日頃たまったストレスを、一気にぶっ飛ばせちゃうようなスカッとした気分になりたい! まさにそんなときにサイコーにオススメなスマホゲームが、今回ご紹介する『太極パンダ ~はじまりの章~』だ。

画像

なになに? パンダでも育てて遊ぶゲームなのか? と思いがちだが、本作はタイトルからは想像も付かないような爽快なアクションバトルが楽しめる作品となっている。

まず最初にプレイするキャラクターを選ぶのだが、用意されている7つのキャラクターたちは、全く異なるプレイフィーリングを持っている。たとえば、パンダの姿をした「モンク」は、まさに“豪傑”といった感じで近距離の戦闘で優れた能力を発揮する。

画像

逆に「ウィザード」はテレポートなどを駆使して敵をかく乱しながら、遠距離で戦っていくといった感じだ。それぞれに違った面白さがあるため、新たなキャラクターをプレイするたびに新鮮な気分でゲームができるのも魅力のひとつである。

画像

シンプルながら爽快なアクションが楽しめるインターフェイス!

格闘をメインとしたアクションゲームをスマートフォンでプレイするときに、必ずといっていいほど話題となるのがリアルキーの存在しない(あるいは使わない)端末で、どのようにキャラクターを操作するかということだろう。

画像

本作はあくまで操作はシンプル。それでいながら、爽快なアクションが楽しめる方向にチューニングされている。キャラクターの移動は、実際のコントローラーのように画面左側を左の指で動かすことで行える。

画面右側にはいくつかのボタンが配置されており、メイン攻撃のほか個々のキャラクターたちがもつ特殊なスキルもボタンひとつで発動できるようになっている。もちろん、複雑なコマンドを入力する必要もなしで、すべての技を繰り出すことが可能だ。

画像▲発動可能なスキルは赤く表示される。スキルによっては発動後クールダウン時間が設けられており、残りの使用可能時間もカウントダウンで表示される。

ちなみに戦闘で使えるスキルは、レベルを上げて開放していくことで新たなものが使えるようになる。また、レベルに合わせてスキル自体も強化していくことができる。

画像

ひとりでじっくり遊んでもよし! 3対3のPvPもアリ

ゲームの基本はストーリーを追いながら各エリアのボスを倒していく「メイン」のほか、「サブ」と「デイリー」の3種類のクエストが用意されている。いずれもクリア時にアイテムやボーナスといった報酬をもらえる。

画像

とくにどの順番で遊ばなければいけないということはないので、キャラクターの成長やアイテムなどの状況によって選んでいくようにするといいだろう。

画像▲クリア後のボーナスも忘れずに受け取っておこう。

ゲームを始めたばかりで自分の腕前がどれぐらいか測りたいときは、メイン画面左側にある「SP機能」から「競技場」を選んでみよう。様々なレベルのプレイヤーのリストが表示されているので、勝てそうな相手を選んで挑戦することができる。

自分自身のランキングも表示され、上位1000位以内で最高順位を更新するとボーナスをもらうこともできる。

画像

ちなみにこの「SP機能」は、レベルによって様々なモードが開放されていく。例えばレベル21で開放できる「コロシアム(3v3)」では、リアルタイムで3対3の対戦が楽しめる。ここでは、コンピューターが操る敵とは異なり、千差万別の猛者が相手となるのだ。

画像▲そのほか、ここには書き切れないほど豊富なモードが用意されている。

ハクスラ系ゲームでおなじみのアイテム集めなどやりこみ要素も!

先ほども報酬でアイテムなどがもらえると書いたが、本作のもうひとつの楽しみ方にハクスラ系ゲームではおなじみのアイテム集め要素がある。ゲーム中で手に入れた装備品は、自分のキャラクターに身につけさせることができる。

画像

装備品は当然のことながら能力も高めることができるが、さらに強化していくことも可能だ。また、キャラクター自体の見た目も変化するため、よりよいアイテムが入手できたらどんどん変更していくといいだろう。

画像

戦闘中、一緒に戦ってくれるペットのような存在の「使い魔」も、最大ふたりまで一緒に連れて行くことが可能だ。この使い魔とは、伝説の英雄や神獣を召喚して同伴できるというもので、ゲーム中に使い魔の封印された「魔法石」を入手することで増やしていくことができる。

画像
画像

使い魔自体も成長させていくことができるほか、持っている能力も異なるため、敵に合わせて連れ出すものを選ぶようにするといいだろう。

まとめ

システムだけをいろいろと紹介していくと、複雑でややこしいゲームに感じてしまうかもしれない。しかしそれらは、あくまでもゲームとしての奥深さを補完するために用意されているものばかりだ。コアとなるアクション部分はストレスフリーで楽しめるので、最初のうちはあまり難しいことを考えずにどんどんプレイしていっても問題はない。

サウンドはもちろんのこと、次世代の3Dゲームエンジン「Flexi」で作られているということもあってか、グラフィックも美麗だ。

画像▲ホーム画面では他のプレイヤーのやりとりも表示され、かなり賑やかな雰囲気だ。

アクションだけではなく、一般的なRPGのようにゲームを進めていくにつれてできることが増えていくというのも絶妙なバランスである。ここ最近熱中できるゲームが見つからないなと思っている人は、まずは本作を1度遊んでみてはいかがだろうか。

アプリ概要

タイトル:太極パンダ 〜はじまりの章〜
ジャンル:アクションRPG

■公式サイト
■公式twitter
■公式facebook

©2016 Snail Games Japan,Inc. All Rights Reserved.

(編集・執筆/高島おしゃむ)