【アミスト】アミストのターン制戦闘解説

【コラボ情報公開!!】

▶︎メタルスラッグコラボアイテムパックまとめ

▶︎メタルスラッグ3コラボイベント速報

ついにメタルスラッグコラボ解禁!今回のコラボに関する情報は上記をタップ!!

アミスト(アーミーメン・ストライク:反撃)における、アミストのターン制戦闘についてまとめた記事です。アミストの戦闘にルールついて分からない方は、是非こちらをご覧ください。

アミストの戦闘ルール

①兵士は兵種やレベルごとにユニットになる

兵士
アミストの戦場での戦闘は、各兵種レベルごとに1つのユニットとなり、最大35ユニット参戦可能です。例えば、レベル6突撃兵200体、レベル7突撃兵300体、レベル7装甲車500体がいる場合、戦場では3ユニットになります。

▼兵士の訓練方法についてはこちら
訓練とは

②1ターンに全てのユニットが攻撃する

戦闘イメージ
戦闘では、攻撃側と防御側の全てのユニットが攻撃するとターンが終了します。そのため、参戦ユニットが多ければ多いほど、1ターンの攻撃回数を増やすことが可能です。

③有利な兵種のユニットを攻撃する

兵士の相性

兵種 有利 不利
突撃兵 ヘリコプター
大砲
装甲車
防御施設
装甲車 突撃兵
大砲
ヘリコプター
防御施設
ヘリコプター 装甲車
大砲
突撃兵
防御施設
大砲 防御施設 突撃兵
装甲車
ヘリコプター

戦闘中に各ユニットは、上記の有利な兵種の最もレベルが低いユニットを攻撃します。例えば、味方がレベル5とレベル6の装甲車ユニット、敵がレベル1、レベル2の突撃兵ユニットとレベル2の大砲ユニットである場合、味方はレベル1の突撃兵ユニットを攻撃し、殲滅後レベル2の突撃兵ユニットを攻撃します。

各兵士の相性と特徴

④戦闘は最大100ターン

戦闘敗北
アミストの戦闘は最大で100ターン行われます。100ターン以内に攻撃側か防御側どちらかの部隊が全滅すると、勝敗が決します。また、100ターン経過しても全滅しなかった場合はより損失が大きい方が敗北です。この時、負傷兵の復活など、スキル効果は勝敗判定に影響を与えないため、純粋な損失の大きさで勝敗が決まります。

まとめ

アミストのターン制戦闘について理解できたでしょうか。戦闘は自動的に処理されるため、実際に攻撃ユニットは見えませんが、上記のような戦闘が行われています。参加ユニットが多ければ多いほど戦争では有利になるため、兵士の訓練を毎日欠かさずに行いましょう。

関連リンク

ゲーム内FAQ バナー
よくある質問 初心者の質問
アカウント関連の質問 支払い関連の質問
戦場&戦闘関連 戦闘ルール
軍団関連 施設
士官関連 イベント
空軍 特別行動
確率 -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「アミストのターン制戦闘解説」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    ランキング

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る