で、シャーロとカトリーで軽いノリでニヤっと笑うユーモアを担当したような気がします。

日野氏:僕らも役所さんに犬の役をお願いしていいのか悩んだのですが、今回やっていただいて喜んでいます。

――坂口さんは、カトリーの助手となるさえない助手ノア・モントールという役ですが、どんな性格のキャラクターですか?

坂口さん:僕の感覚だと、ちょっと情けなかったりあわてんぼうだったりというキャラクターです。時々ナゾときのシミュレーションの相手役に使われたり、時々散々な目にもあったりしつつ、かわいらしいイメージでしたね。

――実際に演じて持て、ご自身との共通点はございましたか?

坂口さん:僕が最初ノアで感じた情けなさだったり、ドジなところがキュートに見える感じだったりは、頭の中すっと入ってきました。そう考えると、もしかしたらすごく近い心を持っているのかなと思いました。

画像

――有村さんから、今後のシリーズに向けてのメッセージをお願いします

有村さん:私もまだ『レイトン』シリーズに足を踏み入れたばかりなので、大きなことは言えませんが、みなさんこれからも愛され続ける作品になるように、一生懸命頑張りたいと思います。

――ありがとうございました!

画像
▲3人で力を合わせて、ナゾときにも挑戦!

画像
▲イベントの最後には、今作の主題歌「Girls」を担当した西野カナさんが登壇。歌声を披露していた。

問題数も過去最大。プラットフォームの幅も増え、さらに多くの人が様々な場面で楽しむことができるようになった本作。ぜひ発売日に手に入れて、いち早くその魅力に触れてみて欲しい。

ゲーム概要

画像
タイトル:レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀
ジャンル:ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー
スタッフ:ナゾ開発:岩波 邦明
プロデューサー/企画/シナリオ:日野 晃博
キャラクターデザイン:長野 拓造
音楽:西浦 智仁
対応機種:ニンテンドー3DSシリーズ/Android/iOS
CERO:審査予定
企画・製作:株式会社レベルファイブ
アニメーション制作:株式会社A-1 Pictures
開 発:株式会社ハ・ン・ド/株式会社レベルファイブ
ニンテンドー3DSシリーズ発売日/価格:2017年7月20日(木)予定/4,800円(税込)
Android/iOS配信日/価格:2017年7月20日(木)予定/1,900円+アイテム課金
※アイテム課金なしでエンディングまで遊べます
オフィシャルサイトURL:http://www.layton.jp/mystery-journey/

©LEVEL-5 Inc.

最新ニュース

チェックしてゲームをもっと楽しもう!

トップへ戻る