セガホールディングスは、国際オリンピック委員会(IOC)のライセンシーである International SportsMultimediaと、東京 2020 オリンピック競技大会を題材にしたゲームソフトの開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。

画像<以下、リリースより引用。>

セガグループ(当時は株式会社セガ)は、オリンピック公式ゲームソフトの開発・販売に関するライセンスを ISM より取得し、2008 年の北京(夏季)、2010 年バンクーバー(冬季)、2012 年ロンドン(夏季)、2014 年ソチ(冬季)、そして今年開催された 2016 年リオオリンピックのゲームを提供してまいりました

「セガとの関係を更に発展させることができ嬉しく思っています。セガがこれまで蓄積したオリンピックゲーム開発に関するノウハウを注ぎ込むことで、東京オリンピック公式ゲームは世界中の人々を楽しませ、東京オリンピックの魅力を世界に向けて発信する一助となることでしょう」と ISM の会長兼 CEO である Raymond Goldsmith 氏は述べています。

ゲームソフトの開発・販売を行う株式会社セガゲームスの代表取締役社長 CEO である里見治紀は「東京 2020 オリンピック競技大会のゲーム化権を取得することができ、大変光栄に思っております。セガは過去のオリンピックのゲーム開発で培った豊富な経験を活かし、世界中の皆様にお楽しみ頂ける東京オリンピックのゲームを提供いたしますのでご期待ください」と述べています。

今後の発表にご期待ください。

ISM について:
ISM はエンターテインメントソフトウェアの管理及び開発を行っています。インタラクティブエンターテインメントソフトウェアに関するオリンピック独占ライセンシーであることに加え、サッカーに特化したスポーツファンタジーゲームを提供するリーディングカンパニーの一社です。詳しくは ISM の公式サイトをご参照ください。
www.ismltd.com

TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. Copyright © 2016 International Olympic Committee ("IOC"). All rights reserved. Companies and product names are their respective registered trademarks.

(編集・執筆/高島おしゃむ)