【ナナリズムダッシュ】制服ユルネの最新評価|スキルと最大ステータス

【最新イベント・新キャラ】
バースデーリクトの最新評価
  ┗リュート
アカデミー文化祭集合ガチャは引くべき?
激闘ランキングイベントのイベント情報

ナナリズムダッシュにおける、制服ユルネ(S級)の評価記事です。ユルネ【アカデミー後夜祭】のスキルやステータスはもちろん、おすすめのスフィアや入手方法まで掲載しています。

制服ユルネの基本情報と評価

最新評価

ユルネ【アカデミー後夜祭】画像制服ユルネ 評価
【最強評価】
9.0点/10点
▶︎最強キャラランキング
【リセマラ評価】
Sランク
▶︎リセマラランキング
等級 属性 楽器 攻撃タイプ
S画像 心画像 バイオリン画像 高音

制服ユルネの強い点/弱い点

高い高音攻撃ステで安定感のある火力

制服ユルネは、全体的に高水準のステータスを持っています。HPや高音攻撃ステ、低音/高音防御ステは実装されているキャラの中でもトップクラスに高いので、相性不利以外はどの敵と戦っても平均してダメージが出しやすいでしょう。

高倍率の全体攻撃

制服ユルネのアクティブスキル【ランブルシンフォニー】は、高倍率の高音攻撃を敵全体へ行えるほか、命中させる敵に対して属性有利の場合は、さらにダメージが増加します。

敵が3体出現している状況でスキルを使用できれば、合計45000以上の攻撃力を与えられるので、属性有利に拘らなくても問題なく火力が出せるでしょう。

自己バフと防御デバフ持ち

制服ユルネは、自己バフのほかにキャラスキルで高音防御デバフも持っています。

防御デバフは12ノーツ分と効果時間も長めなので、編成では全体攻撃スキルを持つキャラや複数ラインの攻撃方向を持つ楽器を装備させると、パーティーの火力UPが狙えるでしょう。

ボス戦では全体攻撃の強みが活かしにくい

制服ユルネは、全体攻撃のアクティブスキルが強力な反面、1体に対してはアクティブ/キャラスキル共に15000程の攻撃力となってしまうので、クエストのボス戦など単体の敵に対してダメージが出しにくい場面もあるでしょう。

ただし、防御デバフに関してはしっかりと機能するので、クエストに編成する際は、単体特化のスキルを持ったアタッカーを1体同時に編成することをおすすめします。

制服ユルネのスキル

アクティブスキル(最大)

ランブルシンフォニー画像ランブルシンフォニー 【スキル効果】
スキル概要
全体の敵に高音攻撃
属性有利の場合、ダメージUP
スキル詳細
攻撃力15900の高音攻撃を行う
属性有利の場合、ダメージが25%上昇する

※完凸時(スキルLv.30)のステータスになります。

キャラスキル(最大)

皆様を盛り上げます!画像皆様を盛り上げます! 【スキル効果】
スキル概要
正面の敵に高音攻撃
正面の敵に高音防御DOWN(12ノーツまで)

スキル詳細
攻撃力の11100の高音攻撃を行う
100%の確率で高音防御力を20%減少させる

※完凸時(スキルLv.30)のステータスになります。

制服ユルネにおすすめのスフィア

おすすめスフィア候補

順位 スフィア 効果
1位 高音攻撃画像高音攻撃 【★1】高音攻撃力+40
【★2】高音攻撃力+80
【★3】高音攻撃力+160
【★4】高音攻撃力+280
2位 賢さ画像賢さ 【★1】賢さ+2
【★2】賢さ+4
【★3】賢さ+6
【★4】賢さ+8
3位 走力画像走力 【★1】走力+2
【★2】走力+4
【★3】走力+6
【★4】走力+8

制服ユルネのステータスと親密度ボーナス

無凸最大レベルステータス

HP
15078
低攻
0
高攻
6348
低防
763
高防
796
賢さ
45
走力
35

※無凸最大時(Lv.55)のステータスになります。

合計親密度ボーナス

親密度のMAX時に得られる合計ステータス
・高音攻撃+432
・賢さ+20
・走力+20

制服ユルネの入手方法

アカデミー後夜祭ガチャで入手

アカデミー後夜祭ガチャ画像

制服ユルネは「アカデミー後夜祭ガチャ」で入手できます。

▶︎アカデミー後夜祭ガチャの詳細を見る

制服ユルネのプロフィール

プロフィールと声優

ユルネ【アカデミー後夜祭】画像
声優 CV.柴崎典子
プロフィール イオの後輩で、イオに憧れているお嬢様。清廉な言葉遣いと立ち振る舞い。卓越した演奏技術で他の生徒からも一目置かれる。

関連リンク

キャラ一覧▶︎キャラ一覧に戻る
等級別キャラ一覧
S級のアイコンS級 A級A級
属性別タイプ別キャラ一覧
心 体
技 勇
智 -

キャラランキング系記事一覧

最強キャラのバナー画像▶︎最強キャラランキング リセマラのバナー画像▶︎リセマラ当たりランキング

    攻略メニュー

    ランキング

    権利表記

    トップへ戻る