【パズドラ】より高い攻撃力を出すドロップの消し方【初心者向け】

より高い攻撃力を出すドロップの消し方

コンボ画像

パズドラではドロップの消し方によって攻撃力は大きく変わります。

この記事ではコンボの攻撃力上昇がどれほど有効なのか、スキルや覚醒スキルなどの影響を考慮しない入門編として解説します。計算少しが多めですが、参考にしていただければ幸いです。

目次

ダメージ計算について

ダメージ計算の基本

ダブルビリットのステータス

パズドラでは、縦か横に同じ色のドロップを3つ以上つなげると、消して攻撃を与えることができます。モンスターのステータスは「HP」「攻撃」「回復」からなります。このうち、攻撃力に影響するのは「攻撃」の項目です。

今回は、数値のキリがいい「ダブルビリット」を例にとって解説します。

パズドラでは、
「攻撃」の数値は、「自分の属性のドロップを3個だけつなげて消した時の攻撃力」です。これがすべての基本なので、必ず覚えておきましょう。

画像

これで、「500」の火属性攻撃となるわけです。

ちなみに、パズドラの全モンスターは「火・水・木・光・闇」いずれかの属性であり、それぞれに対応するドロップを消した場合のみ攻撃することができます。

3個より多くつなげて消すとどうなるの?

画像
それでは、4個、5個、それ以上つなげた時はどうなるのでしょうか。
3個より多くのドロップを揃えて消した場合、以下のように倍率がかかります。

4個消し・・・攻撃力×1.25
5個消し・・・攻撃力×1.5
6個消し・・・攻撃力×1.75
(以下1個増えるたびに、0.25倍ずつ増加)

先ほどのダブルビリットで「火ドロップを4個」消した場合、
「500×1.25=625」の火属性攻撃となるわけです。

コンボによるダメージってどれくらい増えるの?

画像

より大きな攻撃を出す方法として、「コンボ」というものがあります。「コンボ」とは、1度のパズルで複数の固まりを消すことを言います。

上のパズルでは、光ドロップと火ドロップがそれぞれ3つ並びました。2つの固まりが消えるので、これの場合は「2コンボ」と言います。

コンボを重ねた場合の倍率は以下の通りです。

2コンボ・・・攻撃力×1.25
3コンボ・・・攻撃力×1.5
4コンボ・・・攻撃力×1.75
(1コンボ毎に0.25倍ずつ増加)

ダブルビリットで上のコンボをした場合、「500×1.25=625」の火属性攻撃となります。

同時消しとコンボが複合したらどうなる?

画像

上の場合、ダブルビリットの攻撃力の計算式は以下のようになります。

500(基本の攻撃力)×1.25(赤4個消しの倍率)×1.25(2コンボの倍率)=781.25

ということで、「火属性の781.25」の攻撃となります。

繋げて消すかとコンボのどちらを意識したほうがいい?

それでは、「赤ドロップを6個消す場合どのように消すのが強いのか」考えてみましょう。先程と同様、ダブルビリットの場合で考えてみましょう。

コンボ重視

画像
500(ダブルビリットの攻撃力)×1.25(2コンボの攻撃力)=625

それを2回消しているので、

625×2=1250 となります。

つなげて消す

500(ダブルビリットの攻撃力)×1.75(6個消しの倍率)=875となります。

攻撃力はひとつの固まりごとに計算されるため、コンボを重視したほうが、攻撃力は高くなります

6個消し・・・875
3個消し×2・・・1250

覚醒スキルを考慮しない場合です.

まとめ

コンボこそパズドラの醍醐味!

なお、今回の例はあくまで基本であり、属性の相性やリーダースキル、スキル、覚醒スキルの状況により攻撃力は変わってきます。それだけはご留意ください。

いかがでしたか?単に3個消すよりも、たくさんつなげたりコンボを作ったりすることで、攻撃力は大きく上昇します。特に、コンボをいかに作るかがパズドラでは重要になってきます。

パズドラ 関連記事

ダメージ計算 関連

コメント

1 名無しさん2年以上前

「同時消しとコンボが複合したらどうなる?」のやつ、光ハート火の3コンボだよね

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「より高い攻撃力を出すドロップの消し方【初心者向け】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る