【パズドラレーダー】青ソニアアーマーの評価とおすすめサブ

パズドラレーダーにおける青ソニア(青龍喚士・ソニア)の評価、おすすめサブ、おすすめスキル、ステータス、入手方法などを掲載しています。

青ソニアアーマーのステータス

青龍喚士・ソニア(★7)
青ソニアの画像
【属性】
水×1 / 闇×1

【タイプ】
ドラゴン 体力
【ステータス】
攻撃力:1609
【リーダースキル】晶龍族の血統
ドラゴン、体力タイプの攻撃力と回復力が3倍。 ドロップ操作時間を2秒延長。
【覚醒スキル】
木ダメージ軽減(レーダー) 光ダメージ軽減(レーダー) 水列消し強化(レーダー) 水列消し強化(レーダー) 闇列消し強化(レーダー) 操作時間延長(レーダー) スキルブースト(レーダー) スキルブースト(レーダー)
評価点数 入手方法
8.0 / 9.9点 レアガチャ
スキル候補
【継界召龍陣・水闇】(12ターン)
全ドロップを水と闇ドロップに変化。
【フリージンググラビティ】(8ターン)
相手は1ターンの間、ドロップ操作時間が1秒減少。3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。
【冷延・アクアクリスタル】(9ターン)
2ターンの間、受けるダメージを50%軽減。水ドロップを強化。
【ゴッドブリザードブレス】(11ターン)
3ターンの間、水属性の攻撃力が1.5倍。相手は3ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。
【蒼聖の鎖】(8ターン)
火ドロップを水に、光ドロップを回復に変化。回復ドロップを強化。

※スキルは5種類からランダム1つです

青ソニアアーマーの評価

耐久はできるが火力がない

青ソニアアーマーは回復力3倍になるので、高い耐久力を活かした持久戦が可能です。その代わりに攻撃倍率は3倍しかないので、相手のHPや回復力が高いと押し切ることができず、ジリ貧になってしまいます。

強力な2色陣と相性が悪いのが難点

青ソニアアーマーの回復力3倍を活かそうとすると、回復ドロップを消してしまう2色陣との相性は決して良いとは言えません。にも関わらず3色陣だと火力が足らず…と、チグハグな状態になりやすいのが難点です。

スキルは「蒼聖の鎖」が当たり

青ソニアアーマーのスキルは、「蒼聖の鎖」が一番の当たりです。回復ドロップを生成+ドロップ強化で安定した耐久力を確保できます。

「継界召龍陣・水闇」も強力ですが、回復ドロップを作れる点においては一歩劣ります。

青ソニアアーマーのおすすめサブ

回復ドロップを作るキャラを中心に

青ソニアの回復力3倍を活かせるよう、サブには回復ドロップを生成するキャラ編成するのがおすすめです。闇属性中心で編成することもできますが、水属性の体力とドラゴンタイプには優秀なキャラが多いので、水属性で寄せるのが理想的です。

また、2色陣は回復倍率を活かしにくいので相性は悪いですが、単純にダメージを出したいときには3色陣よりも有用です。1体くらいは編成しておくといいでしょう。

おすすめサブの具体例

聖船神・ノア=ドラゴンの評価ノアドラ 凍翼の双龍帝・ベイツールの評価ベイツール 水古龍の評価水古龍 我道の魔神卿・アモンの評価アモン
藍海の水龍喚士・スミレの評価スミレ 絶海龍・ウェルドールの評価ウェルドール 覚醒秘神・オーディンの評価青オーディン 青龍喚士・ソニアの評価青ソニア

パズドラレーダーの関連記事

パズドラレーダー対戦の基本情報
対戦の仕様まとめ 覚醒スキルの効果一覧
宝箱の入手方法と中身 レーダーポイントの
入手方法
チャレンジチケットの
入手方法と使い道
対戦募集掲示板
パズドラレーダー対戦のお役立ち情報
最強アーマー&メダル チャレンジバトルの
攻略と出現場所
レアガチャの当たり レーダーガチャの当たり
売却してもいい
メダルとソウルアーマー
ランク上げのメリット
対戦募集掲示板 ランキングバトルの報酬
サーチフェスの当たり













モンスターメダルの一覧
火属性モンスターの一覧火属性 水属性モンスターの一覧水属性 木属性モンスターの一覧木属性 光属性モンスターの一覧光属性 闇属性モンスターの一覧闇属性

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「青ソニアアーマーの評価とおすすめサブ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る