【アークザラッドR】ログリードの評価と覚醒スキル

アークザラッドR(アークR)における、ログリードの評価と覚醒スキルをまとめています。また、ログリードの基本ステータスやアクティブスキル、オートスキルだけでなく、強い点も紹介しているので、アークザラッドでログリードを育成する際の参考にして下さい。

ログリードの評価

ログリードの画像

評価点 8.0/10.0
▶︎最強ランキングの順位

リセマラ当たりランキング

味方の攻撃力を上昇出来るサポート役

「ログリード」のオートスキルは「範囲内の味方の攻撃力を35%上昇」させるものです。十字範囲内の味方の火力を上げることが出来るので、積極的に火力を上げるのがおすすめです。特に「アタッカー」の攻撃力を上げることが出来れば、敵にダメージを与えやすくなります。

敵の数が少ないほど大ダメージのスキル

アクティブスキルの1つが「範囲内の敵の数によってダメージを等分し、合計で攻撃力の300%のダメージを与える」ものです。対象が多いとダメージが分散してしまいますが、敵が1体の時などに300%のダメージを与えることが出来るので、状況を見てスキルを使いましょう。

ログリードのスキル・覚醒スキル

オートスキル

レジストの画像 【レジスト】
バトル開始時、自身に状態異常耐性上昇を付与する。
ストライクパワーの画像 【ストライクパワー】
範囲内の味方の攻撃力を45%上昇する。

※効果値は星5時点でのものです。

アクティブスキル

バレットレインの画像 【バレットレイン】
消費MP:30
範囲内の敵の数によってダメージを等分し、合計で攻撃力の300%のダメージを与える。
ゲイルクローの画像 【ゲイルクロー】
消費MP:40
敵単体に攻撃力の105%のダメージを与え、それぞれ33%の確率で移動低下と命中低下を付与する。

※効果値は星5時点でのものです。

覚醒後のアクティブスキル

バレットスコールの画像 【バレットスコール】
消費MP:30
範囲内の敵の数によってダメージを等分し、合計で攻撃力の300%のダメージを与える。
ゲイルスラッシュの画像 【ゲイルスラッシュ】
消費MP:40
敵単体に攻撃力の105%のダメージを与え、それぞれ45%の確率で移動低下と命中低下を付与する。

ログリードのステータス

覚醒前のステータス

覚醒前レベル最大のステータス
HP 729 攻撃 362
物防 12 魔防 12
速さ 70 移動距離 4
初期MP 10 最大MP 50

覚醒後のステータス

覚醒後レベル最大のステータス
HP 1635 攻撃 733
物防 12 魔防 12
速さ 70 移動距離 5
初期MP 20 最大MP 80

ログリードのおすすめ装備

武器名 カテゴリ名
ピースメーカー 武器
プラチナメイル 防具
破魔の書 アクセサリ

攻撃力を伸ばせる装備を着用しよう

ログリードはバッファーですが、スキルの威力が高く、火力要員として活躍する事も出来ます。元々の攻撃力のステータスは高くないので、装備で火力を底上げしましょう。

ログリードの詳細情報

 
最大レベル 50
攻撃手段 魔法
ロール バッファー
相性 技芸
タイプ 帝国軍
銃士
通常攻撃の範囲 ログリード
移動手段 歩行
声優 石上裕一

アークザラッドRの関連記事

ロール別

アタッカーの画像
アタッカー
タンクの画像タンク ヒーラーの画像
ヒーラー
バッファーの画像バッファー デバッファーの画像デバッファー

タイプ別

銃士 楽団 マイペース
魔術師 百鬼隊 刀の使い手
英雄 復讐者 軽戦士
自警団 格闘家 帝国軍
ラマダ僧 槍闘士 剣士
傭兵団 炎の盾 歴史の語り部
異端者 古の七勇者 8月計画
機械型 帝都防衛隊 アークス

相性別

自然 機工 精霊
武勇 魔導 異能
魔族 技芸 不死

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ログリードの評価と覚醒スキル」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[472]
      コラボの内容が集金目的のアニメとかだったら、最悪だけどそこはしっかりしてるんじゃない?
      ともあれコラボきてから大切にしてるかしないか考えようや

    • どなたか教えてください。レイラの鏡を装備したエイギルの命中率が低下してしまうのはなぜでしょうか。

    権利表記

    トップへ戻る