【アークザラッドR】フレンド機能の使い方まとめ

アークザラッドRのフレンド機能の使い方です。フレンドの使い方やフレンド枠を設定する方法、フレンドになる方法を掲載しています。

フレンド機能について

▶︎お役立ち記事一覧を見る

フレンド枠の設定

部隊1の先頭キャラがフレンド枠

フレンド枠の設定

自分のキャラのフレンド枠は、部隊1の先頭にキャラを編成することで設定完了となります。そのため、部隊1の先頭キャラは自分が一番育成しているキャラを置くようにしましょう。

▶フレンド掲示板に書き込みしてみよう

フレンドになる方法

クエストクリア後にフォローする

フレンドになる方法1

クエストに出撃する前のパーティ編成画面にて、下側に他プレイヤーのキャラが表示されています。自分が使いたいキャラがいたら他プレイヤーのキャラをパーティに編成し、クエストクリア後に「フォロー」することでフレンドになれます。

フレンド検索からフォローする

フレンドになる方法2

ホーム画面の右上にあるフレンドをタップすると、フレンド一覧とフレンド検索が表示されます。フレンド検索では故意のフレンドコードを打ち込むことができ、表示されたキャラを「フォロー」することでフレンドになれます。『Game8』でも「フレンド募集掲示板」を用意したので、ぜひご活用下さい。

▶︎フレンド募集掲示板を見る

フレンドの使い方

①連れていきたいフレンドをタップ

フレンドの使い方1

クエスト選択後に表示されるパーティ編成画面にて、「フォロー」したフレンドも下側に表示されています。まずは使いたいフレンドのキャラをタップしましょう。

②パーティの入れ替え先をタップ

フレンドの使い方2

使いたいフレンドを決めたら、自分のパーティ枠1〜5のどこかをタップすることで、フレンドをパーティに編成することが可能です。

【必見】フレンドを使う際の注意点

★パーティの平均レベルが影響する

フレンドを使う際に注意するのは、自分のパーティの平均レベルです。例として、パーティ全体のレベルが30、フレンドのレベルが50だった場合、クエストに連れていくとフレンドのレベルが下がることになります。全体のレベルが影響されることを理解し、自身のキャラ育成に励みましょう。

▶︎効率的なレベルの上げ方を見る

★5人パーティにする必要がない

自分のパーティは必ず5人にする必要はありません。「1体だけ50レベル...」なんて時は、パーティに育ったキャラのみ編成し、空いている枠にフレンドを編成すれば、フレンドの能力は下ることなく使えます。ペアでクエストに挑むことになりますが、フレンドが『覚醒』キャラの場合、圧倒的にペアで行った方がラクラクです。『Game8』の覚醒キャラのフレンドコード板をぜひご活用下さい。

▶覚醒キャラのフレンドコードを見る

フレンドになるメリット

同じキャラを2体まで編成できる

フレンドになるメリット.jpg

本来同じキャラを2体パーティに編成することはできませんが、フレンドのキャラであれば同じキャラでもパーティに組み込むことが可能です。単純に超強力なキャラがいるとしたら、そのキャラをフレンド機能を利用して2体使うことができる訳ですね。

通常よりもフレンドptが多く貰える

フレンドになるメリット2

フォローしているフレンドを使うと、フレンドptを通常よりも多く入手できます。フレンドptは、ショップでキャラ育成に役立つアイテムと交換できるため、フォローしてるフレンドを1日1回は使い、フレンドptも効率的に貯めましょう。

▶︎アイテム一覧を見る

関連記事

序盤の効率的な進め方 ロールの特徴と行動順
キャラの強化方法 キャラの進化方法
スピリットボード詳細 能力解放のやり方
覚醒のやり方 相性の仕組み
装備の強化方法 装備作成のやり方
オートプレイのやり方 フレンド機能の使い方
おすすめパーティ編成 踏破ポイントの獲得方法

コメント

1 名無しさん約7ヶ月前

フレンドさんをなんとか20人にしたいのに、1pの人連れて行っても「枠がいっぱいで・・」とかなってフレになってもらえない(´;ω;`)

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「フレンド機能の使い方まとめ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る