【アークザラッドR】スイレン鬼熊装束の評価と覚醒スキル

【注目のイベント】
開催中のガチャ一覧

アークザラッドR(アークR)における、スイレン鬼熊装束の評価と覚醒スキルをまとめています。また、スイレン鬼熊装束の基本ステータスやアクティブスキル、オートスキルだけでなく、強い点も紹介しているので、アークザラッドでスイレン鬼熊装束を育成する際の参考にして下さい。

スイレン鬼熊装束の評価

スイレン鬼熊装束の画像

総合評価
8.5/10.0
▶︎最強ランキングの順位
闘技場 地下遺跡 凶敵襲来 周回
9.5 8.5 8.5 7.5

リセマラ当たりランキング

パーティーのブロック性能を向上

スイレン鬼熊装束は、自身や味方のブロック率・ブロック時のダメージカット効果を上昇させるオートスキルを所持しています。

ブロック性能が上げることで被ダメージを抑えられるので、闘技場のような状態変化を無視してくる敵が多い場面で役立つでしょう。

自己回復スキルで耐久可能

スイレン鬼熊装束は、アクティブスキル【雫斬り】で与えたダメージの50%が回復できます。

無敵スキルは持たないためダメージ自体は受けてしまうスイレン鬼熊装束ですが、ブロック性能が高いので自己回復を入れつつであれば耐久もある程度可能です。

スイレン鬼熊装束のスキル・覚醒スキル

オートスキル

東雲の画像 【東雲】
自身のブロック率を50%上昇。ブロック成功時のダメージカット効果を40%上昇。ダメージカット効果の上昇が複数適用された場合、上昇値は最大40%までとなる。
叢雲の画像 【叢雲】
範囲内の味方のブロック率を50%上昇。ブロック成功時のダメージカット効果を40%上昇。ダメージカット効果の上昇が複数適用された場合、上昇値は最大40%までとなる。
朧の画像 【朧】
ブロック成功時、自身の攻撃力が30%上昇する状態変化「攻撃力上昇」を付与する。

アクティブスキル

雫斬りの画像 【雫斬り】
消費MP:30
敵単体に攻撃力の200%のダメージを与え、与えたダメージの50%分を回復する。
一魂断の画像 【一魂断】
消費MP:40
敵単体に物理防御が0になる状態異常「物理防御無効」を付与し、攻撃力の250%のダメージを与える。

スイレン鬼熊装束のステータス

衣装変更時のステータス

衣装変更時レベル最大のステータス
HP 9902 攻撃 1645
物防 95 魔防 85
速さ 115 移動距離 4
初期MP 20 最大MP 80

衣装変更時のステータス

衣装変更時レベル最大のステータス
HP 9902 攻撃 1645
物防 95 魔防 85
速さ 115 移動距離 4
初期MP 20 最大MP 80

スイレン鬼熊装束のおすすめ装備

※現在準備中

スイレン鬼熊装束と相性の良いキャラ

※現在準備中

スイレン鬼熊装束のパーティー編成例

※現在準備中

スイレン鬼熊装束の詳細情報

最大レベル 70
攻撃手段 物理
ロール タンク
相性 魔導
タイプ 百鬼隊
刀の使い手
通常攻撃の範囲 スイレン鬼熊装束
移動手段 歩行
声優 中村 桜

スイレン鬼熊装束で獲得できる魂装備

藍染めの着物: HP+854 初期MP+10
自身のHPが99%以下の時、攻撃力が5%上昇する。

アークザラッドRの関連記事

キャラランキング

リセマラ当たりランキング.pngリセマラ 最強キャラランキング.png最強キャラ

ロール別

アタッカーの画像
アタッカー
タンクの画像タンク ヒーラーの画像
ヒーラー
バッファーの画像バッファー デバッファーの画像デバッファー

タイプ別

銃士 楽団 マイペース
魔術師 百鬼隊 刀の使い手
英雄 復讐者 軽戦士
自警団 格闘家 帝国軍
ラマダ僧 槍闘士 剣士
傭兵団 炎の盾 歴史の語り部
異端者 古の七勇者 8月計画
機械型 帝都防衛隊 アークス
獣型 精霊の巫女 四将軍

相性別

自然 機工 精霊
武勇 魔導 異能
魔族 技芸 不死

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「スイレン鬼熊装束の評価と覚醒スキル」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[3563]
      装備ガチャのみのも一緒に出せばいいのに……

    • >>[633]
      移動力が増えるわけでもないし、エレキバッジはむしろ改造した方がいい。

    権利表記

    トップへ戻る